144話『ククリなき命を』

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
ナビゲーションに移動 検索に移動
143話『六月の崩袈裟固め』145話『祝系図』

144話『ククリなき命を』(くくりなきいのちを)[編集]

タイトルは岡田嘉子の自伝『悔いなき命を』(1973年)より。
女優としてデビュー後の恋愛騒動やソ連亡命投獄生活など、その波乱万丈な人生は簡単にはひとくくりにできないものがある。

ちなみに「ククリ」とカタカナで書くと、一般にグルカナイフで知られるネパール・グルカ族の伝統的な刀剣を意味する。2002年8月27日、東京でこれを振り回した男に警官が首を刺され、致命傷を負いつつも犯人を射殺したと言う事件があった。

作品情報[編集]

2008年6月25日発売、週刊少年マガジン30号に掲載。

P50(単行本追加ページ)[編集]

星空を眺めながら、短冊に願い事を書いている風浦可符香

皇帝ペンギン[編集]

蚊取りブタならぬ蚊取りペンギンに。

P51[編集]

1コマ目[編集]

短冊「2・5期 クメタ」[編集]

同誌、同製作会社の「魔法先生ネギま!」でOAD(オリジナルアニメDVD)が単行本に付く限定版が発売されることになっている。このOADが2・5期と呼ばれてたりもするが、巻末の煽りからするともしかして・・・?
尚、同誌の「スクールランブル」もOAD企画が進行中であり、過去TVアニメとOVA化されているので、偶然にも2.5期である。

短冊「とばっちりをうけませんように」[編集]

時事的に、小学館を巡る一連の騒動に関する事だと思われる。

以下、この事件については項目小学館を参照。

短冊「漫画界が平和でありますように」[編集]

143話と同様に『漫画界が平和でありますように』と読めることから、編集者の原稿紛失に端を発する小学館を巡る一連の騒動を指すと思われる。

短冊「禁煙・・ます・・うに ハゴ」[編集]

ちょっとあいまいだが、「禁煙できますように 加護」ということだろうか?

2コマ目[編集]

ペン「ザ・マジック/h」[編集]

/hのhは1時間(hour)を指すことから、脚本・監督が三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」。

3コマ目[編集]

短冊「畑くんに休みがもらえますように。 永遠に…」[編集]

2008年6月現在、週刊少年サンデー誌で「ハヤテのごとく!」を連載中の漫画家で、久米田先生の元アシスタントでもある畑健二郎氏のこと。
ちなみに畑氏は連載開始から、一度も休載したことがない。「永遠に…」は久米田先生なりの皮肉まじりの労いか。

短冊「任せたい。 まゆ」[編集]

雷句誠と同じく小学館編集部と不和にある新條まゆ先生からのキラーパス。
まゆたんブログ6月9日の日記「あとのことは久米田先生に任せるとして・・・」を参照。

短冊「原稿が見つかりますように」[編集]

「金色のガッシュ!!」の作者・雷句誠が、小学館の一部の編集者に失くされたと訴訟を起こしている5枚のカラー原稿。ほか、多くの(元)小学館で連載していた漫画家の祈りも込められている?

短冊「ネタつぶしにあいませんように」[編集]

さよなら絶望放送のOPドラマのクオリティが上がり、最近は久米田先生のネタ潰しになりかかっていることからか。


時期的(今話の次週のマガジンでは単行本第十四集の作業のため休載)・他の短冊の話題から、単行本第十四集の紙ブログで書いた「今回の一件(一連のサンデー小学館騒動)は完全にネタ潰しじゃないですか」と同じだと思われる。

P52[編集]

1コマ目[編集]

短冊「私たちは、教室に魔除けのシーサーが設置される事を希望します。 二のへ一同」[編集]

沖縄では、古くからある家庭の瓦屋根の上に、陶器で出来た魔除けのシーサー(獅子)がおかれている。
なお、沖縄の女性は一定の年齢を超えると巫女(ユタ・ノロ)になるという考え方があるようで、主語霊憑依の伏線なのかもしれない。

短冊「ローズパクト奪還 ブンビー」[編集]

アニメ「Yes!プリキュア5 Go Go!」の登場人物『ブンビー』。前作ではナイトメアの一員として登場したが、今作ではエターナル陣営に参加している。「ローズパクト」は同番組に登場するキーアイテム。

短冊「ツインテールの魔法 売れますように うらら」[編集]

Yes!プリキュア5 Go Go!』のキャラである春日野うららの新曲「ツイン・テールの魔法」。
うらら役を演じる伊瀬茉莉也のブログ(7月5日付け)でこの場面を取り扱った記事を紹介した詳細⇒★>http

短冊「リーダー希望 ももち」[編集]

「ももち」は、当作品頻出のアイドルグループ「Berryz工房」の嗣永桃子(つぐなが ももこ)の愛称。
現在のリーダー(キャプテン)である清水佐紀(しみず さき)が、メンバー中では最年長の1991年11月生まれで、それに次ぐのが嗣永桃子。偶然にも、テレビ東京で深夜に放送しているレギュラー番組『ベリキュー!』の前日放映分では嗣永が清水に「副キャプテンになりたい」と言っていた。なお、Buono!(後述)では自称リーダーである(『Buono!』に関しては8コマ目も参照)。

短冊「河童が実在しますように あいりーん」[編集]

「あいりーん」は、アイドルグループ「℃-ute」の鈴木愛理(すずき あいり)の愛称。河童好きとして知られていることから。掲載日翌日放映分の『ベリキュー!』では実際に河童に扮装した。結果、まさかのネタバレに。
上記の嗣永・鈴木と夏焼雅(なつやき みやび・Berryz工房)の3人は「Buono!」としても活動中。

5コマ目[編集]

看板「HAFT」[編集]

アニメ「さよなら絶望先生」シリーズの製作会社『SHAFT(シャフト)』。

P53[編集]

1コマ目[編集]

短冊「機密情報知りタイ 娘々[編集]

短冊「なかよしで竹田さんがなかよしになれますように」[編集]

