Tag: 漫画家

編集

福本伸行(ふくもと のぶゆき)

生年月日出身地職業
1958年12月10日神奈川県漫画家

代表作は『天-天和通りの快男児』『アカギ-闇に降り立った天才』『銀と金』『カイジ』シリーズ*1など。

線の太い強烈な人物描写で、極限の勝負に賭ける男達を描いた作品が多い。
非常に緻密な心理描写を特徴とし、心理戦の描写では「ざわ…ざわ…」という独特の擬態語を用いている。

2000年に週刊少年マガジンで『無頼伝 涯』を連載していたが、当時の週刊少年マガジン連載作品で人気が高かったのがラブコメディ作品の『ラブひな』であったことと、福本先生が得意としている私利私欲にまみれた人間の心理描写や大人目線での台詞回しが、当時のマガジン読者には到底受け入れにくいものであったことなどの理由が重なって*2、翌年の2001年に打ち切りにされてしまった。*3
その後、『無頼伝 涯』での失敗をバネにして、2007年から『賭博覇王伝 零』を連載しており、こちらは人気連載作品となっている。*4

編集

久米田康治との関連

絵・内容ともに(良い意味で)特徴的であり、たびたび久米田先生にネタにされている。

編集

さよなら絶望先生作品内にて

編集

さよなら絶望放送内にて


*1 『賭博黙示録カイジ』『賭博破戒録カイジ』『賭博堕天録カイジ』『賭博堕天録カイジ 和也編』とシリーズが展開中。
*2 例としては、作中の悪役である平田が当時話題となっていた少年法を悪用していたことに対し、「自分は『少年法をこのように使え』という国からのメッセージを受け取り、実行したに過ぎない」と見苦しい言い訳を言うシーンがあり、これが多くの読者からの反感を買ってしまった。
*3 福本先生自身も「マガジン読者の心情を読めず、不人気の末に打ち切られた失敗作である」と認めている。
*4 2009年3月から一時休載しており、2011年7月より連載再開している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-04-25 (水) 19:50:25 (201d)