かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第2巻


編集

第15話『あの夏一番ウルサイ海』

北野武監督映画『あの夏いちばん静かな海』より。

編集

作品情報

1998年8月4日発売、週刊少年サンデー36号に掲載。


編集

P47

編集

あおり文(雑誌掲載時のみ)

編集

夏だ!海だ!Hな水着だ(はぁと)

編集

今週は水着がいっぱい読者サービス(はぁと)

編集

4コマ目

編集

名取羽美「どこからともなく流れるサザン…」

湘南出身の桑田佳祐がリーダーを務めるバンド:サザンオールスターズ。湘南周辺の地名が歌詞にたびたび登場する。

編集

P48

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

今日は楽しい海水浴(はぁと) 科特部もそろって海へやってきました。もちろん、普通には終わらない!!

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「打ち上げられた紫色の水死体…」

死体役は坪内地丹

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「黒一色のふなむしの群れ…」

編集

4コマ目

編集

勝改蔵「海辺に流れるさだまさしの曲…」

編集

P49

編集

2コマ目

編集

名取羽美「ぶ…部長けっこー胸あるんですね。」
勝改蔵「……ミサイルでるのかな。」

永井豪先生の漫画『マジンガーZ』に登場する女性型ロボット「アフロダイA」に搭載されたおっぱいミサイルのこと。ストーリー上ミサイルで撃っても効かないのでマジンガーZが登場するという展開のためだけに発射されるのだが、操縦する弓さやかが「おっぱいミサ~イルッ!」と絶叫しなければ発射できない困りもの。

編集

7コマ目

編集

彩園すず「ここは千葉県負浦海岸よ。湘南じゃないわよ。」

千葉県・勝浦のパロディ。
岩場が多いので、どちらかというと海水浴というより釣りスポット。

編集

P50

編集

コマ目

編集

P51

編集

5コマ目

編集

看板「ようこそ湘南の海へ 負浦湘南海水浴場」

いわゆる便乗商法。

編集

P52

編集

1コマ目

編集

Tシャツ「負浦を湘南にする会」

編集

3コマ目

編集

坪内地丹「負浦湘南海岸…」
彩園すず「商店街の○○銀座みたいなものかしら。」

編集

欄外

編集

・ちなみに琵琶湖には琵琶湖カリブ海というのがあるらしい。

編集

7コマ目

編集

会長「知ってるさ、湘南のステキさくらい!」

編集

湘南のステキなところ

(1)海辺にバイクが止めてある。
近藤真彦の『ハイティーン・ブギ』(1982年)にも同様の歌詞がある。
(2)砂に書いたラブレター。
アメリカの歌手パット・ブーンの代表曲『砂に書いたラブレター(Love Letters In The Sand)』。1957年の映画「バーナディーン」の挿入歌に採用され大ヒットした。
湘南というならばサザンオールスターズの『真夏の果実』にも「砂に書いた名前消して」のフレーズが存在する。また、Kiroroの『最後のKiss』(1998年)にもこのフレーズが登場する。
(3)波はジェットコースター。
KinKi? Kidsの『ジェットコースター・ロマンス』(1998年)の歌詞。
編集

P53

編集

2コマ目

編集

雑誌「でもわかる HOW TO湘南 これぞ湘南完全」

編集

P54

編集

6コマ目

編集

坪内地丹「今の江ノ電は1002形なんですよね。」

編集

8コマ目

編集

坪内地丹「東海道線と小田急線も通ってましてですね。」

東海道線
東京駅から神戸駅へ通じる路線。湘南では茅ヶ崎駅に停まる。
小田急線
小田急江ノ島線が相模大野駅から片瀬江ノ島駅へ走っている。
編集

P55

編集

コマ目

編集

P56

編集

4コマ目

編集

勝改蔵「近年スイカ割りは、残酷だという欧米諸国の圧力で、行われていないのだ。」

編集

P57

編集

コマ目

編集

P58

編集

7コマ目

編集

勝改蔵「湘南の海は甘いのだ。」

編集

P59

編集

1コマ目

編集

海が甘くなるとこんなにいいことがある

(1)甘いもの好きのピチピチGALが押しよせる。
(2)人口呼吸が初恋の味(甘い)。
人工呼吸。
(3)甘えびがもっと甘えびになる。
編集

3コマ目

編集

勝改蔵「湘南の海には、乙女たちの甘くせつない思い出がとけこんでいるから、甘いのかもな。」

編集

乙女の甘くせつないおもひで

ひと夏の恋
亀を助ける
浦島太郎のこと。
片焼け
編集

4コマ目

編集

会長「そうか、この海がしょっぱいのは、汗臭い地元の男たちのもーんとしたしょっぱい思い出がとけこんでいるからか!」

編集

もーんとしたしょっぱい思い出

エロ本見つかる
ブルマーを盗む
カーセックスをのぞく
編集

P60

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「長い年月を経て、多くの人々の努力によって、少しずつ甘くなってきたのだ!」

編集

湘南を甘くした偉人たち

編集

勝改蔵「長い年月を経て、多くの人々の努力によって、少しずつ甘くなってきたのだ!」

編集

湘南を甘くした偉人たち

加山ゆうぞー
サザン
編集

4コマ目

編集

若大将「ぼくもこの海がいつか湘南になれるよう協力しよう。」
勝改蔵「あなたは湘南を最も甘くした若大将!!」

加山雄三のこと。

編集

7コマ目

編集

若大将「しわしわだな~~」

加山雄三の歌『君といつまでも』の間奏でささやかれるセリフの「しあわせだなあ」パロディ。

編集

P61

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

ひと夏の思い出…それは、甘くせつない。地丹の思い出は、辛く厳しいサバイバル…って悲惨だ。


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第2巻

第15話『あの夏一番ウルサイ海』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-04-22 (日) 23:11:36 (2730d)