Tag: ゲーム ストリートファイター

ストリートファイター

カプコンが発売する対戦型格闘ゲーム。

1987年に『ストリートファイター』がアーケードゲームとして稼働した。 アメリカで対人戦が盛り上がり、それを受けて1991年に『ストリートファイターII』シリーズが始まる。 ゲームセンターで長い行列ができるほどの人気を誇り、格ゲーブームの火付け役となった。

1994年に映画化されたが、やはりゲーム原作のアニメや映画は成功した例は極めて少なく、主題歌として使われた篠原涼子の「愛しさと切なさと心強さと」だけは同年のヒット曲となっていた。
ハリウッドで実写映画化もされたが、こちらは何故かガイルやキャミィが主役扱いで、本来の主役であるリュウやケンがせこい詐欺師に成り下がっていたり、ザンギエフ役の俳優がハマリ過ぎだったりと違う意味で話題となった。しかも後にゲーム化(アーケードの『ストリートファイター ザ・ムービー』およびプレイステーション・セガサターンの『ストリートファイター リアルバトル オン フィルム』)されるというポロロッカ現象を起こしたが、実写キャラクターがカクカクと動くそのシュールな映像から、究極のバカゲーとして黒歴史扱いとなっている*1。なお、2008年には春麗を主人公にした実写映画も公開されている。

その後、外伝的続編の『ストリートファイターZERO』シリーズが1995年に、正当な続編である『ストリートファイターIII』シリーズが1997年に製作された。

2008年には約10年ぶりに続編の『ストリートファイターIV』が稼働している。
2012年にはバンダイナムコゲームスとのコラボレーションタイトル『ストリートファイター クロス 鉄拳』が家庭用ゲーム機で発売された。

2014年12月に最新作『ストリートファイターV』の開発が発表された。2016年2月に発売。

各シリーズにおける久米田作品出演声優の出演は以下の通り。

絶望声優
改蔵声優
じょしらく声優

久米田康治との関連

『STREET FIGHTER 15周年最強読本』に久米田康治先生がイラストを寄稿している。


*1 ただし『ザ・ムービー』はともかく『リアルバトル オン フィルム』のゲーム自体は『スーパーストリートファイターII X』をベースとして作られており、ゲーム性を評価する人も多い。1996年当時は『スパII X』がプレイステーションやセガサターンで発売されていなかったこともあり、その代用に買う人も多かった。また映画オリジナルキャラクターである“キャプテン・サワダ”は、そのキャラクター性から一部好事家の人気が異様に高い。
*2 PlayStation Vita版で追加されることが発表されたキャラクター。PS3/Xbox360版ではダウンロードコンテンツとして、Vita版発売と同時に配信されることが発表された。しかし、Xbox360版のソフトが解析され、ディスク内に追加キャラのデータが存在することが判明、さらにそのキャラを違法な手段で使用するプレイヤーが続出したため、PS3/Xbox360版はVita版の発売前に先行配信されることになった。
*3 彼女と後述のクリスティ・モンテイロは鉄拳シリーズのキャラクター。
*4 PS3/Xbox360では追加キャラクター。
*5 発売当初はストーリーモードにのみ登場するキャラだったが、2019年11月18日にプレイアブルキャラクターとして実装された。
*6 ジュリはバンダイナムコゲームス、セガ、カプコンの3社キャラクターが出演するコラボRPG『プロジェクトクロスゾーン』にもストリートファイターシリーズからの参戦キャラとして登場する。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-06 (土) 18:13:03