Tag: ゲーム ファイナルファンタジー

編集

ファイナルファンタジーVII

1997年1月31日にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売されたプレイステーション用RPG。ファイナルファンタジーシリーズのメインシリーズ7作目に当たる。

編集

概要

スクウェアの人気RPGシリーズ「ファイナルファンタジー」の第7作。
CD-ROM3枚組という当時としては大ボリュームの作品で、日本国内での販売本数は407万本*1でシリーズ歴代2位、プレイステーション用ソフトとしても歴代3位の記録を持っている。全世界市場では980万本出荷されている。

スーパーファミコンが主流だった1994年頃から、次世代機と呼ばれるゲーム機が順次発売され始めていたが、任天堂も次世代機を開発していることを発表していたため、当時日本国内の2大RPGである「ドラゴンクエスト」と「ファイナルファンタジー」を抱えていた任天堂が次世代機でも主流になると思われており、買い控えに近い現象が発生していた。
しかし1996年1月、スクウェアがこの「ファイナルファンタジーVII」のプレイステーションでの発売と他機種への移植を行わないと発表したことで、プレイステーションが次世代機のトップシェアを一気に獲得する切っ掛けとなった(この発表以前にはセガサターンの方がシェアが上だった)。
だが、その際任天堂に一切話を通していなかった*2ことから、スクウェアと任天堂の関係は急速に悪化。1996年5月の「トレジャーハンターG」以降、2003年2月にゲームボーイアドバンスSP本体と同時に「ファイナルファンタジータクティクスアドバンス」が発売されるまでの約6年間、任天堂ハードからスクウェアのソフトが姿を消すことになる。

2015年5月、ロサンゼルスで開催されたE3(Electronic Entertainment Expo)で、PLAYSTATION4でのリメイクが発表されたが、スタッフ募集などは時折行われているものの、続報などは出てきていない。

それとは別に、インターナショナル版がWindowsPCやPLAYSTATION4、スマートフォンに移植されてダウンロード販売されており、2019年にはNintendo SwitchやXBox oneでも販売が決定している。

編集

ストーリー

編集

登場キャラクター

キャラクターAC版エアガイツPS版エアガイツKH*3FFVII AC*4LO FFVII*5DC FFVII*6CC FFVII*7
クラウド・ストライフ
バレット・ウォーレス
ティファ・ロックハート
エアリス・ゲインズブール
レッドXIII(ナナキ)
ユフィ・キサラギ
ケット・シー
ヴィンセント・ヴァレンタイン
シド・ハイウインド
セフィロス
ルーファウス神羅
リーブ・トゥエスティ
宝条
ツォン
レノ
ルード
イリーナ
マリン・ウォーレス
ルクレツィア・クレシェント
ザンガン
ザックス・フェア
編集

派生作品

1998年に追加要素が加えられた英語版をベースにした「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」が発売された。
2009年よりPlayStation? Storeでゲームアーカイブスとして配信開始。

「コンピレーションオブファイナルファンタジーVII」として2タイトルのゲームソフト、2タイトルの携帯電話ゲーム、1タイトルのOVA(フルCG)が制作された。

  • ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
    • ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート

本編の2年後が舞台。突如流行した“星痕症候群”それに関係する謎の武装軍団“カダージュ”とクラウドたちの戦いを描いた。
2005年にOVAとして発売され、DVD/UMD版のみで360万本のセールスを記録している。
「アドベントチルドレン コンプリート」は2009年に発売されたブルーレイ版で、CGのリファインが行われた。

  • ビフォアクライシス ファイナルファンタジーVII

本編の前日譚。主人公は神羅カンパニーのタークスとして、さまざまなミッションをこなしていく。
2004年に携帯電話ゲームとしてリリースされている。

  • クライシスコア ファイナルファンタジーVII

本編のクラウドの回想シーンに登場する“ザックス”を主人公にしたRPG。
2007年にPSP用ゲームとして発売。

  • ダージュオブケルベロス ファイナルファンタジーVII
    • ダージュオブケルベロス ファイナルファンタジーVII インターナショナル
    • ダージュオブケルベロス ロストエピソード ファイナルファンタジーVII

本編の3年後が舞台。ヴィンセントと神羅カンパニーが極秘裏に育成していたディープグラウンドソルジャーとの戦いを描いた。
2006年に発売されたPS2用のアクション・シューティングRPG。オンラインモードでディープグラウンドソルジャーのストーリーが描かれたが、オンラインモードは8カ月で稼働を終了。その後発売されたインターナショナル版でディープグラウンドソルジャーのストーリーが遊べるミッションモードが追加された。
「ロストエピソード」はゲーム中で描かれなかった追加ステージで携帯電話ゲームとしてリリース。

時間軸はクライシスコア→ビフォアクライシス→本編→アドベントチルドレン→ダージュオブケルベロスの順。

編集

同作のキャラクターが登場する作品

1998年稼働の「エアガイツ」にはクラウドとティファがゲストキャラクターとして参戦。同年末に発売されたPS版ではそれに加えて、セフィロス、ユフィ、ヴィンセント、ザックスが追加された。
2002年より発売された「キングダムハーツ」シリーズにはクラウド、エアリス、セフィロスなどのキャラクターがゲスト出演している。
2008年発売の「ディシディア ファイナルファンタジー」ではコスモスの戦士としてクラウドが、カオスの戦士としてセフィロスが参戦。2011年に発売した続編*8「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」ではプレイヤーキャラクターとしてティファが、アシスト専用キャラクターとしてエアリス*9が追加された。

同社タイトルへのゲスト出演としては、「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial」「ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブル」「ファイナルファンタジータクティクス」など。

2011年にはSCEとスクウェア・エニックスのコラボレーションとして「リトルビッグプラネット2」のファイナルファンタジーVIIコスチュームが正式発表された。

編集

久米田康治との関連

編集

かってに改蔵 作品内にて

作中にて度々ネタにされており、このシリーズが一番取り上げられている。


*1 後に発売されるインターナショナル版、アルティメットヒッツ版を含む
*2 エニックスは「ドラゴンクエストVII」のプレイステーションでの発売に際し、任天堂に事前に話を通している。
*3 キングダムハーツ
*4 ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
*5 ラストオーダー ファイナルファンタジーVII
*6 ダージュ オブ ケルベロス ファイナルファンタジーVII
*7 クライシス コア ファイナルファンタジーVII
*8 ストーリー的には前作の前日譚となる。
*9 先行体験版となる「ディシディア デュオデシム プロログス ファイナルファンタジー」の購入が必要。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-11-09 (金) 09:18:00 (7d)