Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ 声優 加賀愛 後藤沙緒里

後藤沙緒里(ごとう さおり)


本名生年月日出身地職業所属事務所
後藤 沙緒里
ごとう さおり
1987年1月8日神奈川県横浜市声優トイズファクトリー


アニメ版さよなら絶望先生の配役

加賀愛を演じる。

(その他の兼役)
・恋愛ボケカップルの女(俗・第09話俗・第13話
糸色縁に手紙を渡そうとする女子生徒(OAD獄・下 Cパート)

絶望文学集では、第十二集収録「あしなまおじさん」を朗読した。

ドラマCD版・アニメ版じょしらくの配役

暗落亭苦来を演じる。
ドラマCDからアニメ化にあたり、唯一声優変更が行われていない。

略歴・人物像

声質・演技の特徴

控えめな少女役を演じることが多い。『さよなら絶望先生』の加賀愛役、『じょしらく』の暗落亭苦来役や、『みなみけ』のケイコ役などで知られる。

アニメ版『ギャラクシーエンジェル』ではなかなか友達の輪に入れない薄幸キャラを演じて以来、その声のイメージと人物イメージからか、幸の薄い被虐的なキャラクターを演じることが多い。そしてその多くが見事にハマっているといえる。
ただし本人は、インタビュー記事の中で「『おとなしい、清楚』というイメージは本来の自分でなく演じているだけ」と語っている(『hm3』Vol.46より)。実際に弱さや儚さとは対極の性質を表現する演技でも確かな存在感を出しており、『落語天女おゆい』の月島唯のような明るく元気な性格のキャラや、『STEINS;GATE』の桐生萌郁のような控えめな物腰の裏側に強い情念をくすぶらせる二面的なキャラも自然に演じている。
…しかしながら本人は演じる加賀愛同様、「ありがとう」より「すいません」と言ってしまう事が多いらしい。

略歴

2002年、(株)ブロッコリーの「ゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズ」第2期オーディションに合格し、デビュー。翌2003年『ギャラクシーエンジェル』の新登場キャラクターである烏丸ちとせ役に抜擢され注目を集める。その後は、エンジェル隊としてラジオ番組『エンジェルLOVE』やテレビ番組『GATV』などのパーソナリティを務めるなど、ブロッコリー系アニメ・イベントを中心に活躍。
2005年1月、コスプレミュージカルに参加させられ、体調を崩し入院したことがある。 2005年5月、ゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズを卒業。ブロッコリー預かりから、新たに設立された事務所g-stellaに所属していた。2007年1月から81プロデュースに移籍。 『ローゼンメイデン』の薔薇水晶役、『STEINS;GATE シュタインズ・ゲート』の桐生萌郁役などで人気を集めた。

ニックネームは「さおりん」と呼ばれることが多いが、その名が定着する以前からの付き合いである新谷良子と田村ゆかりからは「さっちゃん」と呼ばれている。
初登場当時は久米田先生同様、血液型は不明だったが、後にO型と判明する。

2014年10月31日付で81プロデュースを退所し、フリーとなった*1

2020年8月1日付でトイズファクトリー所属となった*2

薄幸声優?後藤(弱)

上述のように幸の薄い被虐的なキャラクターを演じることが多いことや、体調不良などとあいまって薄幸声優のイメージが定着してしまった。ネット上の一部ではもっぱら鬱病的キャラクターとして扱われる(ただしあくまでネタ)存在となってしまう…。薄幸&被虐キャラのイメージが強いため、You Tube上に彼女をネタにした公共広告機構(AC)の偽CMのMAD動画(⇒)がUPされたとき、その真に迫った語りを聞いて、本物と思ってしまった人も多いという。
これらのこともあり、インターネットコミュニティを中心に非公式では同じ後藤の苗字をもつ声優である後藤邑子との区別のために、後藤(弱)と書かれたりしている。しかし、NHK BS2で放送された『MAG・ネット 増刊号』小野大輔後藤沙緒里特集(2010年9月20日放送)では、画面上に堂々と愛称:後藤(弱)と表示されてしまった。

イラストの腕はなかなかとされ、声優アニメディアでの連載記事のほか、自身のグッズやCDにも使用されている。かつてはイベントなどでサイン色紙などにイラストを描いていたことも。『落語天女おゆい』のWEBラジオで、小林ゆう画伯とお絵かき対決をしたことがあるが、いうまでもなく圧勝であった(別の意味では小林ゆう画伯が圧勝ではあるが・・・)。

