Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ 声優 久藤准 元関内太郎 芳賀 北欧 きよ彦 水島大宙

編集

水島大宙(みずしま たかひろ)


本名生年月日出身地職業所属事務所
水島 大宙
みずしま たかひろ
1976年6月14日神奈川県藤沢市声優アクセルワン


編集

アニメ版さよなら絶望先生の配役

久藤准を演じる。

(その他の兼役)
たかし
元・関内太郎
田中一郎
芳賀
北欧(ドラマCD絶望劇場
・入国係官1(第一期第03話
・不法入国者「マツシタ」(第一期第03話
・ロリコン(第一期第03話
・自転車屋(第一期第04話
・客A(第一期第04話
・雑貨屋店員(第一期第04話
・男子生徒A(第05話
・女将(第一期第05話
・BJ先生(第一期第05話
・宅配便の集配員(第一期第06話
・黒子(第一期第06話
・オタクB(第一期第07話
・御輿担ぎ男B(第一期第07話
・スポーツ新聞屋③(第一期第07話
・「非難訓練」の指導係(第一期第08話
・インフルエンザ予防接種をした医者(第一期第09話
・三途の川の老婆(第一期第10話
・映画プロデューサーA,B(第一期第11話
・映画監督C(第11話
・流行らない喫茶店の店長(第一期第12話
・自動車会社の営業男(第一期第12話
・恋愛ボケカップルの男(俗・第09話

・一見さま(俗・第10話
・恋愛ボケカップルの男「水島」(俗・第13話
・活動家(OAD獄・下
・野球の実況アナウンサー(懺・第02話
・福井葬祭の店主(懺・第04話
・呂羽須さんのご主人(懺・第05話
・鯖江(メガネ道楽の店長)(懺・第11話Aパート)
秋元康懺・第11話Cパート)
きよ彦懺・第13話

多数の端役を演じているが、なぜか服を着ていないタイプのモブキャラ役が多い。これは亀山俊樹音響監督の意向であるという(DJCD 第六巻より)。亀山音響監督曰く「服を脱ぐタイプの役(モブ)はすべて大宙にふった」とのこと(後述)。

絶望文学集では、単行本第十集収録「罪とボツ」の前半を朗読した。

編集

略歴・人物像

編集

声質・演技の特徴

主に少年・青年役を演じる。
二枚目から三枚目までこなすが、爽やかな青少年や優しい青少年を演じる機会が多い。

編集

略歴

陸上自衛隊少年工科学校卒。本人によれば、全寮制の男子校出身で高校時代は「ご苦労様です」と挨拶していたとのこと。また自衛隊以外ではほとんど普及していない銃剣道を高校時代に授業でやっていたことから、銃剣道の資格を持つ武道派でもある。

本名を音読みした「だいちゅう」という愛称で親しまれる。もはや誰も「たかひろ」とは呼んでくれない。自称「キレ芸人」。

2011年6月1日よりぷろだくしょんバオバブからアクセルワンに移籍した。

編集

交友関係

寺島拓篤中村悠一小野大輔らイケメン男性声優に対して、熱い想いを度々語り続け徐々にガチウホ声優としての地位も固めつつある。特に事務所を移籍し、一時後輩であった寺島に対しては並々ならぬ愛情を注ぐ。

また、岸尾だいすけと非常に仲がよく、岸尾だいすけとのコンビ「だいず」としてイベント活動等でも活躍している。声優ユニットDROPSの裏ユニット「バックドロップ」としても二人で組むなど事務所を越えた繋がりがあり、もっぱら水島が岸尾に振り回される関係にある。

編集

服を脱ぐタイプの役

2004年3月に岸尾だいすけの家で行われた『ラジオのステルヴィア』の最終回収録(当時の音源⇒★6:49~)でゲストという名目で岸尾宅に乱入し、勝手にシャワーを浴びるなど暴挙の限りを尽くす。岸尾だいすけを絶句させた。

