久米田ワールド -> {{category 人物}} -> {{category 起業家・政治家など}} -> 白洲次郎

編集

白洲次郎(しらす じろう)

編集

人物·略歴

日本の実業家。 1902年に神戸の貿易商の長男として誕生。英国のケンブリッジ大学に留学後、英語新聞の記者、会社取締役などを務める。 この海外赴任時代に英国大使であった吉田茂と知り合い、戦後に首相となった吉田の側近として憲法草案作成や通産省設立等で尽力する。 この時期に白洲は「戦争には負けたが、奴隷になったのではない」との信念で、GHQ(連合国軍総司令部)の占領政策に真っ向から挑み、「従順ならざる唯一の日本人」と言わせしめた。 吉田の首相退任後は実業界に復帰し、主に電力事業に取り組む。 1985年に死去。

また、プライベートでは長身でオシャレな人物としても知られており、愛車はベントレーやポルシェに乗り、日本でゴルフが殆んど知られていなかった時代からゴルフを嗜んでこれを普及させたり、日本で最初にジーンズを穿いた人としても紹介されている。その写真はモデルと見紛うほどにダンディな姿である。
こうした印象と功績から、2004年〜2006年ごろの出版界では大きく注目され、再評価の書籍などが多く出た。

編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生との関連

作中にて何度かネタにされている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2019-06-16 (日) 22:34:53 (155d)