Tag: モノ 生ビールZ

編集

生ビールZ (なまびーるぜっと)

アサヒビールが1991年に発売、1997年まで販売していたビール。
商品開発コンセプトは「キレ味重視の軽いビール」であった。

編集

概要

アルコール分約5%。日本ではめずらしい上面発酵酵母を採用したビールであった。
一般に上面発酵は香り高いとされるが、同じアサヒビールの「スーパードライ」が好評を博すなど発売当時のビールは切れ味重視の傾向であったため、香りなどの個性は弱めだった。
しかし、1994年にサントリーから「ホップス」、翌年にはサッポロビールから「ドラフティー」といった発泡酒が相次いで発売され、ビール市場では本格的な発泡酒競争が起きると状況は一転する。発泡酒は使用する麦芽比率を抑えることで酒税を低く抑えたもので、味は軽くビールに劣ると評されながらも低価格が功を奏し販売を伸ばしていった。 このため、似たような軽い味わいでありながら価格が安い発泡酒に市場を完全に奪われてしまい、姿を消すこととなった。

編集

CM戦略

歴代CMには、プロゴルファーのグレッグ・ノーマンやビートたけしが出演するなど販売には力を入れていた。後に森高千里がイメージキャラクターに起用され、CMソングも森高による書き下ろしのものが使用された。これらCMソングは改めて『気分爽快』と『素敵な誕生日』に書き直され、いずれもヒットした。
歌詞にある「♪飲もう 今日はとことん盛り上がろう」や「♪いけない私、酔ったかしら」といった歌詞からビールのCMソングであった名残りをうかがうことが出来る。

編集

久米田康治さよなら絶望先生との関係

久米田作品には何度か登場している。
さよなら絶望先生においては、190話で登場した木津千里の姉・木津多祢が愛飲するビールとして登場、以降も木津多祢とともに登場することが多い。
それまでにも、78話100話など何度か登場していた。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-05-29 (火) 16:13:03 (2665d)