仕事の同僚、特に女性である野中に裸を見られたというこの事件は、WEBラジオ『さよなら絶望放送』でも取り上げられ(後述)、「服を着ていないタイプの声優」「水島大宙F」等と評された。なお、この出来事を解明するため、神谷浩史野中藍に「大宙のだいちゅうを見た? 水島大宙のだいちゅうの部分は見た?」と訊いたところ、野中は「大宙さんのだいちゅうさんは見ていない」と答えている(DJCD 第一巻)。ラジオ『波打際の○○さん』第2回でも「後ろ斜め45度からしか見ていない」と答えている。

本件が絶望先生で取り上げられて以降、本作『さよなら絶望先生』では亀山俊樹音響監督の意向により、服を着ていないタイプのモブキャラ役は全て水島大宙に割り振られるようになった。この結果を神谷浩史は「全裸声」や「全裸を想像させる声」と評している(絶望放送第149回より)。

この傾向はなぜか他のアニメ作品にも波及している。

日本テレビ系列で放送されているアニメ『名探偵コナン』(原作:青山剛昌)では、2009年1月19日放送分の521話で屋田誠人(工藤新一の偽物)役を演じたが、その初登場シーンは全裸であった。

2010年春にTBS系列で放映されたアニメ『Angel Beats!』で水島が演じた高松は、当初は参謀風のメガネキャラとして描かれていたが、第5話にて「着痩せするタイプなんです」と突然服を脱ぎ捨てて上半身裸となり、以降は意味もなく上半身裸になる筋肉バカキャラクターとなってしまった。

2010年夏にテレビ東京系列で放映されていたアニメ『世紀末オカルト学院』では内田文明役で主演しているが、開始第1話にてクレジットは「裸の男」とされ、第1話のラストシーンで内田が全裸にゴーグルといういでたちで空から降臨した。以降も第2話と第4話では全身タイツを着ていたにもかかわらず時空嵐に巻き込まれてなぜかタイツだけなくなってしまったり、第6話では内田がズボンをパンツごとおろしてしまうなどの演出が見られている。*1

このように音響監督が亀山氏ではない作品にもかかわらず、水島が演じる役までもが服を脱ぐタイプの役となってしまう状況に陥っている。もはや水島が演じているからそのキャラクターは服を脱ぐタイプの役になってしまうと考えてもおかしくない状況と化している。

この傾向に対して、ついには水島自身も、自らを「服を着てない声優」であることを意識するようになってきたようだ。2010年8月25日に配信されたアニプレックスのWEBラジオ『ANI-COM RADIO 〜フジワラでいいカナ〜』の番組内番組「アニチカラジオ:オカルトでいいカナ」に出演した水島は、“過去の自分に助言したいこと”として、5年前の自分に“なんで、ラジオ番組でシャワー浴びてしまったんだ…”と上述の『ラジオのステルヴィア』で起きた出来事について言及、その経緯を洗いざらい説明した上で『さよなら絶望放送』でのエピソードなども語っていた。その結果、パーソナリティの藤原啓治には「それで今日も何も着てないのか?」とからかわれ、阿澄佳奈にも"全裸声優"扱いをされたあげく「(全裸でアフレコをするなら)だいちゅうさんNGでお願いします」と言われてしまった。

BS-TBSの声優番組『ぼいすた!』に出演した際*2には「服を着ていない声優」として全国的に紹介*3された。

アニメ『妖狐×僕SS』では、EDテロップでのキャスト・スタッフのSM判定の項目で「Z」とネタ扱いされた。

アニメ『波打際のむろみさん』*4では主人公の向島拓朗役を演じたが、第6話では拓朗が尻丸出しになってしまい、イメージの健在を見せた。さらに第7話では尻子玉を抜かれるイメージとしてZになってしまった。この2話の演出は原作にはない演出となっていた。
また、ラジオ『波打際の○○さん』第2回で野中藍と二人でパーソナリティを行い*5、リスナーから「拓朗は脱ぐのでしょうか?」と言うメールを受けたり、神谷新谷の名前を出してここまで全裸ネタが引っ張られる事に関して苦言を表していた。しかし、第6・7話の放映後に配信された第10回ではパーソナリティの中原麻衣に全裸声優の由来を説明することになった挙句、スタッフの手によって『世紀末オカルト学院』『Angel Beats!』の脱衣シーンを中原に対して見せつけられ、さらに被害が拡大した。なお、本ラジオのスタッフは絶望放送スタッフが担当している。

