Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

後藤邑子(ごとう ゆうこ)


本名生年月日出身地職業所属事務所
後藤 邑子
ごとう ゆうこ
1975?*1年8月28日愛知県声優アクセルワン
編集

アニメ版さよなら絶望先生の配役

小節あびるを演じる。
(その他の兼役)
丸井円序~絶望少女撰集~)(俗・さよなら絶望先生以降は真田アサミに変更)
・腐女子A(第一期第07話
・マルチ健康食品会社の女C(俗・第01話Aパート)
・恋愛ボケカップルのブス「ゆうこ」(俗・第13話
・計算高いおバカタレント(懺・第02話
さおりんの母(懺・第05話
・レーシックのテレビCM(懺・第09話Bパート)
全体的にウザイ不細工キャラに割り振られることが多く、アフレコ時は殆ど役名で呼ばれていたため「ブス!」と言われて傷付いていたらしい(後述)。

俗・第06話絶望文学集で、単行本第六集収録の「金策寺」を朗読した。

編集

略歴・人物像

編集

声質・演技の特徴

へっぽこ系・お嬢様系の少女キャラクターを得意とする。
一度聴けば忘れないような印象的な甘ったるい声質が特徴。その声質から、比較的おっとりな性格の役柄(『涼宮ハルヒの憂鬱』の朝比奈みくる役など)を演じることが多いが、控えめでクールな役(小節あびる役など)、小生意気なお嬢様役(『君が主で執事が俺で』の久遠寺未有役など)、清楚なお姉さん役(『ひだまりスケッチ』シリーズのヒロ役など)、快活な元気っ子役(『S・A』の華園光役など)などもこなしている。
『ふしぎ星の☆ふたご姫』で演じたレインの「何よ!」という台詞が、視聴者には「はにほ!」としか聞こえなかった事が、現在でも伝説となっている。
らき☆すた』では特攻服を来た暴走族のような容姿の本人役(クレジットは「ゴットゥーザ様」役)を怪演したが、実は…。
Webアニメ『にょろーん☆ちゅるやさん』で演じた朝比奈みくるが全く原型を留めていなかったことがファンの間で話題になったが、この件について本人は「むしろ私に近いと評判ですが不服です。」とコメントしていた。

編集

略歴

後藤邑子は本名だが、本人曰く「なかなか“ゆうこ”とは読まれない。“むらこ”とか。」と嘆いている(「はっぴぃセブン&ラムネ TV前夜祭」にて)。
「むらこ」「ゴトゥーザ様」の愛称で親しまれる。また、ネット上では声優・後藤沙緒里(絶望先生でも加賀愛役で共演)と区別して「後藤(強)」「後藤(漢)」(酒に強い。ヤンキー気質?)などと呼ばれる。こうした強い活発な女性のイメージがあるが、幼少の頃より病弱なほうであったという。さよなら絶望放送第20回では「中学生時代は勉強にも遊びにも一生懸命取り組んでいたため、過労で入院した」と説明されていたが、中学生の頃に自己免疫疾患にて長期入院を経験している(⇒)。

字幕翻訳家を目指して大学*2で英語を専攻。在学中にテレビ局にてADのアルバイトをしていたが、そこでその独特の声質に着目され褒められたことがきっかけで声優を目指すようになる。大学を2年次限りで中退、周囲の反対を押し切る形で上京し、ぷろだくしょんバオバブの養成所に入所を希望の電話をしたものの、そのタイミングが募集時期ではなかった(12月)ため、直接プロダクションの面接を受けて合格。ちなみに面接写真はチャイナ服だったとか。 1999年『イケてる2人』の桜井兼人役でデビュー(いまのところ唯一の少年役である)。声優としての活動時期は意外と長いが、最初の頃は事務所側からも期待されていなかったらしく、注目されたのは2005年頃から。
2006年に『涼宮ハルヒの憂鬱』の朝比奈みくる役で大ブレイク。第1回声優アワードのサブキャラクター賞女優部門を受賞した。

2011年6月1日よりぷろだくしょんバオバブからアクセルワンに移籍している。

編集

休養

2007年頃から度々体調不良が伝えられており、喉の調子が悪く薬を服用するも一向に調子が元に戻らないことから2007年4月頃に短期休養、2010年5月には喉の手術を受け6月に復帰している。
2012年5月18日付で、所属事務所から体調不良とそれに伴う治療のためにしばらくの間休養することが発表され、翌日には後藤のブログにて自己免疫疾患に罹患しており治療に専念するため休養する旨が公表された(⇒)。