久米田先生の前担当の竹田哲也氏は少女漫画「なかよし」編集部に異動になったようである。

短冊「MGS4の読み込み(が)短くなりますように」[編集]

2008年6月12日に発売された、コナミのPS3対応ゲームソフト『メタルギア・ソリッド4・ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』のこと。
章ごとに行われるHDDへのインストールが約1~3分ほど掛かることか。
なおマップ移動などのロードは数秒で終わるものの、ロード完了後にスタートボタンを押さねば次のシーンに進まない。

追記:2012年8月にプログラムアップデートが行われ、内蔵ハードディスクへの一括インストールが可能になった。

3コマ目[編集]

七夕の飾り「ーゴ」[編集]

右読みの『ゴールデン銀座商店街』。

看板「居酒屋 タク」[編集]

『居酒屋タクシー』と読める。
2008年6月に発覚した、各省庁や関係の職員が深夜帰宅時にタクシー運転手から現金やビール、おつまみなどの提供を受けることが常習化していた問題。摘発されたのは1402名におよび、うち151人が処罰対象となった。

看板「キャッシュバック中」[編集]

上述の居酒屋タクシー問題において、ビールやつまみ以外に現金や金券の提供事例があったことから。

4コマ目[編集]

糸色望「一人しかいないのに『私たち住民は断固反対するー』とか!」[編集]

漫画家・楳図かずおの建てた住宅(通称・まことちゃんハウス)の紅白の外観が近隣の景観を損ねると主張し、吉祥寺のさほど近所でもない2人が起こした住民運動。

5コマ目[編集]

糸色望「全員に聞いたわけでもないのに 我々都民は我慢の限界 とか!」[編集]

新銀行東京への税金投入などの問題で、インタビューを受けた都民がかってに都民全体を代表して言うなど。

P54[編集]

1コマ目[編集]

短冊「我々日本国民の平和と繁栄」[編集]

短冊「俺たちオタクにも彼女が」[編集]

この漫画に登場するオタク達は、二次元の女性にしか興味がないので…

短冊「我々らきむたファンのために」[編集]

「らきむた」とは、単行本第十三集126話加筆分)に登場した、お隣の某大国が作った『らき☆すた』の粗悪コピーのこと。

短冊「ボクたちの会社がもうかりますように」[編集]

シャフトさん(とアニメを応援する久米田先生)の願いでしょうか。

短冊「私たち若者にも年金がもらえますように」[編集]

いわゆる老齢年金のこと。年金給付の財源は、現役世代及び後世代の保険料の負担によって支えられる制度となっており、現状の未納・未加入の増加を放置すると、老齢年金の制度の維持自体が危ぶまれることから。

短冊「ボクたちの町にも地下鉄が通りますように」[編集]

時事的な話題絡みとしては、2008年6月に開業した東京地下鉄副都心線(区間は埼玉県和光市の和光市駅から東京都渋谷区の渋谷駅まで)を指したものと思われる。

短冊「私達新人にもチャンスを」[編集]

組織が大きくなるとありがちなこと。某プロ野球チームとか、大手声優事務所とか。

4コマ目[編集]

女「私たちバンプファンは最近の世間に迎合する楽曲からの脱却を望みます!」[編集]

中高生を中心に人気のバンド「BUMP OF CHICKEN」のこと。
当時の最新アルバム「orbital period」は前作「ユグドラシル」の発売から3年を経たためにその間にファン層が拡大し、全体的に大衆ウケするような曲が多くなったと言われている。
ちなみに「BUMP OF CHICKEN」は、「中二病患者が読む雑誌」とネット上で揶揄されている音楽雑誌「ROCKIN' ON」で取りあげられたことがある。このことから察するに、作中のこの女性は「ROCKIN' ON」の購読者であると思われる。

6コマ目[編集]

暖簾「きぼう」[編集]

2008年6月4日(日本時間5日)から運用が開始された、国際宇宙ステーションの実験棟『きぼう』。
日本製の船体であることにちなみ、日本人の宇宙飛行士・星出彰彦が、実験機材などの内部取り付け作業を行う前の空室の実験棟の入り口に「きぼう」と染め抜かれた暖簾を飾った。(動画⇒[00~:http://jp.youtube.com/watch?v=BwWNYpxPTNE ★1])。 その後、日ごろ過酷な任務をこなす彼ら宇宙飛行士も初めての宇宙ステーション入室に興奮を抑え切れず、空中でグルグルと体を回転させるなどして無重力を楽しみ、束の間の気分転換を行った…

…その結果、ちょっとした事件が。⇒★宇宙ステーション「きぼう」にトラブル、定員オーバー状態の室内でハシャぎ過ぎて5時間空調停止?

8コマ目[編集]

看板「ルキ」[編集]

3コマ目参照

P55[編集]

1コマ目[編集]

貼紙「鄙見沢MEGU MILK」[編集]

鄙見沢⇒雛見沢=「ひぐらしのなく頃に」の1アンソロジー小説の挿絵を数枚描いたイラストレーター「毒めぐ」がファンの女子中学生を脅迫して金を貢がせ、淫行したとして逮捕された事件(2008.4.14)と、日本ミルクコミュニティ社(旧雪印など)のブランド名『メグミルク(MEGMILK)』と、タレントの『MEGUMI』をかけたもの。

「印アイスクリ−ム」[編集]

上述の日本ミルクコミュニティ社の母体である雪印社。その代表的商品『雪印アイスクリーム』。
なお現在は雪印のアイスクリーム事業を事実上引き取った『ロッテアイス』から発売されている。

2コマ目[編集]

看板「*兆」[編集]

当作品頻出の料亭、運営会社『船場吉兆』のこと。
2007年に発覚した賞味期限切れや産地偽装問題、2008年に発覚した客の食べ残しの再提供が原因となり、2008年5月に廃業を発表した。

4コマ目[編集]

糸色望「最近やたら主語のデカい人が多いこと!!」[編集]

全社員一丸となって[編集]

企業経営者が発する声明の常套句。

俺ら元からのアキバ系にしたら迷惑[編集]