編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

2009年4月22日発売「週刊少年マガジン」第21・22合併号P239に掲載されたアニメ三期の告知にて、名前のカナが「みずしまだいちゅう」と振られた。このため同号に掲載された178話の欄外に訂正とお詫びが掲載されることに。
掲載時は作為的なものであると思われたが、『まどちゅう!』第60回によると、大宙さんの事務所に電話でスターチャイルドのプロデューサー(ベッキー宮本?)が「お詫びしたい」と連絡してきたそうなので、ガチで間違えられたのかも。

編集

アニメ版さよなら絶望先生 作品内にて

第三期第10話で、「絶望先生えかきうた」に出演、自筆イラストを披露した。
一緒に担当したのが杉田智和だったこともあり、杉田の突拍子も無い歌詞に笑いをこらえながらの収録だったとのこと。

なお、放送には反映されないが、『さよなら絶望先生』のアフレコ日に誕生日を迎えたことがある。この際には124話日塔奈美にならって、スタッフ・キャスト一同より急場しのぎのプレゼントをもらった。また、このとき原作通りに(?)風浦可符香役の野中藍からバースデーソングを送られたという。

編集

Webラジオ「さよなら絶望放送」番組中にて

さよなら絶望放送第15回第16回第49回第50回第151回第152回第198回*6にゲスト出演。
さらに、2009年3月24日に行われた二回目の後悔録音イベント『日比谷大音楽堂~谷怨~』にゲスト出演した。

第15回にて、上述の『ラジオのステルヴィア』最終回での事件が報告されて以来、「服を着ていないタイプの声優」「だいちゅうのだいちゅう(しょうちゅう)」と呼ばれる。
第49回には2代目パーソナリティ(?)として、第50回には一見さま役として出演。本人曰く「絶望放送2度目の登場は久藤准を演じているからではなく、『まどちゅう!』との交流のために送りこまれた」とのこと。さらに携帯版第49回ではブースの外からのトークバックという形で出演した。
さよなら絶望放送二度目の登場に合わせて、『まどちゅう!』のページを含めアニメイトTV及び声優アニメイト+hm3内の全ての箇所において名前を水島大宙Fへと修正されたことがある。

さらにはさよなら絶望放送携帯版に「ダイチュウレポート」というコーナーができたり、パーソナリティをつとめる携帯ラジオ番組『まどちゅう!』に武力介入されたり、三度目のゲスト出演を果たしたりと、絶望リスナーに愛されている。ついでにタケさんにも愛されている。

一応下調べとして必要な回の絶望放送を聴いている。また、『さよなら絶望放送携帯版』の中でしか出ていない「大宙の小宙」というネタを知っていたことから、どうやら携帯版もしっかり聞いているらしい。また同番組においてリスナーから「松来未祐さんに、新妻風に「おかえりあなた」とお出迎えされて素で嬉しそうだった」と水沢史絵のブログに書かれていた事を暴露されている。

2009年12月24日には、急なオファーであったにもかかわらず、絶望放送ラジオイベント≪レッツ!きよ彦ナイト≫に出演、きよ彦役としてMCを務めた。しかし、第151回で本人の中では忘れたい出来事の一つとして語られていた。

編集

主な出演作品

太字は、主役・メインキャラクター。

編集

テレビアニメ

編集

2000年

  • 幻想魔伝 最遊記(百眼魔王の手下)
編集

2001年

  • 学園戦記ムリョウ(宮ノ森中部員B)
編集

2002年

  • 朝霧の巫女(天津忠尋
  • Weiß kreuz Glühen(役名なし)
  • 激闘!クラッシュギアTURBO(ルドルフ・シュタイナー)
  • G-onらいだーす(バンカラ、男子C)
  • フォルツァ!ひでまる(ゴルボ)
  • プリンセスチュチュ(ミーアキャット郎)
  • 炎の蜃気楼(監視員2)
編集