同じ事務所だった松来未祐の影響かどうかはわからないが、かわいらしい女の子に物理的接触を図るのが好きらしく、同世代の女性声優の二の腕など露出している部位をベタベタと触ったりあるいは触ろうとすることもしばしば。本人はその行為について自ら『変態だ...』と語っている(『はばたけ!スカイガールズラジオ』より)。

上述のような薄幸なイメージが形成されていく反面、強靭な胃袋の持ち主であるらしく、2010年6月14日付けの自身の公式ブログでは、野菜たっぷりの大盛りラーメンとして著名な「ラーメン二郎」のラーメンを完食したことを披露した。

久米田康治との関連

さよなら絶望先生』作中にて

166話にて「お誕生日おめでとう さおりん」と書かれたケーキが登場、誕生日を祝われた。
また、作品中に加賀愛がママを務める「スナック謝緒里」なる飲食店が登場している(193話205話)が、この店名も加賀愛罪特性と後藤沙緒里の名前とをもじったもの。
そのほかにも、「後藤(弱)」ネタ(216話)、「落語天女おゆい」ネタ(112話198話)、「はばたけ!スカイガールズラジオ」ネタ(223話)、公式ブログに記載したラーメン二郎完食ネタ(228話)、NHKテレビ「ザ☆ネットスター!」出演(229話)などの小ネタが多く見られる。

アニメ版『さよなら絶望先生』にて

俗・第03話OAD獄・下、更には懺・第01話と三度に渡り、エンドクレジットでミスをされるという不運に見舞われている。

第三期第08話で、「絶望先生えかきうた」に出演、自筆イラストを披露した。

Webラジオ『さよなら絶望放送』にて

さよなら絶望放送第27回第28回第59回第60回第135回第136回DJCD 第七巻にゲスト出演。
第59回では、道端に落ちていた弱りかけのセミをかわいそうに思い、拾って近くの木まで運んだ逸話を披露。神谷浩史に「ナウシカか?」と突っ込まれていた。
本人は動物好きらしい。
さのすけの事を非常に気に入っており、第59回でもらったさのすけストラップはずっと自宅の鍵につけ続け、DJCD 第七巻ですっかりボロボロになったそれを見た神谷と新谷を驚愕させた。また、DJCD 第七巻の収録中ずっとさのすけを抱きしめていた。
出演に及び腰になるゲストが多い中、「この現場が好き」「いられるだけで幸せ」「私でいいなら呼んでください」と言ってスタッフ達を感激させた(DJCD 第七巻)。

2010年3月28日に行われた三回目の公開録音イベント≪惨開~さんかい~≫にゲスト出演した。
その際、神谷からの「さのすけ抱いて(舞台に)出てくれない?」との依頼に「もともとそのつもりでした」と答え、第二幕から最後まで自分の方に顔を向ける形で抱きしめていた。(第133回

じょしらく』にて

単行本第壱巻特別版付録『キャラ落語CD』で暗落亭苦来を演じる。

なお、後藤は、2006年に落語を題材にしたアニメ『落語天女おゆい』にヒロインの月島唯役で主演していたことがある。かねてからさよなら絶望先生作品内にて、後藤と「おゆい」を絡めたネタ(112話198話)が散見されていたことから、じょしらくにおいて絶望声優からのキャスティングに当たっては久米田先生がこれを意識していた可能性がある。

後藤が起用された経緯については、さよなら絶望先生第二一集紙ブログに詳細が書かれている。もともと講談社主導でAKB48のメンバーを起用する予定だったところ、久米田先生が書いた原稿があまりにも高度だったため、本職声優を起用せざるを得なくなったためと記載されている。

主な出演作品

太字は主演/ヒロイン、メインキャラクターを示す。

テレビアニメ

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA

劇場版アニメ

特撮

テレビ

ゲーム

ラジオ

歌手活動

シングルCD

・True Blue(2007年9月19日)
TVアニメ「スカイガールズ」前期エンディングテーマ

アルバム・ミニアルバム


*1 11月10日のブログにて正式発表。(⇒
*2 8月1日のブログにて正式発表。(⇒

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-06 (土) 18:13:15