近年新たな隆盛をみせつつある秋葉原
いわゆる「一般人」から見れば、五十歩百歩である。
元々の電気街住人から見ても五十歩百歩。

車好きはミニバンなんて乗らない[編集]

古くからある価値観で、実用性よりもスタイルや乗る楽しみを追求する車好きにとってはスポーツカーこそが魅力的であるという認識から。

私達視聴者をバカにしている[編集]

一例として挙げられるのは、2007年9月にNHKが発表した受信料の50円値下げ。この発表に対し、「視聴者をバカにしている」との声が寄せられたことから。

愛犬家たちからしたら許せない行為[編集]

いろいろあると思いますが、ひとつとして犬にさほど詳しくない人が他人の飼い犬を捨て犬と思って拾い、そのまま自分で飼ってしまうことでしょうか。
法的にはペットは「所有物」として扱われるため、遺失物横領罪(刑法254条 1年以下の懲役又は10万円以下の罰金もしくは科料)に問われます。

フィギュア萌え族が起こす犯罪です[編集]

「フィギュア萌え族」は奈良県で起きた女児殺害事件の際にジャーナリストの大谷昭宏氏の提唱した造語。
88年〜89年にかけて起きた東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件以降、生じるようになったくくりに影響された一種のオタクバッシングである。
後に逮捕された犯人の新聞配達員は前科を持つペドファイルではあったもののオタクやフィギュアとは無関係だったが、大谷氏からの訂正や謝罪はなし。

私たち漫画家は不当な扱いを受けている[編集]

小学館ネタ…とは限らないが、この場合は前話に引き続き恐らく小学館
騒動の引き金を引いた雷句誠氏が提訴の会見の際、こんな発言をしていた記憶が(真偽は未確認です)

小学館以外では、2007年7月にコミックボンボンの休刊が講談社から正式に発表された際、過去に同誌でSDガンダムのギャグ漫画等を連載していた佐藤元が自身のブログで編集部の作家どころか読者をも無視した独善的な編集方針に対する不満を暴露したことが話題となった。

編集部一同の総意です[編集]

漫画家に何がしかの圧力をかける際の決まり文句と推測できます。

日本はもうおしまいだ[編集]

評論家が批判の際によく用いる常套句。

東京人は冷たい[編集]

東京は田舎と比べて人付き合いを気にしなくて済む。その反面こう言われることがあるかもしれないが、群集心理の影響が強く働くため実際のところ必ずしも冷たいわけではない。

九州男児は甘いもんなんて食わんばい[編集]

そんなことはありません。

P56[編集]

4コマ目[編集]

木津千里「労働者諸君!我々は、搾取されている!!」[編集]

ロシアの革命家レフ・トロツキーが起草し、1915年の国際会議「ツィンメルワルト会議」で採択された「ツィンメルワイト宣言」か。

5コマ目[編集]

風浦可符香「歴史上の権力者の陰には必ず主語霊がいたといわれています」[編集]

上からロシアのウラジーミル・レーニン、北朝鮮の金日成、中国の毛沢東と思われる。

7コマ目[編集]

短冊「オレらニートに補助金を!」[編集]

勤労者・非勤労者を問わず、全ての国民に毎月無条件で最低限の金銭的補助を与えるという社会構想「ベーシック・インカム」か。

P57[編集]

2コマ目[編集]

看板「原作」[編集]

53話に登場した「原作通り」。同話に登場した映画監督もいる。

5コマ目[編集]

木津千里「オレら負け組は死ぬまで負け組! どーせオマエら勝ち組には、わかんねーだろーけどよ!」[編集]

2008年6月に起きた秋葉原での無差別殺傷事件で逮捕された加藤智大容疑者が、犯行前に掲示板に書き込んだコメントのひとつから。
ちなみに加藤の犯行動機は「自分を慰めてくれる優しい彼女がいつまで経ってもできないことから自暴自棄にいたったのではないか」「派遣会社をクビにされたことによる逆恨み的な犯行なのではないか」[1]などの様々な説が立てられていたが、実際の犯行理由は「ネット上の掲示板で自分をけなした者達に対し、人を殺して己の存在をアピールし、自分を馬鹿にするのをやめさせたかった」という極めて個人的で幼稚な理由であり、ネットやマスコミが唱えた説とは全く違っていた。

6コマ目[編集]

木津千里「我々サポーター一同は、チームに対し、年俸に見合う活躍のできるFWの補強を要求する!」[編集]

プロサッカーチームにおいて、チームの得点力不足が目立つ場合にサポーターから寄せられる要求の一例。
2008年の6月時点では、日本代表の高原直泰選手と高年俸で契約したJリーグの浦和レッドダイヤモンズが代表例として挙げられる。

7コマ目[編集]

木津千里「我々、公務員は、それでなくても、安い給料で、残業までしているのに!」[編集]

深刻な財政赤字改革が難航中の橋下大阪府知事に対して大阪府職員の一人が言った言葉。掲示板ではこの職員の書き込みに民間からの批難が集中した。その後のテレビ局による彼女へのインタビューで、彼女自身は全くサービス残業していないという秀逸なオチもついてしまう。

8コマ目[編集]

麻生太郎が読んでいる本「しゅごキャラ」「ボーノ!」[編集]

ローゼンメイデン』の作者であるPEACH-PITの漫画作品『しゅごキャラ!』。
テレビ東京系でアニメを放送しており、主題歌はハロプロのユニット『Buono!(ボーノ)』が担当している(メンバーは1コマ目参照)。
なお、この作品は第32回講談社漫画賞児童部門受賞を果たした。
キャスティングでは月詠イクト役にあびる父ほか端役の中村悠一、ヨル・×たま・×キャラ役にマ太郎役の沢城みゆきがそれぞれ出演している。

P58[編集]

3コマ目[編集]

看板「ミルキーウェイ 月島」貼紙「あなた☆ありマス」[編集]