2003年

  • 宇宙のステルヴィア(音山光太
  • 出撃!マシンロボレスキュー(守山)
  • スクラップド・プリンセス(クリストファ・アーマライト(クリス))
  • D・N・ANGEL(エリオット)
  • フルメタル・パニック? ふもっふ(小島)
  • ポケットモンスター アドバンスジェネレーション(フウ)
  • ポポロクロイス(ビリー)
  • マーメイドメロディーぴちぴちピッチ(ナンパ男A)
編集

2004年

  • SDガンダムフォース(ブルードーガ)
  • 陰陽大戦記(香美屋リュージ、柊のトウベエ)
  • この醜くも美しい世界(竹本タケル
  • 砂ぼうず(水田渡)
  • PAPUWA(名古屋ウィロー)
  • 火の鳥(アダム)
  • マーメイドメロディーぴちぴちピッチピュア(天城リヒト
  • 名探偵コナン(レスキュー隊員)
編集

2005年

  • まじかるカナン(ハヅナ)
  • MAJOR 2ndシーズン(西中選手)
編集

2006年

  • 学園ヘヴン BOY'S LOVE HYPER!(小澤渉)
  • 女子高生 GIRLS-HIGH(下高谷孝則)
  • バーテンダー(佐々倉溜
  • 爆球Hit! クラッシュビーダマン(美吉数馬)
  • 働きマン(編集者B)
編集

2007年

  • さよなら絶望先生久藤准
  • 一騎当千 Dragon Destiny(張遼文遠)
  • キミキス pure rouge(相原一輝
  • 月面兎兵器ミーナ(佐々木流)
  • 瀬戸の花嫁(満潮永澄
  • D.Gray-man(ボブ)
  • 天元突破グレンラガン(テツカン、ギンブレー)
  • TOKYO TRIBE2(書記長)
  • ロミオ×ジュリエット(ロミオ
編集

2008年

編集

2009年

  • 【懺・】さよなら絶望先生久藤准
  • あたしンち(店員A)
  • アラド戦記 〜スラップアップパーティー〜(アルベルト)
  • イナズマイレブン(基山ヒロト、グラン
  • 忍たま乱太郎(智吉)※初代
  • ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~(秀明)※Episode 11ゲスト
  • 名探偵コナン(屋田誠人)
  • MAJOR 5th season(笠倉、ロムス、スターク、黒場、韓国代表監督、アナウンサー、審判など多数)
編集

2010年

  • 一騎当千 XTREME XECUTOR(文遠)
  • イナズマイレブン(ネネル)
  • SDガンダム三国伝(張梁メッサーラ)
  • Angel Beats!(高松)
  • クレヨンしんちゃん(ウィンドSHIN-MENヒュー
  • ご姉弟物語(妙珍、歌のおにいさん)
  • GIANT KILLING(椿大介
  • スティッチ! 〜ずっと最高のトモダチ〜(改造ヘルツドーナツ、チームメイトA)
  • 世紀末オカルト学院(内田文明)※Episode 1のみ「裸の男」名義
  • ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編(ゆのの父)
編集

2011年

  • うさぎドロップ(彼氏)
  • ギルティクラウン(寒川谷尋)
  • クレヨンしんちゃん(男性C、インストラクター)
  • GOSICK(木こり)*7
  • 電波女と青春男(中島)
  • ぬらりひょんの孫 〜千年魔京〜(雨造)
  • べるぜバブ(古市貴之
  • ペルソナ4 the Animation(ガソリンスタンド店員*8
  • ましろ色シンフォニー -The color of lovers-(瓜生新吾
編集

2012年

  • イナズマイレブンGO(吉良ヒロト)
  • 妖狐×僕SS(童辺あゆむ)
  • エリアの騎士(西島茂夫)
  • 恋と選挙とチョコレート(辰巳茂平治)
  • ココロコネクト(八重樫太一
  • この中に1人、妹がいる!(田中)
  • PSYCHO-PASS サイコパス(御堂将剛)
  • ソードアート・オンライン(シンカー)
  • DOG DAYS'(キャラウェイ・リスレ)
  • 謎の彼女X(尾形)
  • はぐれ勇者の鬼畜美学(田中)
  • ひだまりスケッチ×ハニカム(ゆの父)
  • 武装神姫(理人
編集

