Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

ゼルダの伝説

1986年2月21日に第1作目が発売され、現在まで長く続いている任天堂を代表するアクションアドベンチャー(公称)、アクションRPGシリーズ。日本の「アクションRPG」というジャンルにおいては、草分けともいえるシリーズである。

シリーズの始まりである『ゼルダの伝説』はファミリーコンピュータ ディスクシステム用ゲームソフトの第一弾として任天堂の宮本茂や手塚卓志らが中心となり創作、2Dゼルダの基礎構築と世界観を生み出した。その後の『ゼルダの伝説 時のオカリナ』から始まる3Dゼルダでは、小泉歓晃や青沼英二が開発を担当、宮本の統括による体制が取られている。

本シリーズは細部に渡る演出や細かな調整、凝った謎解きなどに焦点を置いている。

宮本は「マリオシリーズと本質は同一のもの」と度々語っており、アクション要素が強いのがマリオシリーズで、反対に謎解き要素が強いのがゼルダシリーズと、どちらに重きを置いているかで両シリーズのカラーが打ち出されている。本シリーズは『ファミ通』のクロスレビューにて、スーパーファミコン用ソフトで当時最高の39点、NINTENDO64用ソフトで史上初の40点満点を記録し、ニンテンドーゲームキューブ用ソフトも含めて、満点を2回記録している。

同シリーズの『トワイライトプリンセス』Wii版では先行発売された北米で発売から8日間で約45万本を売り上げ、これは本体購入者数の実に8割近くにあたる数字であった。

2008年9月時点で、全世界におけるゼルダシリーズのソフト累計販売本数は5200万本を突破している。

編集

シリーズ

  • ゼルダの伝説
  • リンクの冒険
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース
  • ゼルダの伝説 夢をみる島
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
  • ゼルダの伝説 風のタクト
  • ゼルダの伝説 4つの剣
  • ゼルダの伝説 4つの剣+
  • ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
  • ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  • ゼルダの伝説 大地の汽笛
編集

久米田康治との関連

編集

かってに改蔵 作品内にて

編集

さよなら絶望先生 作品内にて


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2010-09-05 (日) 20:49:00 (2993d)