Tag: 社会 モノ 秋葉原 メイド喫茶

編集

メイド喫茶(めいどきっさ)

メイドさんが客を接待する飲食店。 2000年ごろから秋葉原に出現し、「オタク」という認識の一般化に伴い全国に出店されている。

編集

概要

喫茶店のウエイトレス給仕服(いわゆる「メイド服」)を着た女性店員が接客する、というもの。従業員がメイドの格好をしているというだけでなく、客とゲームをしたり歌ったりとエンタテイメント性が高いのが特徴。「喫茶」というが、お茶や珈琲を味わうのが目的の店ではないので、商品の価格帯は普通の喫茶店と比較して極めて高い。

また、特徴的なサービスとして、来店時には「いらっしゃいませ(お帰りなさいませ)、ご主人様(お嬢様)」と言うことが有名。
現在はメイドだけでなく、店員が巫女装束等別のコスプレをするものや、腐女子向けの「執事喫茶」等も存在する。

なお、福岡県福岡市ではサービス内容が「接待」に当たるとして風俗店指定を受けている。その視点から見れば、「プレイの無いイメクラ」といえるだろう。

編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生」作品内において

130話では、隣の校舎の一年生メイド喫茶でバイトをしている描写がある。

絶望先生第17集の紙ブログによると、前田くん龍輪直征氏の二人でメイド喫茶へ行き、その請求書を久米田先生に回したそうだ。 この時の話かどうかはわからないが、龍輪氏から絶望放送へ二人でメイド喫茶に行きました。との報告メールがあり、神谷、新谷両名から何をやってるの?といわれていた。

編集

アニメ「さよなら絶望先生」との関連

【懺・】さよなら絶望先生の放送に合わせ、秋葉原のメイドカフェとタイアップが行われ、絶望メイドカフェが期間限定でオープンすることとなった。

編集

せっかち伯爵と時間どろぼう」作品内において

5話で、純度の査定表「14K」の項目にリストアップされている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-03-05 (月) 20:37:19 (228d)