アニメ『きらりん☆レボリューション』の中で結成された、主人公「月島きらり」を中心にしたユニット『MilkyWay』と、そのデビュー曲「アナタボシ」。
MilkyWayは「天の川」という意味、月島きらりの誕生日は7月7日、と七夕を扱う今回には、ぴったりの存在。

4コマ目[編集]

小節あびる「主語に限らずやたら単位が大きいものってなんか胡散臭いと思う」[編集]

世界歌謡祭(グランプリはトム・キャット)[編集]

世界歌謡祭とは、ヤマハ音楽振興会が主催し1970年から1989年まで毎年秋頃に日本武道館で開催された歌謡曲のコンテストのこと。
「世界」と銘打たれているが、招待歌手の世界的な知名度を含め、規模はさほど大きくはなかったことから。
トム・キャット」とは、第15回グランプリ受賞曲「ふられ気分でROCK'N'ROLL」を歌った「TOM★CAT」のこと。受賞後の伸び悩みは『かってに改蔵』でもネタになっていました。

国民的アイドル[編集]

国民的アイドルとは、子供から高齢者まで幅広い年齢層に認知されており、人気を長い期間維持できる若いタレントを指す。おそらく、国民と呼称するほど大多数の人間に認知、かつ人気を得ることは困難という意味。

アジアの大砲[編集]

普通に考えればプロ野球・オリックスバファローズの李承燁(イ・スンヨプ)のことだろう。
韓国の三星ライオンズに所属していた2003年に年間56本のホームランを打ち、それまでアジアのプロ野球リーグ内で最高記録だった、日本の読売ジャイアンツで1964年に王貞治が記録した年間55本を抜いたためこの名で呼ばれることになった。
もっとも、アジアで野球のプロリーグが存在するのは日本・韓国・台湾・中国(2002年発足)のみであり、東アジアのごく一部の地域に限られている。
「大砲」とは、野球においてこういうホームランを多く打てる選手のアダ名のこと。

ちなみにサッカーでは、現東京ヴェルディコーチの高木琢也が現役時代にアジアの大砲と呼ばれていたなど、幾人かには付けられている。

アジア一の声優[編集]

2008年7月19日に韓国で行われたイベント「緑川光と神谷浩史の One Shining Summerday It's [bluː]! - Jade Voice」のサイトで神谷浩史を「今アジア最高の人気声優」と紹介している。
神谷浩史がレギュラーの6月12日(木)配信のK'z station「おしゃべりやってます木曜日」で話題にされ、また神谷浩史中村悠一がゲスト出演した6月21日(土)のアニスパでパーソナリティーの鷲崎健が「アジア最高の人気声優」発言をしている。 さよなら絶望放送では、第45回でネタにされた。
声優という職業がこれほど認知、発展しているのは日本特有の傾向である。また、声優個人につくような熱心なファンが存在する地域も日本以外ではかなり限られると思われる(今回の例に上がっている韓国や台湾・中国沿海部程度?)。

世界同時革命[編集]

日本赤軍が掲げた思想で、「一国だけではなく、それぞれの国々で同時革命を起こすことで、本当の革命は実現できるとした考え方」を指す。世界と銘打たれているが、実際は極東辺りしか視野に入っていないことから。
同時と言う意味ではないが、旧ソ連の国歌の「インターナショナル」というタイトルは、世界全ての労働者が団結して地球上全てを共産化する事を意味する。レフ・トロツキーが開始したこの運動「第4インターナショナル」の流れを汲んでいると、日本赤軍は標榜していた。ちなみに旧ソ連では、レーニンやトロツキーが一般的に「世界革命論」と称される思想を主張していたが、スターリンの「一国社会主義論」に敗北し、トロツキーも追放・暗殺されてしまった。

全米が泣いた[編集]

洋画のキャッチフレーズでよく使われる。少なくとも月に一回はこのフレーズを眼にしているような…? 最近ではCMなどで余りに連発しすぎて陳腐化してしまったため、「全俺が泣いた」などのネットスラングが生まれるなどでギャグ扱いされる言葉である。

天下の小学館[編集]

漫画家 原田高夕己氏のブログ「漫画のヨタ話」の2008年06月10日付の記事『サンデー騒動』が元ネタのようです。コメントの17、18にも注目。
また2008年06月26日付の記事『まとめサイトで知った事』では、ネタにされたことに対する反応があります。

ニコニコ国際映画祭[編集]

ニコニコ動画が定期的に行っている自作動画コンクール。簡単なテーマが設定されておりそれ以外は基本的に自由。6/25現在、第5回まで行われており、審査員にひろゆきなどが居る。まあ、「あまり国際的ではない国際映画祭」というものは世界中に数多く存在する。

全国人民代表者大会[編集]

中華人民共和国において日本の国会に相当する国家機関。通称「全人代」。民主選挙によって選出された地方の各級人民代表大会の代表は各界、各地区、各民族、各階級の代表が万遍無く含まれ、全人民を代表している(ということになっている)。参考⇒★によると1999年には10億近い人口から3000人ほど選出されている。選挙の問題点(PDF)

おっぱいワールドカップ[編集]

56話に登場した誌上企画『おっぱいワールドカップ』のこと。ワールドと銘打たれているが、参加者は一部のサッカーワールドカップ出場国出身、かつ日本在住であることから。

世界のナベアツ[編集]

お笑いコンビ・ジャリズムのボケ担当兼放送作家の渡辺鐘(わたなべ あつむ)のピン芸人活動時の芸名『世界のナベアツ』。
芸名の由来は世界的なサックス演奏者渡辺貞夫氏の愛称「世界のナベサダ」であり、渡辺と同期のメッセンジャー相原が命名した。

犯罪予告、明日宇宙を爆破する(これだけ単位がデカいと書き込んでも捕まらない)[編集]

ネットの掲示板等における犯罪予告のこと。
ついでに言うと、今話掲載日はAKB48の名古屋公演が狙われたと報道された。

ブッダ以外の言う、天上天下唯我独尊[編集]

