編集

千と千尋の神隠し

2001年7月に公開されたスタジオジブリの長編アニメーション映画。
興行収入304億円、観客動員数2300万人越えという、『タイタニック』や『東京オリンピック』を追い抜いた日本国内の映画興行成績における歴代トップの記録を打ち立て、夏休み公開映画であるにもかかわらず、翌年の春休みまで上映が続くという異例のロングラン興行となった。
2013年現在もスタジオジブリの長編アニメーション映画の興行成績のトップの座を維持している。
さらに、ベルリン国際映画祭において、アニメーションとしては史上初の最高賞である金熊賞を受賞。その他アカデミー賞をはじめ日本国内外の多くの賞の栄冠に輝いた。

編集

久米田康治との関連

編集

かってに改蔵作品内にて

第156話『銭湯で千春が神隠し』のサブタイトルの元ネタとして使われている。
編集

せっかち伯爵と時間どろぼう作品内にて

6話の作中で千と千尋の職場がブラックである事を指摘されている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-04-13 (金) 13:14:07 (244d)