Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

スマイルプリキュア!

朝日放送(ABC)をキーステーションに、テレビ朝日系列で放送されている2012年の「プリキュアシリーズ」第9作。
制作は東映アニメーション。放送時期は2012年2月5日から2013年1月27日まで(全48話)。

編集

作品概要

プリキュアシリーズ第9作で、キャラクターとしては7代目のプリキュアになる。5人のプリキュアが登場するのは2007年放送のシリーズ第4弾『Yes!プリキュア5』以来となる。
作品テーマは「笑顔」であり、“友情”“あきらめない心”というプリキュアシリーズの基本テーマを元に、“幸せ”“明るい未来”といったコンセプトが追加されており、「いつもスマイルでいればハッピーな未来が待っている!」を合言葉に制作されている。
作品については、「2011年は世界で、特に日本で悲しくつらい出来事が起こりました。この悲しくつらい出来事から未来に進んでいくためには、“みんなで力を合わせて”“みんなで汗をかいて”“決して笑顔を忘れずに”“絶対にあきらめない気持ち”が必要です。ですから『スマイルプリキュア!』なのです!」(東映アニメーション・梅澤淳稔プロデューサー)、「シリーズ第9作のプリキュアのテーマはタイトル通り『スマイル』です! 5人の女の子たちが、友情、感動、家族、信頼など、日々の生活にとって大事なことを学び、全力で“明るい未来”へ突き進みます! 『いつもスマイルでいればハッピーな未来が待っている』を合言葉に、『スマイルプリキュア!』を見てくださる全ての人々が毎日笑顔でいられますように!」(朝日放送・松下洋幸プロデューサーは)と制作サイドから説明されており、東日本大震災からの復興を意識した作品となっている。

編集

ストーリー

物語は、女王ロイヤルクイーンが治める「メルヘンランド」と呼ばれる平和な国で大事件が起きることから始まる。国の支配をもくろむ悪の皇帝・ピエーロが、メルヘンランドに潜む悪役たちをそそのかし、おとぎ話の悪役ばかりが集まった国「バッドエンド王国」を建国してしまう。さらに、世界のバランスを保っているメルヘンランドの宝物を奪い、全世界を“バッドエンド”に変えようとしていた。女王ロイヤルクイーンは激闘の末、ピエーロを封印することに成功するが、自らも力の源である“キュアデコル”を奪われてしまう。残されたピエーロの部下たちは、絶望した人々からのネガティブな感情である”バッドエナジー”を集め、その力で皇帝ピエーロを復活させるべく地球へと向かう。一方メルヘンランドでは妖精・キャンディが、封印される直前のロイヤルクイーンからキュアデコルの奪還のために地球へ行って、伝説の戦士・プリキュアを探すことを命じられた。キャンディは世界の平和のために5人のプリキュアを探しに行くことになる。

七色ヶ丘中学に通う主人公・星空みゆきは、キャンディのエスコートによって伝説の戦士・プリキュアに変身し、“聖なる光の力”を持つキュアハッピーとなった。みゆきは、“炎の力”を持つ「キュアサニー」に変身する関西出身の日野あかね、“雷の力”を持つ「キュアピース」に変身するマンガやアニメ好きの黄瀬やよい、“風の力”を持つ「キュアマーチ」に変身する女子サッカー部所属の緑川なお、“水と氷の力”を持つ「キュアビューティ」に変身する生徒会副会長の青木れいかの5人で「スマイルプリキュア」を結成、プリキュアたちは、地球や世界をバッドエンドにしようとたくらむピエーロの部下から人々を守り、またピエーロによって封印されたロイヤルクイーンを復活させることを使命として戦うこととなった。

編集

反響

川村敏江デザインによるかわいらしいキャラクターが好評であり、作品中でプリキュア達が使用する変身アイテム「スマイルパクト」は、発売から3か月の販売数が20万個を突破。2012年のAmazonおもちゃ部門売上ランキング1位となるなど、最終的には30万個を売り上げる大ヒット玩具となった。さらには、化粧品会社コーセーとコラボした大人向け本格化粧品「シャイニーフェイスパウダー」が数量限定で販売されるまでに至った。これは、女の子が好きなお化粧をテーマに商品ギミックにも工夫をこらしたことがヒットにつながったと分析されている(⇒)。しかしながら作品全体の売り上げは、下半期にはスマイルパクトほどのヒット玩具を投入できなかったことなどが災いして、当初計画の売上高*1は未達成となってしまった。

また、これまでよりも萌えキャラを意識した現代風キャラデザのためか、放送開始前から本来の視聴者層である幼女のみならずオタクたちの注目をも集めていた。その事前予想に違わず、2012年2月5日の第1話放送直後から、5人のヒロインのひとりで後にキュアピースとなる黄瀬やよいの言動が「あざとい」とされて大きなお友達の琴線に触れてしまったらしく、国内だけにはとどまらず海外のオタクにも大人気となった。
キュアピースが変身するシーンに繰り出すジャンケンの手が毎回ランダムに変わることから、同じく日曜アニメの『サザエさん』の次回予告でのサザエのジャンケンと対決させるネタが「キュアピースVSサザエさん」「日曜ジャンケン戦争」等の呼び名でネットを中心に盛り上がりを見せ*2、さらには作品スポンサーを務めるフルタ製菓までもが番組内コマーシャルにてじゃんけん勝負を挑むなど、その話題性がオタクの内輪ネタに留まらない広がりを見せたことも象徴的であった。
一方で、この手の作品では注目されることの少ない悪役に関しても、悪の三幹部(ウルフルン、アカオーニ、マジョリーナ)がみせた漫才さながらの会話やどこか憎めない性格からか、思わぬ形で人気が出てしまった。なかでも狼キャラであるウルフルンは、その秀逸なキャラデザインも相まっていわゆる腐女子からも非常に人気が高く、敵キャラであるにもかかわらず公式にグッズ化され*3、ネットでの予約販売が数時間で完売するという圧倒的な人気ぶりを見せつけている。