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)とは、仏教の開祖であるブッダ(お釈迦様)が説いた教えで、現代では「この世で自分より尊いものはない」と解釈されている。
ちなみに、本来の意味は「我々人間には、天上天下広しといえどもたった1つしかない聖なる使命を果たすべく、この世へ生まれてきた」である。

世界バリバリバリュー[編集]

2003年4月から2008年3月までTBS系列で放送していたトークショー兼クイズ番組『世界バリバリ★バリュー』。世界と銘打たれているが、番組中期以降は主に国内の富裕層が取材対象であったことから。
ちなみに、当作品になじみのある漫画家赤松健氏は、2007年8月8日放送分で取材を受けている。

P59[編集]

1コマ目[編集]

パソコン「Coocle」[編集]

インターネットの検索エンジン「Google(グーグル)」を捻ったもの。ネットスラング「ググる」は「グーグルで検索する」の意味で、一時期良く見かけた活用形の「ググっとけ」をひねったのが前頁7コマ目の望の「くくっとけ!」

ちなみに、「Coocle」という検索エンジンは実在するが、こちらはグルメ関連情報専門。
だが、絶望先生に出てくるCoocleを再現したサイトも登場している。
http://24th.jp/test/coocle.php
http://zapanet.info/coocle/

パソコン「Mou Tube」[編集]

テレビ東京モーニング娘。がレギュラー出演している番組『ハロモ二@』のメインコーナー名から。

3、5コマ目[編集]

検索「絶望先生→萌え漫画」[編集]

萌え漫画とは、キャラクターコンテンツとしての「萌え」を主軸に据えた漫画作品のこと。大抵はラブコメ漫画であるが、中には読者側から客観的に萌え漫画と評価される事例もある。

7コマ目[編集]

雑誌「サンヂー」[編集]

表紙に描かれているキャラクターから、『週刊少年サンデー』と思われる。

P60[編集]

1、2コマ目[編集]

検索「公務員→給料泥棒」[編集]

73話などで取り扱われたネタ。公務員の給料は税金によって賄われているが、一部にはその支給額に見合わない仕事ぶりの職員がいると考える人がいることから。

3、4コマ目[編集]

検索「レーザー・レーサー→勝てるタイツ」[編集]

北京オリンピックを前に、競泳競技において着用した選手が記録更新を連発したことで話題になっているSPEEDOの競技用水着LZR RACER(レーザー・レーサー)のこと。
完全にトップスイマー向けの水着(スイムスーツ)である。競技力のみに特化し、耐久性という面を考慮していない設計(素材)であるため破れやすい。ただし、これは競技用の水着ではどのメーカーのものでも同じである。脱ぎ着する際には絶対に爪を立ててはならない。
強い締め付けによって、身体の断面積を小さくする、高速度で泳ぐ際の皮膚の波打ちを抑えスイマーが受ける抵抗を減らす、という特徴から着用に手間がかかる。
ただし、着用に30分以上かかるということがよく言われるが、慣れれば15分程度かそれより短い時間で着用可能である。
(競技者にとっては記録を出すことが第一なので、競技の時間に直接関係のない、着用の手間が欠点かと言うと必ずしもそうではない)
強い締め付けという特徴は疲れやすいという欠点も生み、十分なトレーニングを積んでいない選手では水着の本来の性能を活かせない。また、特に基本技術のない(一定水準以上のフォームが身に付いていない)選手には効果を発揮しない。


勝てる水着というよりも、大手メーカー各社が出している競技用水着の中で、同時期の製品としては性能差がかつてないほど顕著で、着用しなければ同じ土俵に立てない状況である(中にはLZR RACERだと泳ぎづらいという選手も存在するが少数派)。


8コマ目[編集]

パソコン画面[編集]

連載第一回にカラーをくれない雑誌
外の作家がページを多く描いてきたため
急に減ページされる(連載?)
完成原稿が丸々没になること2回
ワイド版でミスにより
オチの2ページをぬかれる
漫画やりたくないと
断言する編集がいる
打ち合わせに嫁を連れてく
原稿料は10年やっても1
間違って返却された(原稿?)

9コマ目[編集]

糸色望「ですよね アレでは個人の私念です」[編集]

久米田先生の「私念(=私怨+思念)」? 「行け!!南国アイスホッケー部」や「かってに改蔵」で該当するネタもあり。
気になるのは最後の「間違って返却された(原稿?)」。前回の巻末コメントはネタではなかったのだろうか。

10コマ目[#l2ced8a1][編集]

小森霧「いろいろククったらこうなった」[編集]

日本昔話→ジャパニメーション[編集]

1975年に放送が開始された、日本各地の昔話をアニメ化したテレビ番組『まんが日本昔ばなし』のこと。
広義でのジャパニメーションとは、日本製アニメーション作品を指す。ただし、極めて厳重に言えば製作スタッフから作画陣に至るまで全ての行程を純日本人スタッフのみで作成した物の事を言う。現在ではこれに該当する作品はむしろ皆無に近い。 また、ジャパニメーションとは海外から見た呼称であるため、特に「欧米で人気を博しているアニメーション作品」を指す。
しかし、日本のアニメや声優はANIMEやSEIYUという言葉で海外でも通用するようになっているため、ジャパニメーションは死語になりつつある。
Jap-AnimationのJapは日本に対する蔑称であることから、もともと海外のアニメ愛好家の間では避けられてきたともいわれる。

東京スカイツリー→塔[編集]

東京都墨田区に建設が予定されている、「新東京タワー(仮称)」の正式名称が『東京スカイツリー』。

少年犯罪の動機→心の闇[編集]

報道番組などでよく使われる煽り表現。
個人の動機や情動をドラマチックに演出したり、異様で脅威的な社会現象に無理矢理こじつけたりする際によく使われる。
せっかくのネタだから長く引っ張りたい、社会批判や政権批判に利用したい、といったメディア側の都合が多用の理由という説もある。これにより体感治安の悪化や報道被害といった弊害も出ている[2]

福田内閣→中国共産党[編集]

福田康夫首相が、中国に媚びたような姿勢であると批判されていることから。

虎舞竜→Jポップ[編集]

