Tag: アニメ・マンガ ヒカルの碁 週刊少年ジャンプ

編集

ヒカルの碁(ひかるのご)

原作・ほったゆみ、作画・小畑健、監修・梅沢由香里(プロ女流棋士)*1の漫画。
週刊少年ジャンプにて1999年2・3合併号から2003年33号まで連載された。
全189話、番外編9話。コミックスは全23巻+キャラクターガイド1巻、完全版は全20巻。

第45回小学館漫画賞少年部門、第7回手塚治虫文化賞新生賞受賞作品。

編集

概要

普通の少年である進藤ヒカルが、棋士の幽霊・藤原(ふじわらの)佐為(さい)との出会いをきっかけに囲碁を打つ様になり、多くの棋士達との対局を通じて成長しながら、「神の一手」を目指す。
マイナーだった囲碁を小中学生を中心に浸透させ、囲碁ブームを巻き起こした。

編集

あらすじ

小学六年生の進藤ヒカルは祖父の家の蔵にあった碁盤に血痕があるのを見つけると、平安時代の天才棋士であった藤原佐為の霊に取り憑かれる。
佐為の「神の一手」を目指す願いを聞いたヒカルは、碁を打つために碁会所を訪れ塔矢アキラと出会う。アキラは名人・塔矢行洋の息子として囲碁の英才教育を受けていたが、佐為の力で囲碁を打つヒカルの前に敗北。
アキラはヒカル(の影にある佐為)の後を追い、ヒカルも自ら囲碁を打ちたいと願うようになってアキラを追いかけて成長していく。

編集

アニメ版

2001年10月~2003年3月にテレビ東京系列で放映された。
基本的に原作に忠実で、18巻の一部までがアニメ化された。
また、2004年1月に19巻~21巻もテレビスペシャルとしてアニメ化されている。

編集

メインキャスト

キャラクターキャスト
進藤ヒカル川上とも子
藤原佐為千葉進歩
塔矢アキラ小林沙苗
藤崎あかりかかずゆみ
筒井公宏津村まこと
加賀鉄男伊藤健太郎
三谷祐輝浅川悠
和谷義高高木礼子
伊角慎一郎鈴村健一
奈瀬明日美榎本温子
越智康介松岡洋子
本田敏則櫻井孝宏
洪秀英伊東みやこ
社清春石塚堅
倉田厚岩田光央
森下茂男北川勝博
桑原仁納谷六朗
緒方精次藤原啓治
塔矢行洋津田英三

アニメ版における久米田作品出演声優の出演は以下の通り。

改蔵声優
絶望声優
じょしらく声優
編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

18話では藤原佐為が取り憑いていた碁盤が登場。
75話では、本作のヒット以後に将棋を題材にした二番煎じの漫画が氾濫したことがネタにされている。
154話の追加ページでは進藤ヒカルが描かれ、229話ではヒカルの髪型がネタにされている。
235話では囲碁の知識をマンガで覚えたという『ヒカルの碁』を示唆するような台詞がある。

編集

じょしらく 作品内にて

三十三日目にて、作品のバランス崩壊の例として高永夏(コ・ヨンハ)が挙げられている。

編集

かってに改蔵 作品内にて

第83話で、囲碁教室のポスターに藤原佐為が目指す「神の一手」が書かれている。
第179話では残留思念の解説として、欄外で藤原佐為が例えとして用いられている。
第232話ではバカ正直な感想として、北斗杯編より佐為編を評価する羅列ネタがある。
第261話では同人ショップの本棚の背景ネタとして登場している。


*1 本名および現在の活動名は吉原由香里。本作連載時にサッカー選手(当時)の吉原慎也と結婚しているが、2011年3月まで旧姓で活動していた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-11-14 (水) 17:08:20 (2439d)