これにより予定していた『境界線上のホライゾンII』のF・ウオルシンガム役は桑谷夏子に変更され、当時出演していたラジオ番組は『Navel X Lantis インターネットラジオ ねぶら』と『お好み後藤邑子』が休止となり、『地球ラジオ』は一時降板(2012年7月に事実上の完全降板を発表)となった。
2012年8月の「TBSアニメフェスタ2012」の『ひだまりスケッチ×ハニカム』コーナーにて声優変更はせず、2012年9月より活動再開する旨が発表された。『ひだまりスケッチ×ハニカム』放送開始に際してのブログにて、仕事復帰時の様子について語られている (⇒)。
なお、2013年放送の『神さまのいない日曜日』ではハナ役を予定していたが、こちらも体調不良を理由に佐藤利奈に変更された。
その後順調に回復し、2014年10月開始のアニメ『失われた未来を求めて』でレギュラーアニメでの本格復帰を果たすことになった。

編集

趣味・特技

趣味はオートバイ(愛車は青のCB400SF)であるが、仕事場への移動に使用することは事務所から禁止されているという。
大学では英語を専攻していたこともあり、英検準1級のほか、TOEICが最高818点/990点、またTOEFL PBT(旧旧方式)が最高565点/677点*3など英語関係で高い能力を有していたが、現在の実力は本人も認めるほど落ち込んでいるんだとか。それでも『スケッチブック 〜full color's〜』のケイト役、『げんしけん2』のスザンナ・ホプキンス役など英語を話すキャラクターを難なく演じた。

好きな漫画は『拳児』『北斗の拳』『ハヤテのごとく!』など*4。三国志ファンでもある。その幅広い読書域は、堀内賢雄と共にパーソナリティを務めるラジオ『超!A&G+ライブラリー「ホンバン。」』における「おとなの推薦図書」コーナーで発揮される。
またイラストも得意で、自身のサイト「GOTU-Web」(⇒)で公開している(比較的写実的に書かれているデザイン画のような1枚ものが「ギャラリー」に、また、コミカルなポップ調のものが「コミック」にて公開されているが、いずれもクオリティが高い)。イベントひだまつりでも原作者のうめ先生を凌駕する画力を見せつけ、同ステージの出演陣や観客を圧倒することもあった。

歌はあまり得意ではないらしく、朝比奈みくる役で歌を唄う際には、無理矢理歌わされているという設定のため、「歌は上手くなく、かつ緊張しつつ、ナチュラルにキャラクターで」と要求されたものの、普通にテストで歌ったところ、プロデューサーに「後藤さんハズし方が絶妙ですよ!」と絶賛されてしまったという(Navel X Lantis インターネットラジオ ねぶら 第57回放送より)。

編集

交友関係

無類の酒好きで、声優界きっての酒豪として知られており、「世界最強の酒」として知られるスピリタス(アルコール度数98%!)を軽々呑む程。伊藤静や緒方恵美といった声優業界屈指の酒豪と仲が良く、特に緒方とは夕方6時から翌朝6時まで差しで12時間飲み続けたという武勇伝を残している。しかしながら業界の飲み会には滅多に顔を出さないことから、織姫とあだ名されている。単行本第十集巻末の絶望絵画館で後藤のセレクトが無かったのも、アフレコ後の飲み会での出来事だったためという。
なお、飲み会については、飲み会の場が苦手だから不参加というわけではなく、持病の体調管理と体力温存が目的であったことがのちに公表されている(⇒)。

涼宮ハルヒの憂鬱』のアフレコの現場にて男性陣と『北斗の拳』談義で盛り上がった際に、杉田智和よりゴトゥーザ様のあだ名をつけられた。ゆえかネットラジオ『ねぶら』では「思ってたより華奢なんですね」と言われると(少々複雑な心境ながら)うれしいとコメントしていた。

