Tag: 人物 女性芸能人 押尾学 不祥事 矢田亜希子

編集

矢田亜希子(やだ あきこ)


本名生年月日出身地職業
押尾(旧姓:矢田) 亜希子
おしお あきこ
1978年12月23日神奈川県川崎市女優
編集

略歴

編集

清純派女優

トヨタオフィス所属の女優。
神奈川県川崎市高津区出身。日出女子学園高校卒業。
中学2年生の時、母親と原宿で買い物をしていたときにスカウトされ芸能界入り。1995年、『愛していると言ってくれ』(TBS) で、豊川悦司演じる主人公・画家榊晃次の妹役でデビュー。

映画の初主演は2000年「クロスファイア」、ドラマでは02年TBS「マイリトルシェフ」が初主演作品となる。その後も清楚な正統派美人女優というイメージで数々の作品に出演し、大ヒットドラマ『白い巨塔』(フジテレビ系)や「よ~く考えよう…」のフレーズで有名なAflacのCMやジョージアのCMで知名度を上げ、「CMの女王」「視聴率の女王」「お嫁さんにしたい芸能人No.1」と絶賛された。

編集

プレイボーイ・押尾学と結婚

2005年10月、名うてのプレイボーイとして知られた押尾学との交際が報道される。
2000年に放送されたドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)での共演で出会った二人は、2005年4月からTBS系で放送されていたドラマ「夢で逢いましょう」で再共演したことを期に急速に距離を縮め、交際に発展したと言われている。
しかしながら清純派女優としてのイメージ戦略を取って来た矢田に押尾の破天荒ぶりはマイナスイメージであることに加え、押尾学その振る舞いから所属事務所・研音から事実上「解雇」されて無職状態になったことなどから、当初は所属事務所が交際に猛反対していたという。結果として所属事務所ともギクシャクしてしまい、2005年10月に突然オフィシャルファンクラブが解散したりと迷走してしまう。

案の定、押尾学との交際が明らかになってからは人気が急落してしまい、企業イメージに合わないとしてAflacのCM契約も2006年7月28日に打ち切られてしまう。女優業に関してもこの時期に放映されていたフジテレビ系ドラマ『トップキャスター』(フジテレビ系;2006年4~6月)以降、目だった芸能活動はなくなってしまう。
2006年11月13日、押尾学と結婚したことを発表。2007年11月19日には第1子(長男・りあむ)を出産している。出産以後は芸能界の活動から遠ざかっていたが、2009年1月から放送されたドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」に出演し、2年9ヶ月ぶりに芸能界に復帰した。しかし、目立った活動は今も控えている。

編集

夫が麻薬取締法違反で逮捕、そして離婚

2009年8月3日には夫の押尾学が麻薬取締法違反(MDMAの使用)で逮捕。 矢田は事件の一報を受け、ショックのあまり泣き崩れたという。周囲には押尾容疑者が薬物を使用していたことは知らなかったと説明し「裏切られた」との思いを吐露しているという…。また、事務所を通じて「妻としての責任も強く感じております」と謝罪したが、一方で、別居状態であったこともさりげなくアピールしている。

事件から5日後の8月7日、押尾学と正式に離婚したことを表明した。

編集

久米田康治さよなら絶望先生との関連

久米田先生も一時期、矢田亜希子ファンであったらしい。89話『『充電ですの。』とヤダちゃんが小声で言った。』のタイトルに矢田の名前が使用されている。
しかし、さよなら絶望先生連載直後には押尾学との交際が発覚しており、以降は押尾ネタ関係で何度か登場している。27話では「寝た相手・O尾が間違い」と、また29話では風浦可符香に「死んでいるかのような活動の休止」の例として揶揄されている。 続く34話 に至っては羅列ネタで「矢田亜希子のことが本気で心配だ。」と取り上げられる始末。
38話では、上述のファンクラブ解散がネタにされた。 以降も散発的に「期待はずれの清純さ」(58話)、「焼け太りならぬ焼けっぱなし」(95話)などと取り上げられていたが、押尾との結婚以降はメディア露出も減ってしまいネタにされることもほとんどなくなってしまった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2009-08-07 (金) 22:42:41 (3666d)