Tag: 人物 スポーツ サッカー ワールドカップ 日本代表 岡田武史

編集

岡田武史(おかだ たけし)


生年月日出身地職業
1956年8月25日大阪府大阪市サッカー選手→監督


サッカー日本代表監督。

編集

略歴

愛称は「岡ちゃん」。
現役時代からメガネがトレードマークで、現役時代にはメガネを外さずプレーしていたほど。
また、監督としては以前はジャージ姿で指揮を執っていたことでも知られていたが、2008年に日本代表監督に復帰してからはスーツ姿で指揮を執るようになっている。

編集

選手として

天王寺高校~早稲田大学~古河電工。
頭脳派のディフェンダーとして日本リーグで活躍し、1986年のアジアクラブ選手権優勝にも貢献した。日本代表にも選出、ロサンゼルス五輪予選、メキシコワールドカップ予選などに出場した。

編集

まさかの代表監督就任

1995年に加茂周日本代表監督により、サッカー日本代表コーチに抜擢される。
1997年10月、フランスW杯最終予選途中で加茂周監督が更迭、突然代理監督として指名される。その後日本代表がW杯出場を果たしたことから、本選に向けての正式に監督に任命される。

1998年のフランスW杯本戦直前には、不振だった三浦知良をメンバーから外した事では当時その是非が議論を呼んだ。フランス大会で日本は3戦全敗したため、代表監督を退任した。

編集

再び代表監督に就任

その後1999年から2001年までコンサドーレ札幌、2003年から2006年まで横浜F・マリノスなどJリーグクラブチームの監督を複数務めていた。

日本サッカー協会の特任理事として活動中の2007年11月に、日本代表のイビチャ・オシム監督が急性脳梗塞で緊急入院してしまう。翌2008年2月のW杯予選でオシム監督が指揮を執ることが困難であるとサッカー協会は判断、かねてから後継監督として打診をしていた岡田が日本代表監督再就任した。

2009年6月6日、ワールドカップ2010年南アフリカ大会・アジア最終予選の第6戦。アウェーでのウズベキスタン戦を1-0で勝利。日本を4大会連続4度目の本大会出場決定に導いた。
しかし、日本代表の目標を「ベスト4入り」と宣言していた岡田監督だが、その後の代表チームも相変わらずの決定力不足で、岡田監督の手腕が疑問視されている。実際、2010年2月に行われた東アジアサッカー選手権では、すでに優勝を逃し士気が低下していた韓国にも1-3と大敗、選手権で3位となってしまった。そのため「岡田監督のままではもはや戦えない!」と監督交代を求める更迭論がサッカーファンやスポーツ誌などで展開されたため、日本サッカー協会の犬飼基昭会長、原博実強化担当・技術委員長とを交えた緊急会談が行われたが、結局、「ここにきて新しい人というのはリスクが大きすぎる」という理由で続投が決定している。

編集

久米田康治との関連

編集

久米田康治との関係

久米田先生が無類のサッカー好きであることから、作品中にはサッカー日本代表の動向とともに何度も取り上げられている。

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

121話にて「そこで渡されたくないたすき」の例として「'97岡田」が、また124話にて「急場しのぎ」として登場している。
以降も、134話には良くない春の便りとして「岡ちゃんのメガネが青くなる」が、139話に「いつの間にか握らされるキャスティングボートとして「岡ちゃんに握らせないで。」が、また143話には上述の三浦はずしの件が「W杯メンバーから外された元選手 vs.代表監督」としてそれぞれ登場している。また、黙認をテーマにした152話では「勝手に決める輩」の例として「岡田を代表監督と認めた日本サッカー協会」が羅列ネタに取りあげられていた。
それ以降も、「明後日の方向に変革」というテーマの214話や、「わざわざ余計なリスクを負う」というテーマの219話でも、監督交代論に言及している。

編集

かってに改蔵 作品内にて

第6話『フランスはどこだ!?』に登場。元天才塾サッカーコースのヌカタなる選手に「見る目がなかった監督」と言われていた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2010-06-23 (水) 02:04:54 (3067d)