編集

久米田康治との関連

編集

アニメ版「さよなら絶望先生」作品内にて

第三期第01話では、「絶望先生えかきうた」にてハイクオリティの自筆イラストを披露した…にもかかわらず、クレジットのミスにより名前が表示されなかった。

俗・さよなら絶望先生では兼役としてモブキャラを演じていたが、なぜか担当がウザイ不細工系のキャラに割り振られることが多かったという。モブ役はアフレコ時には殆ど役名で呼ばれていたため、「ブス!」と名指しされて傷付いていたという。しかも俗・第13話にて、恋愛バカップルの男役を演じた水島大宙がリハーサル時のアドリブで「ゆうこー!!」と叫んだことから、ブスの名前が暫定的に”ゆうこ(邑子)”となってしまいさらに絶望したという(『さよなら絶望先生全書』より)。
なお、収録本番では「ゆうこ!!」の呼びかけに対して後藤が「水島~!」と返して一矢報いている。

編集

Webラジオ「さよなら絶望放送」放送内にて

さよなら絶望放送第19回第20回にゲスト出演。
DJCD 第五巻にもゲスト出演。また、初回特典の絶望ステッカーも描き下ろした。
2010年3月28日に行われた三回目の公開録音イベント≪惨開~さんかい~≫にゲスト出演した。

編集

主な出演作品

編集

テレビアニメ

編集

1999年

  • イケてる2人(桜井兼人
  • 神風怪盗ジャンヌ(生徒)
  • ∀ガンダム(女友達#2)
編集

2000年

  • だぁ!だぁ!だぁ!(さゆり)
  • へろへろくん(みるみる、ダンボット1号)
  • ワイルドアームズ トワイライトヴェノム(ファルーナ、ミーシャ)
編集

2001年

  • しましまとらのしまじろう(ケロケロお姉さん)
  • ピロッポ(モッペ君)
  • リトル・ルルとちっちゃい仲間(アニー)
編集

2002年

  • Witch Hunter ROBIN(少女(メトセラ子供時代))
  • おくびょうなカーレッジ君(バニー)
  • ドラえもん(女の子)
  • ヘイ!アーノルド(ユージーン、ライラルル、他)
編集

2003年

  • おねがい☆ツインズ(女子生徒)
  • GetBackers?-奪還屋-(看護師)
  • 成恵の世界(柏崎ゆき)
  • NARUTO -ナルト-(フタバ)
  • ねこぢる劇場(にゃんすけ、他)
  • 無限戦記ポトリス(市民A)
編集

2004年

  • げんしけん(山田薫子)
  • 出撃!マシンロボレスキュー(芦川広海)
  • マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ(ジェニファー・ヒューストン)
編集

2005年

  • 今日からマ王!(イズラ)
  • SHUFFULE!(芙蓉楓
  • To Heart 〜Remember my Memories〜(藍原瑞穗)
  • ふしぎ星の☆ふたご姫(レイン
  • らいむいろ流奇譚X CROSS(カシミア)
  • ラムネ(近衛七海
編集

2006年

編集

2007年

  • さよなら絶望先生小節あびる
  • げんしけん2(スザンナ・ホプキンス、山田薫子)
  • SHUFFLE! MEMORIES(芙蓉楓
  • 獣装機攻ダンクーガノヴァ(エイーダ・ロッサ)
  • スケッチブック~full color's~(ケイト)
  • 桃華月憚(黒沼塔子)
  • ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-(マキナ、カミシナ・アイ)
  • ナイトウィザード The ANIMATION(ベール=ゼファー)
  • ハヤテのごとく!(魔王・マオウ・ザ・グレートステイジアン・オブ・阿部(仮))
  • ひだまりスケッチヒロ
  • ひだまりスケッチ 特別編ヒロ
  • BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜(ツバエル)
  • やっとかめ探偵団(波川舞)
  • らき☆すた(ゴットゥーザ様)  ※本人役
編集

2008年

編集

2009年

編集

2010年

編集

2011年

  • アスタロッテのおもちゃ!(エリカ・ドラクール・ドレイプニルス)
  • 俺たちに翼はない(鳳鳴
  • けんぷファー für die Liebe(副委員長)
  • にゃんぱいあ(茶々丸)
  • ひだまりスケッチ×SPヒロ
  • 真剣で私に恋しなさい!!(黛由紀江、松風)
  • 魔法少女まどか☆マギカ(鹿目詢子)
編集

