久米田ワールド -> {{category 人物}} -> {{category 作家}} -> 松本清張

編集

松本清張(まつもと せいちょう)

作家。1909年12月21日、福岡県出身。1992年8月4日死去。
1951年『西郷札』でデビュー。 1952年『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。

代表作は、『点と線』『砂の器』『ゼロの焦点』な どの推理小説、『西郷札』『西海道談義』等の時代小説、『黒革の手帳』等の現代小説の他、『日本の黒い霧』や『昭和史探訪』などのノンフィクション、各種評論などバリエーションに富んでいる。

編集

久米田康治との関連


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-04-25 (水) 18:42:10 (568d)