かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第12巻 かってに改蔵新装版第7巻


編集

第127話『罪深き元旦』

1989年の映画『罪深き天使たち』からであろうか。

編集

作品情報

2000年12月28日発売、週刊少年サンデー第4・5号に掲載。12巻4話


編集

P

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

いつにも増してめでたい新世紀の正月だというのに、何をそんなに怖がっているのかな、改蔵くんは?

編集

P53

編集

扉絵

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

新世紀ですもの…
めかしこんで迎えましょう。

編集

20世紀の人類の遺産!!

編集

P57

編集

1コマ目

編集

名取羽美「一年の()は元旦にあり!!」

正しくは「一年の計は元旦にあり」つまり「1年間の計画を年の初めに決めておくと良い」の意。

編集

P58

編集

1コマ目

編集

ジャン○を金曜日に買ってしまった罪とか

当時『週刊少年ジャンプ』の正式な発売日は火曜日だった*1が、店によってはその数日前に発売する、いわゆる「早売り」がある。ちなみに出版社は早売りを認めておらず、早売りが発覚した書店には出荷を取り止めるという罰を与えている。

編集

P59

編集

コマ目

編集

P60

編集

コマ目

編集

P61

編集

コマ目

編集

P62

編集

コマ目

編集

P63

編集

3コマ目

編集

名取羽美「人を裁きし者はみなマントを着用してるでしょ!!」

編集

ゼウス

ギリシャ神話の最高神、ゼウスのこと。

編集

サタン

編集

王様

編集

編集長

どんな編集長ですか……

編集

P64

編集

コマ目

編集

5コマ目

編集

名取羽美「まず改蔵くんが6月に犯すであろう…… 町内のすべての表札を武論尊に書き換える罪について!」

漫画原作者の武論尊。史村翔のペンネームも持つ。代表作は『ドーベルマン刑事』『北斗の拳

編集

P65

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「それ、中世の拷問器具だろ!!」

この拷問器具の名前は「鉄の処女」である。似た物には「アぺガの像」、「バートリ夫人の吸血人形」がある。 串刺しにする器具でかなり大がかりな器具でもある。 しかし、事実使用されていたのか疑問がもたれている上に、本来は、飢餓拷問に使う器具に無理やり 釘を付けた。と唱える学者もいる。

編集

P66

編集

5コマ目

編集

名取羽美「ああ極刑の数々よ!!」

編集

極刑の例

編集

カプセルに入れられ宇宙に放り出される

アニメ「機動戦士Vガンダム」で、ザンスカール帝国のファラ・グリフォン中佐に下された宇宙漂流刑か。

編集

カーボンで固められる

映画『スターウォーズ エピソードV 帝国の逆襲』で、ハン・ソロが帝国軍に捕まった時に、カーボン冷凍の実験台にされる。その後、犯罪王のジャバに引き渡せられますが、次の『エピソードVI ジェダイの帰還』で解凍される。

編集

あらゆる苦痛を一万年かけて与えられ続けそれを一万回くり返す

漫画『幽☆遊☆白書』で、戸愚呂弟があの世で自ら望んで受けた刑。対価として、死者を一人あの世からこの世に戻せる。

編集

顔だけ出して埋められる

これの元ネタは「鋸引き刑」の穴さらしだと思われる。
鋸引き刑とはその名の通り鋸で人体切断する処刑方法で、日本と西洋で行われていた。
西洋は吊るして切るが、本題の穴さらしは日本の江戸時代からあったといわれている。
穴さらしとはその名の通り、穴に入れて(俗に言う生き埋め状態)少しずつ首を切断する方法で、一週間くらいかけて行われていたといわれているが、時が立つと鋸引きはしないで、処刑方法が決定するまでの時間は、穴さらし状態にしていたそうである。織田信長が、自分を狙撃しようとした刺客に対し行った刑罰としても有名。

編集

希望の船に乗せられ絶望の城に連れていかれ欲望の沼に叩き落とされる

漫画『カイジ』の各章の副題の事。一章が希望の船、二章が絶望の城、三章が欲望の沼である。

編集

馬におなり

編集

おやつあげないわよ!

『魔法使いサリー』に登場する花村よし子と三つ子の弟のトン吉、チン平、カン太より。
度々いたずらをするやんちゃな弟三つ子をよし子が叱るときの決め台詞。

編集

P67

編集

5コマ目

編集

名取羽美「ヤギはなめるのをやめない。そのザラザラの舌で!!」

(あくまでも漫画的表現ですが)作中では塩がなくなってもなめ続けるとあるが、血液には塩分が含まれている為に、厳密には違う。そもそも塩分がある為足裏をなめるので、塩がないとなめない。
もちろん、摩擦で発火はしません。

編集

P68

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

驕れる山田家も久しからず……それにしても、改蔵といい山田さん家といい原因はすべて羽美ちゃん……


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第12巻 かってに改蔵新装版第7巻

第127話『罪深き元旦』

*1 ただし実際には多くの地域で月曜日に発売しており、2003年に月曜日が正式な発売日になった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2015-12-23 (水) 23:29:17 (972d)