2013年

  • 銀の匙 Silver Spoon(大川進英)
  • 波打際のむろみさん(向島拓朗
  • WHITE ALBUM2(北原春希
  • 恋愛ラボ(凪野智史)
  • リトルバスターズ!(相川)
編集

2014年

  • 金田一少年の事件簿R(霜村生馬)
  • 銀の匙 Silver Spoon 第2期(大川進英)
  • ヒーローバンク(嵐山リョウタ)
編集

2015年

  • 暗殺教室(竹林孝太郎)
  • Charlotte(高城丈士朗
  • FAIRY TAIL<2014年版>(テンペスター)
編集

2016年

  • あおおに -じ・あにめぇしょん-(たくろう
  • クレヨンしんちゃん(カップルの男)※903話ゲスト(体操のお兄さん)※917話ゲスト
  • ベイブレードバースト(銀刃オロチ)
  • 僕だけがいない街(白鳥潤
  • 私がモテてどうすんだ(芹沼拓郎)
編集

2017年

  • 境界のRINNE 第3期(新入社員の霊)※第7話ゲスト
  • デジモンユニバース アプリモンスターズ(ロープレモン)
  • トミカハイパーレスキュードライブヘッド~機動救急警察~(黒江田隼)
  • フューチャーカード バディファイト バッツ(アトラ
編集

Webアニメ

  • おんたま!(氷上恭介
  • ヘタリアAxis powers(フィンランド)
編集

OVA

編集

劇場版アニメ

  • 劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来(基山ヒロト
  • 銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White(白くぬれ!)(フィンランド)
  • 犬夜叉 天下覇道の剣
  • 8月のシンフォニー -渋谷2002〜2003(中井文人)
  • パルムの樹(ゲリラ)
  • 劇場版MAJOR メジャー 友情の一球(ウィニングショット)(アナウンス)
  • AURA~魔竜院光牙最後の闘い~(どりせん)
  • 青鬼 THE ANIMATION(村上章一郎
編集

ゲーム

  • イナズマイレブン2 脅威の侵略者(グラン
  • Fate/EXTRA(セイバー(ガウェイン))
    • Fate/Extra CCC
    • Fate/EXTELLA
    • Fate/EXTELLA LINK
  • Fate/Grand Order(シャーロック・ホームズ、ガウェイン)
  • ロックマンゼロシリーズ(オリジナルエックス)※サントラ内収録のドラマ
  • ロックマンゼクス(ライブメタルモデルX
  • テイルズオブグレイセス(ヒューバート・オズウェル
    • テイルズオブグレイセスF(ヒューバート・オズウェル
  • WHITE ALBUM2 幸せの向こう側(北原春希
編集

特撮

編集

洋画吹き替え

  • CSI:マイアミ4(ヘーデン・クルーズ)
  • スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(スコット・ピルグリム
  • ディテンション
  • デッドコースター(ローリー・ペータース)※テレビ版のみ
  • ハイスクール・ミュージカルザ・ムービー(ジミー・ザラ)
  • バンド・オブ・ブラザース
  • ブルー・ブルー・ブルー(ジェシー)
  • ボルケーノ

*1 ちなみに、『世紀末オカルト学院』の伊藤智彦監督は、水島が服を脱ぐタイプの声優とはキャスティングの時点では知らなかったとのこと。(⇒
*2 9月3日放送分の次回予告とゲスト出演した9月10日放送分にて。
*3 ちなみに、共にゲスト出演した後藤邑子は「武闘派声優」と紹介された。
*4 製作委員会にフロンティアワークスが入っており、高橋Pが企画を担当している。これはカップリング放映されている『よんでますよ、アザゼルさん。Z』と同じスキームである。
*5 パーソナリティは週替わりとなって(第5回以降は隔週替わり)いる
*6 第197回はOPドラマでオチをちょい足ししたため、代理?として「王様」がゲストになった。
*7 アニメ内では明かされていないが、本名はギデオン・レグラント。
*8 第1話では役名なしでクレジットされている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-01-13 (土) 09:27:21 (218d)