2012年

編集

2013年

編集

2014年

  • 失われた未来を求めて(佐々木詩織)
編集

2015年

編集

2017年

  • 小林さんちのメイドラゴン(才川ジョージー、女性教師)
編集

劇場版アニメ

  • クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国(ビクトリア)(2009年)
  • 涼宮ハルヒの消失朝比奈みくる)(2010年)
  • 劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズ(鹿目詢子)
    • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語(2012年)
    • 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語(2012年)
編集

Webアニメ

編集

OVA

編集

洋画吹き替え

  • キャリー(キャリー(子供時代))
  • リトル・ウィッチ ビビと魔法のクリスタル(アルカディア)
  • リプリー(シルヴァーナ)
  • 未知との遭遇 デラックス・コレクターズ・エディション(トビー・ニアリー)
  • コナン・ザ・ラストウォリアー(イガ)
  • クライ・ベイビー(スージーQ)
  • モモ(モーリーン、ビビ・レディ)
  • ジャニス・ベアードのOL日記(ジェーン)
  • ヴァーチャル・シャドー(ケイト)
  • メル(スーザン) ※初のヒロイン作品
  • シャンプー台のむこうに(シャロン)
  • ファイナル・デスティネーション(ブレイク)
編集

ゲーム

  • 涼宮ハルヒ』シリーズ(朝比奈みくる
  • 「ティアーズ・トゥ・ティアラ」シリーズ
    • ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地(リアンノン
    • ティアーズ・トゥ・ティアラ 外伝 アヴァロンの謎(リアンノン
  • 「ディースリー・パブリッシャー」作品
    • Love Songs(双葉理保
    • ラブ・スマッシュ!(双葉理保
    • ラブ・エアロビ(双葉理保
    • The 大美人(双葉理保
    • ドリームクラブ(双葉理保
      • ドリームクラブポータブル
      • ドリームクラブゼロ
      • ドリームクラブゼロポータブル
      • マージャン★ドリームクラブ
    • The 麻雀(PS3)(双葉理保(DLC))
  • ロックマンゼロ4 (ネージュ
  • マリッジロワイヤル プリズムストーリー(浜木綿えびの
  • おおかみかくし(真那香織
  • クイズマジックアカデミーシリーズ(リエル
  • クイーンズブレイド スパイラルカオス(メナス) 
  • Duke Nukem Forever(ケイト・ホールサム)
  • 第二次スーパーロボット大戦Z 破界篇(エイーダ・ロッサ)
編集

歌手活動

キャラクターソングに加えて、歌手として後藤邑子名義のオリジナルCDもリリースしているが、聴くものに抜群の破壊力を与えている…。
収録に際してはディレクターの方針で「修正技術なんて駆使してくれないの。『ピッチ直すから大丈夫だよ~』っていうOKテイクは録らない」らしく、何回も同じ部分を歌ったりしているという。これについては「部分的にベストを出せるからそっちの方が有り難かったりする」とのこと。
2010年に初の単独ライブを行った。

編集

アルバム

  • GO TO SONG(2006年11月8日)
  • GO TO SONG 2(2008年12月25日)
  • ごとそん(カバーアルバム:2010年1月13日)
編集

シングルCD

  • ヨロシク RED ZONE(2007年8月8日)
  • Butler スイッチ オーン!(2008年2月6日、アニメ『君が主で執事が俺で』エンディングテーマ)
編集

その他CD

  • 第一回声優アワード記念作品「こゑこひ~あなたの声に恋してる~」(2007年10月19日、「万華鏡 -服従-」にて、森田成一と共演)
  • おやじな! ~千夏と巴の場合~(黄田千夏 ※女子高生状態)
  • カスガソフト「忙しい人のための幻想郷シリーズ」(東風谷早苗)
    (東方Project二次作品)

*1 生年は非公表。ただし、過去に1970年代および昭和50年代生まれと述べたことがある。また、2012年の病気公表(⇒)の際に15歳時の診断から20年以上経過しており、自身も「公表年齢と微妙に計算が合わない」とツッコミを入れている(ちなみに公表年齢は永遠の29歳)。これらより、1975年頃が有力とされている。
*2 ただしwikipediaに一時期書かれていた大学名は間違っており在籍校ではないという。これに関しては自身のブログ(2007年5月29日)で「自分のウィキペディア見ました。出身大学が違います!何でだ(笑)」と述べている。
*3 現在はスコア有効期限切れ。本人のウェブサイトの「PROFILE」より
*4 子供の頃に空手を習っていたことがある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2017-02-03 (金) 17:22:48 (654d)