日本のロックグループ『THE 虎舞竜(ザ・とらぶりゅう)』。
J-POP(ジェイポップ)という造語が普及し始めた時期にヒット曲を出したことから、一部でJ-POPの代表格という認識が定着したと思われる。

漫画家→期間工[編集]

本来の期間工とは、自動車工場や電子部品製造工場などで勤務する契約社員を指す用語。永久就職や終身雇用のない漫画家も、出版社で働く契約社員に近いという意味と思われる。
近年の商業誌界が編集主導の傾向が強まりつつあることへの皮肉でしょうか。

全てのRPG→ドラクエ[編集]

それまでゲーム機の購入だけで50万円近くかけないと遊べなかったようなウィザードリィシリーズなどの初期のRPG(この場合コマンド型)を14,800円のファミコンで手軽に遊べるようにできたのが86年発売の初代ドラゴンクエストがもつ革新的な要素の一つ。

このことと、集英社とのタイアップもあり、ドラゴンクエストはRPGとして従来では考えられないような爆発的なヒットを記録したため、現在の『国民的RPG』の地位を不動のものにしている。そのため、RPGといえば『ドラクエ』でくくれてしまう現状がある。

肩車→エコカー[編集]

エコカーとは、CO2などを排出しない低公害車のこと。本来の意味では車に含まれないが、肩「車」もCO2などを排出しないことから。

メイド喫茶→風俗[編集]

メイド喫茶の中にはキャバクラとしか思えない接客サービスを行う店もあったりする。もちろん行き過ぎると「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(いわゆる風営法)」の処罰対象になります。
詳しくは項目参照。

千里、まとい、真夜、羽美→猟奇[編集]

当作品の登場人物『木津千里』『常月まとい』『三珠真夜』、および「かってに改蔵」の登場人物『名取羽美』。常軌を逸した恋愛感情表現を行う点が共通している。

ギターを使った音楽→テケテケ[編集]

「テケテケ」はエレキギターの演奏技術の一つで、奏でられる音が由来とされているトレモロ・グリッサンド奏法の俗称。

P61[編集]

1コマ目[編集]

CDジャケット「OVE FUT」[編集]

132話に登場した糸色チルが写っていることから、アニメ「絶対可憐チルドレン」のオープニングテーマ『Over the Future』(歌:可憐Girl's) 。

4コマ目[編集]

パソコンのマーク[編集]

パソコン関連の多国籍企業アップル社のロゴ(リンゴ)を、齧られた桃のデザインに変更したもの。

5コマ目[編集]

パソコン「クークルアース」[編集]

検索エンジン「Google」が提供している無料ソフト『Google Earth(グーグルアース)』を捻ったもの。

6コマ目[編集]

小森霧「日本もお隣の国も中国の一部にくくられている」[編集]

東アジアの地理に詳しくない欧米等の人にとって、巨大かつ知名度の高い中国の周囲はまとめてチャイナ扱い。海外製の映画やドラマでも、間違った日本の描写がされて、中国文化と混同されているパターンがしばしば見られる。
「お隣の国」とは韓国のことか。領土問題や歴史問題で火花を散らす両国が、ともに中国の一部として扱われることを皮肉っているのかもしれない。
まあ、かく言う日本人も、イギリス(UK)とイングランドの違いが曖昧な人も多く、アフリカや南アメリカの国々を正確に把握出来ている人は更に少数派と思われるが。

9コマ目[編集]

検索「プレステ3→ピコピコ」[編集]

ファミコンの時代(スペースインベーダー?)からゲームのことは「ピコピコ」と言われる。
だが、実際はもう1ランク上がって全ての家庭用ゲーム機を「ファミコン」とくくる人が多いことかと。

10コマ目[編集]

検索「i Pod→ウォークマン」[編集]

ソニー製ポータブルオーディオプレーヤーの総称『ウォークマン(WALKMAN)』。
1979年に大ヒットした最初の携帯型ステレオカセットプレーヤーの商品名でもあり、多くの中高年には携帯型プレイヤーは「ウォークマン」と刷り込みされていることから。
ちなみにウォークマンは商標登録されているため、メーカーとしてはソニー以外が勝手に使うことはできません。

P62[編集]

1コマ目[編集]

電光掲示板「サンキ キボウ!」[編集]

素直な見方では、アニメ「さよなら絶望先生」の3期を希望していると読める。久米田先生の新たなモチベーション。
穿った見方では、読者から希望や要望の声が上がらないとアニメ3期は実現しないという、一種のSOSとも読める。

プログラムデータ「SZBH」[編集]

さよなら絶望放送のコールサイン「SZBH」。
CDやDVD-ROM、メモリーチップ等よりもはるか以前、フロッピーディスク等の磁気式の記録媒体が発明される以前のコンピューターの記録媒体は画中のようなパンチシート(紙に開けられた小さな穴の配列で記録する)が用いられていました。

6~7コマ目[編集]

[[大草麻菜実「まーたまんがばっか観て!」<br /]]「マンガじゃないよアニメだよお」
糸色望「お母さんてどんなアニメもまんがでくくりますよね」
[編集]

昭和時代はアニメとは言わず「テレビまんが」と呼んでいた。
1990年辺りから映画「東映まんがまつり」が「東映アニメフェア」に変わっていることからも時代の変化が伺える。

藤吉晴美が見ているテレビ番組[編集]

Yes!プリキュア5 Go Go!』のエンディング「手と手つないでハートもリンク!」(歌:宮本佳那子)のアニメーション(1:08あたりに注目)。

大草麻菜実制服[編集]

新世紀エヴァンゲリオン』より、碇シンジらがEVAに搭乗する際着用する「プラグスーツ」と呼ばれるスーツによく似ている。微妙に皇帝ペンギンもモチーフになっている?

