Tag: 漫画家

編集

竹本泉(たけもと いずみ)


本名生年月日出身地職業
竹本 謙
たけもと けん
1959年1月19日埼玉県漫画家


編集

略歴・人物像

日本大学経済学部卒業。大学時代に「なかよしマンガスクール」に投稿を始める。
デビュー作は少女マンガ誌『なかよし』1981年8月号掲載の「夢見る7月猫(ジュライキャット)」。
数年間『なかよし』系雑誌で連載の後、徐々にゲーム誌やマニア系少年誌等へ活躍の場を移すが、その作風はあまり変わっていない。

代表作は、「あおいちゃんパニック!」「ねこめ~わく」「てきぱきワーキン♥ラブ」「よみきり♥もの 」等。

ほのぼのとした作風の、変な話を得意とする。ジャンルは学園ものと未来SFが多く、ゲームエッセイ、猫エッセイ等も描いている。
また根っからのSFファンであり、作風にもそれが反映されている。
なかよし』に、SF風味満載の「あおいちゃんパニック!」が掲載されたことで、 SFファンの注目を集めた。

絵柄は、Gペンの太い線にもかかわらず、シンプルでかわいらしい画風である。
背景の作画を省力化するために独自の画風を生み出したが、それ故に背景をアシスタントに任せられず、自分で描いている。

竹本泉作品のアニメ化については、過去に何度か企画があったものの、 機会に恵まれず実現していない。

ゲーム「ゆみみみっくす」の原作(及び絵コンテ、レイアウト)を手がけた。
フルボイスの全編アニメーションなゲームとして、時代に先行した秀逸な作品であり、ここでまた多くの新規ファンを獲得した。 竹本泉ワールドをよく表現できている作品として、元からのファンにも高い評価を得ている。他にも数本のゲームがあり、複数の機種に移植されている。

編集

久米田康治との関係

竹本泉の単行本「トゥインクルスターのんのんじーEX」(白泉社)に、久米田康治を含む12人の作家がゲストページを描き、竹本先生もお返しに各作家のキャラを描くという企画ページがあった。

編集

さよなら絶望先生作品内にて

俗・さよなら絶望先生 第8話エンドカードを描いた。

編集

参考資料


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-04-03 (火) 20:21:31 (174d)