こうした盛り上がりを見せる反面で、作品を取り巻く環境変化により過去作にはなかった問題点も指摘されている。パソコンによる画像編集技術の進歩とウェブ上の画像検索システムの発展により、これまでも一部の好事家が細々と作成してきたであろういかがわしい改変画像が多数検索されるようになってきてしまった。とりわけ、テレビ放送された映像の静止画を描き変えたりコラージュした改変画像がウェブ上に出回るようになってきたことについて、大塚隆史監督自らがTwitterにて苦言を呈する事態となった(⇒,)。プリキュアという作品の影響力の大きさを改めて認識させる出来事であった。

2013年6月には、作品終了後にもかかわらず橋下徹大阪市長のツイッターに突然「スマイルプリキュア」と投稿されたことで、なぜか本作品が時事問題的な話題となってしまった。なおこの投稿について橋下市長は「小学校1年生のやんちゃ娘が勝手に打ちました」と釈明している。これに対して2ちゃんねるなどのネット上では、かつて漫画好きで知られる麻生太郎副総理財務大臣が「ローゼン麻生」「ローゼン閣下」*4というニックネームがつけられたことに倣って、橋下市長を「プリキュア橋下」「スマプリ総統」などと揶揄するなどの影響があった。

編集

スタッフ・キャスト

編集

スタッフ

  • 原作:東堂いづみ
  • 企画:西出将之、三宅将典、清水慎治
  • シリーズディレクター:大塚隆史
  • シリーズ構成:米村正二
  • キャラクターデザイン:川村敏江
  • 美術デザイン:増田竜太郎
  • 色彩設計:佐久間ヨシ子
  • 音楽:高梨康治
  • 編集:麻生芳弘
  • 製作担当:額賀康彦
  • プロデューサー:松下洋幸、佐々木礼子、梅澤淳稔、長谷川昌也
  • 制作協力:東映
  • 制作:ABC、ADK、東映アニメーション
編集

メインキャスト

キャラクターキャスト
星空みゆき/
キュアハッピー
福圓美里
日野あかね/
キュアサニー
田野アサミ
黄瀬やよい/
キュアピース
金元寿子
緑川なお/
キュアマーチ
井上麻里奈
青木れいか/
キュアビューティ
西村ちなみ
キャンディ大谷育江
ロイヤルクイーン島本須美
ポップ阪口大助
ウルフルン志村知幸
アカオーニ岩崎ひろし
マジョリーナ冨永みーな
アカンベェ佐々木啓夫


本作品における久米田作品声優の出演は以下のとおり。

絶望じょしらく
  • 乃村健次(絶望:ペリー役、じょしらく:ウサ様役)が一寸法師の鬼役(劇場版のみ登場)
絶望声優
改蔵声優
  • 樋口智透(吐鬼女鬼メンバー役)が生徒会長役、井上せいじ役
じょしらく声優
  • 金元寿子(まーちゃん役)が黄瀬やよい/キュアピース役
編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生 作品中にて

本作の盛り上がりを受けて297話301話に登場したが、いずれも伏字で「プリキュ●」、あるいは「プリキュワ」と描かれていた。なお、描かれたキャラクターはいずれの回もキュアピース(黄瀬やよい)であった。

編集

さよなら絶望先生 絶望声優関連

木津千里役の井上麻里奈は3回目のオーディション挑戦で念願だったプリキュア役に選ばれた。本作においても俗・第07話アニメ化されたパロディ作品『絶望先生』(リリキュア)でもキッチリ役を演じており、2012年に『スマイルプリキュア!』の出演情報が解禁された際に、

絶望先生のリリキュアが懐かしい(笑)

Twitterでつぶやいている。(⇒

編集

アニメ「じょしらく」作品内にて

アニメ第四席にて、ヒロインの星空みゆきに扮したコスプレイヤーが登場*5している。


*1 上半期60億円、通期115億円と見込んでいたが、実際には上半期57億円、通期106億円であった。
*2 敵キャラの一人であるマジョリーナの声優が奇しくも『サザエさん』の磯野カツオと同じ冨永みーなである事から、マジョリーナが『サザエさん』から送り込まれたスパイというネタまで生まれて、更にジャンケン勝負を盛り上げる一因となっている。
*3 過去には「フレッシュプリキュア」のイースがグッズ化されたことがあるが、男性キャラとしては(敵味方問わず)シリーズ初である。
*4 愛読していたとされる漫画『ローゼンメイデン』にちなむ。
*5 しかし髪の毛の特徴は星空みゆきであるが、赤紫色の髪の毛が青色に変更いることから、東映側に配慮したものとなっていた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2013-06-04 (火) 23:39:30 (2114d)