Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

犬夜叉(いぬやしゃ)

高橋留美子による漫画。
週刊少年サンデー」にて、1996年50号から2008年29号まで連載された。全56巻(558話)。
また、東日本大震災復興支援企画として、2013年10号に読切が掲載された。

編集

作品概要

これまでラブコメ・ギャグ要素が強かった作品から、一転してシリアス・バトル要素が強い作品となり、新しいるーみっくわーるどを開拓した。以前から作者がより興味があった伝奇ものの本格連載で、こういった要素は過去に『人魚シリーズ』や『炎トリッパー』でも描かれていたが、本人の連載作品では初となる。平成13年度第47回小学館漫画賞受賞で、作者自身にとっては『うる星やつら』に続く2度目の受賞となった。
人気の高さもあってか2000年は劇団☆新感線とパルコの共同プロデュース公演として舞台化、同年10月にアニメ化された。(後述)

編集

あらすじ

戦国時代、あらゆる願いを叶えるといわれる不思議な力を持つ「四魂の玉」を狙う半妖・犬夜叉を、深手を負いながらも封印した桔梗は死後、遺言から四魂の玉と共に燃やされた。
時は流れて現代。実家が神社の中学生・日暮かごめはある日、戦国時代にタイムスリップしてしまった。そこには桔梗の死後から50年が経ち、神木に封印されている犬夜叉の姿があった。そしてほぼ同じ時期に妖怪たちが再び動き始めた。実はかごめは桔梗の生まれ変わりで、持っていたお守りこそが四魂の玉だったのである。犬夜叉の封印は解かれ、再び現れた四魂の玉をめぐって戦乱が今、幕を開けた。

編集

アニメ版

2000年に読売テレビ(ytv)をキーステーションに日本テレビ系列で放送が開始され、劇場版も4作品作られた。
しかし、2004年の秋頃に「ブラック・ジャック」のアニメの放送が決定したため、御霊丸のエピソードの途中の部分でいったん終了するが、5年後の2009年秋に「~完結編」として放送され、アニメ終了以降に原作で描かれた部分(原作でいう37巻以降)もアニメ化された。

編集

スタッフ

編集

メインキャスト

キャラクターキャスト
犬夜叉山口勝平
日暮かごめ雪野五月
(旧:雪乃五月)
弥勒辻谷耕史
珊瑚桑島法子
七宝渡辺久美子
殺生丸成田剣
りん能登麻美子
桔梗日高のり子
奈落家中宏(初期時)
森川智之(人見蔭刀の姿)
鋼牙松野太紀

アニメ版における久米田作品声優の出演は以下の通り。

絶望改蔵声優
  • 立木文彦(絶望:冬将軍役、改蔵:ナレーション)が九十九の蝦蟇役と九十九の蝦蟇次郎役
絶望じょしらく声優
絶望声優
改蔵声優
  • 山口勝平(とおりゃんせA役)が犬夜叉(主人公)役
  • 石田彰ヌカタ役)が甘利信長役
  • 高岡瓶々(全ギリメンバーA役)が旅僧役
じょしらく声優
編集

久米田康治との関連

編集

かってに改蔵 作品内にて

作中にて度々、本作をネタにしている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2013-05-11 (土) 14:49:12 (1986d)