8コマ目[編集]

常月まとい「そーいえばコンピューターおばあちゃんて歌あったなあ」[編集]

1981年12月に「みんなのうた」で流れたもの(坂本龍一:編曲・ドラム・歌:酒井司優子)が有名。
偶然の一致だが、チェコの人形アニメの名匠イジー・トルンカが製作した『電子頭脳おばあちゃん』は未来世界で女の子がおばあちゃんの家に遊びに行くと、おばあちゃんはその人格を移植された機械式全自動安楽椅子だった……というSFだった。

貼紙「告知 久米田選手 次週累積警告で出場停止!」[編集]

サッカーにおいて、試合中にイエローカードを貰うと警告として記録され、規定枚溜まると次節出場停止の処分が下る。ちなみにJリーグにおいては4枚溜まると出場停止。
時期的に見て、話数が溜まってきたので単行本作業の為お休み、と見るべきか。

柱のアオリ[編集]

またお母さんに怒られそうだけど、再来週、重大発表アリ![編集]

お母さん属性の大草麻菜実がアニメを見ている藤吉晴美に対して、「また まんがばかり見て」と怒ってるコマのあるページに煽り文があることから察すれば、アニメ3期、OAD化・・・など候補はあるが、絶望的なことにマガジンでは最終回のお知らせも「重大発表」と言ったりする。


P63(単行本追加ページ)[編集]

木津千里「敵か、味方かの二択。」[編集]

これについて何を言っても出版コードに触れそうなのでwikipediaに他力本願します。→境界性人格障害 - Wikipedia モザイクになっている部分は「小節」か。

義務[#dc569118][編集]

今話の常月まとい[編集]

P55の1コマ目[編集]

P62の8コマ目[編集]

今話のパンチラ[編集]

P52の6コマ目[編集]

今話の皇帝ペンギン[編集]

P51の風浦可符香の全身絵[#g0e2ef39][編集]

可符香の持つ団扇の模様

今話の櫻井よしこ女史[編集]

P61の4コマ目[編集]

今話の天下り様[編集]

今話のコウノトリと赤ちゃん[編集]

P58の8コマ目[編集]

今話の棒犬[編集]

P56の7コマ目[編集]

今話の黒い涙[編集]

P57の2コマ目[編集]

53話に登場した監督の帽子のマークになっている。

今話の麻生太郎氏[編集]

P57の8コマ目[編集]

今話の安倍晋三氏[編集]

今話のAAA[編集]

P54の7コマ目[編集]

短冊でバラバラに飾られている。

今話のきよ彦[編集]

P55の6コマ目[編集]

窓の影になって登場。

今話の神シール[編集]

P58の3コマ目[編集]

『主語神』。

今話の闇の目[編集]

今話の娘々[編集]

P53の3コマ目[編集]

今話の面白シール[編集]

P54の3コマ目[編集]

P57の8コマ目[編集]

短冊になっている。

今話の漫画界が平和でありますように[編集]

P51の1コマ目[編集]

こちらも短冊に。

かゆいところ[編集]


144話『ククリなき命を』~

143話『六月の崩袈裟固め』145話『祝系図』


コメント欄[編集]

掲示板もあります。 絶望先生掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。

  • 再来週の重大発表ってなんでしょうかねと言いつつ3期じゃねと思っている僕 -- 絶好 &new{2008-06-25 (水) 17:46:59};
  • 出場停止と巻末のSOS(改蔵の時も何度も読者に発信したのにあえなく…)が気になる。まさか再来週いきなり最終回なんて悪夢は無いですよね? -- &new{2008-06-25 (水) 18:05:45};
  • ネギ・スクランに続くOAD化ですか?とポジティブに考えよう。 -- &new{2008-06-25 (水) 18:13:59};
  • クークルアースネタで。どっかの大陸の国は、「漢」に属した国すべてが旧領地であり、わが国にひとくくりに戻すべしとか言ってたっけ。もちろん台湾も日本も含みます。 -- &new{2008-06-25 (水) 18:14:35};
  • 巻末のSOSは秋葉原事件以降のネットでの犯行予告のこと「も」さしているのかも。 -- 73 &new{2008-06-25 (水) 18:16:15};
  • そういえば日本はボクシングも世界タイトル勝手に名乗ってひとくくりしているとアメリカから非難されていたっけ。 -- &new{2008-06-25 (水) 18:18:00};
  • ↑×6出場停止はただの次週休載のお知らせで深い意味は無い・・・と信じましょうよ・・・ -- &new{2008-06-25 (水) 18:59:42};
  • なんとハロプロ(っていうかワンダフルハーツ)のユニット関連がほとんどすべて登場。出てないのは失敗したHigh-Kingくらい。 -- &new{2008-06-25 (水) 19:41:57};
  • 「またお母さんに怒られそうだけど」とP62の6コマ目を合わせて考えると何らかの形でのアニメの告知だと推測される……と思いたい。 -- &new{2008-06-25 (水) 19:59:04};
  • ここは素直に3期またはOAD化決定だと考えたい。 -- &new{2008-06-25 (水) 20:21:30};
  • まさか最終回だとしたらコミックスにする時五話分足りないと思うんだが・・・ -- &new{2008-06-25 (水) 20:45:14};
  • 巻末目次ページの左下に先週号で使われた(衣装を着た)可符香がいます。 -- &new{2008-06-25 (水) 20:48:57};
  • パソコン画面は連載第一回がカラーじゃない位しか読み取れない… -- &new{2008-06-26 (木) 17:51:58};
  • ワンチャイナ、ワンチャイナ!(元属国は中国にひとくくり) -- &new{2008-06-26 (木) 19:45:34};
  • わかります。皆まとめて中華連邦ということですね。但しエリアイレブンの日本は違う。スイマセン、スイマセンR2ネタでスイマセン。 -- 73 &new{2008-06-26 (木) 20:41:03};
  • P621コマめのマザーコンピューター「Mother COM」…「マザコン」と読めますね。 -- &new{2008-06-27 (金) 03:49:45};
  • もしや、大草さんの白?プラグスーツは「お母さんって感じがする(雑巾絞り)」に掛けたのか? -- &new{2008-06-27 (金) 17:03:36};
  • 絶望先生の持つ「お母さんのイメージ」はかなり庶民的ですね。 -- &new{2008-06-27 (金) 19:38:11};
  • 講談社文庫の表紙を久米田先生が!? -- &new{2008-06-28 (土) 00:56:32};
  • そもそもお母さんって感じの元ネタは、さよなら絶望放送番外編3「リリキュラジオ」で『大草麻菜実17才です』のコーナーのアニメ関連を「アニメイト」でくくるお母さんに対して、新谷良子が「お母さんて不思議ですもんねぇ」とコメントしたあたりから? -- &new{2008-06-28 (土) 02:15:45};
  • 担当が変わって即連載終了という絶望的なことはなさそうだけど、作者はSOS信号発してますね。。 -- &new{2008-06-28 (土) 23:58:34};
  • 「編集部一同の総意です」は、サンデー編集部と思われ(雷句先生関連) -- &new{2008-06-29 (日) 00:05:53};
  • ククリ…魔法陣グルグルを思い出したw 2.5期って書かれてたんできっとOVA、売れれば3期か!? -- &new{2008-06-29 (日) 00:59:20};
  • マガジンだいたい毎週読んでるしコミックスも買ってるが、連載終了のSOSってあったかな?改蔵のときは兆しはあったが -- &new{2008-06-29 (日) 01:28:26};
  • 「萌えという罪に釣られてきた者たちに、絶望という罰を与える漫画」ですよね? -- &new{2008-06-29 (日) 03:18:21};
  • 絶望放送での言葉の節々から、3期かOADの匂いがする・・・ -- &new{2008-06-29 (日) 11:12:37};
  • 主語霊に取り付かれてますよ?>我々 -- &new{2008-06-29 (日) 22:16:49};
  • 我々読者一同は、引き続きマガジンでの絶望先生の連載を希望する! -- &new{2008-06-30 (月) 00:06:55};
  • 打ち切り前提なコメントで溢れていることに絶望した! -- &new{2008-06-30 (月) 00:23:46};
  • 絶望先生の絵ってキュビスムっぽいですよね。「超現実的な萌え」というか。他の萌え漫画と一線を画している理由はそこにあるかと思われます。 -- &new{2008-06-30 (月) 06:08:10};
  • 絶望放送で最後の宣伝のときにOAD発売らしき発言がありましたよ。打ち切りではないと信じたいです。 -- &new{2008-06-30 (月) 22:15:03};
  • UT=ユニクロのコラボTに参加とか?もし発売されたら買う。マジ買いします。 -- &new{2008-06-30 (月) 22:24:53};
  • 打ち切りだと、むしろお母さんに歓迎されるはずなので、無いでしょうね(笑)。それよりみなみけの「重大発表」の方が気になります。何週も引っ張りすぎ!ていうか、絶望先生の妨害になるようなお知らせだったらどうしましょう。きっちりちゃんより、バカ野郎な次女を優先させてしまったら…。 -- &new{2008-07-01 (火) 13:58:52};
  • ↑ 絶望放送のネタがひとつツブレずに残る事に期待しましょう。また「おとなり」の悪口を言えるようになる(笑) -- &new{2008-07-02 (水) 00:29:03};
  • 太宰治の最後の小説である「グッドバイ」が13話で終わってるということは、絶望先生も十三集で終りということでしょうか。........ないですね。 -- &new{2008-07-03 (木) 08:18:10};
  • ↑てかもう十四集発売決定してるしww -- &new{2008-07-03 (木) 12:03:18};
  • 藤吉が見てるのゲッターロボOPだと思ってた。。。 -- &new{2008-07-06 (日) 00:00:23};
  • ↑設定資料集みたいなのは、10月くらいにでるらしいが -- &new{2008-07-06 (日) 01:45:31};
  • P62 Mother COM の最初のMの右側がデザインされているのは何から来ているのでしょうか? -- &new{2008-07-06 (日) 13:48:41};
  • 重大発表予想…(1)待望の3期 (2)打ち切り (3)サンデー×マガジン増刊久米田康治スペシャル決定 -- &new{2008-07-07 (月) 00:51:38};
  • 15、16集にOVD付きの限定版がでるらしいですよ。 -- め~介 &new{2008-07-07 (月) 21:37:08};
  • 重大発表はやっぱり十四集の花係の森の件ですかね・・・? -- &new{2008-07-07 (月) 23:52:50};
  • ネタばれ。OVA化です。…すいません、ネタを語ってすいません! -- &new{2008-07-08 (火) 02:19:41};
  • 犬のお尻の穴に棒をつっこむなんて、我々愛犬家からすれば許せません。 -- &new{2008-07-08 (火) 16:16:53};
  • http://zetsubou.kc.kodansha.co.jp/ -- &new{2008-07-09 (水) 00:44:24};
  • >またお母さんに怒られそうだけど、再来週、重大発表アリ!

読ませたくない漫画扱いされていないことを祈るべきでは? -- もるどふ &new{2008-10-21 (火) 17:17:18};

  • >「わっ 出てきちゃダメ」

大草さんがマザーコンピューターの中の人ということでは? -- もるどふ &new{2008-10-22 (水) 17:19:34};

  • 「出てきちゃダメ」の解釈と「読ませたくない漫画扱い」の件、修正しました -- &new{2008-10-25 (土) 14:09:39};
  • マザーコンピュータの電光掲示板はゲーム「Mother2」に出てくる「ルミネホール」が元ネタでしょうか? -- &new{2008-11-22 (土) 14:35:26};
  • 追加ページの敵は木村カエレの木村かと思いました -- &new{2009-01-09 (金) 14:10:41};
  • 説明に(笑)とかwとか入れるの止めて欲しいな -- &new{2009-08-16 (日) 13:38:00};
  1. comment
  1. 後に加藤が働いていたとされる派遣会社を警察が調査したところ、加藤の元上司は「加藤をクビにした覚えはない」と証言している。
  2. 戦後の少年犯罪の発生・検挙件数は昭和20〜30年代がピークで、平成以降は当時の1/4程度に減少している。