かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第16巻 かってに改蔵新装版第9巻


編集

第178話『ああ小麦峠』

山本茂実のノンフィクション小説「あゝ野麦峠」より。

編集

作品情報

2002年1月21日発売、週刊少年サンデー第8号に掲載。16巻11話


編集

P

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

先週いないと思ったら、こーいう事でした…

前々回の終わりで羽美が改蔵の頭を岩で殴打したため、改蔵が意識不明になっている。

編集

ぶっちゃけて今一番旬のギャグだよ。

編集

P

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

緊急事態!?

編集

P175

編集

4コマ目

編集

恋愛成就峠→彼女の家をつきとめる所で…

恋愛において、相手の情報を知るのは恋愛成就において重要な行動であリ、段階である。が「つきとめる」という行為は恋愛では無いのでは・・・いえ、愛が重いんですね・・・分かります。

編集

H画像見る峠→履歴の消し方を覚えた時

共用パソコンにおける悲劇の事。パソコンは、検索履歴と閲覧情報をある程度残しながら動いており、両方きちんと消しておかないと、他の人が使った時に、H画像を検索するときに使った単語がずらずらずらっと他人の目の前で表示されたり、どんなエロ画像を見たかファイルごと残っているのを見られたり、どんな動画をブラウザで見ていたかキャッシュからばれたりと、とにかくパソコンの残す情報は共用パソコンでは面倒な事この上ないので、これを見ている学生諸君は履歴の消し方を学んでからエロサイト巡りをするように心がけるべし。また、鋼の錬金術師でもおまけ漫画でエドワード・エルリックのインターネット使用時の検索履歴がずらずらずらっと表示されてエドが狼狽するものがあった。

編集

ICO峠→風車のステージかな

PS2ゲーム『ICO』より。風車と風車を飛び移る箇所があるが、高さやタイミングを誤るとゲームオーバーになってしまうという、ある意味難所の1つ。

編集

映研特撮映画制作峠→女優が見つかる(探すの大変らしいですよ)

こういった手合いの個人製作特撮は、女優には変な役が与えられたり、変な事されたり、変な衣装を着せられるといった『罰ゲーム』的なイメージを持たれている為、出演してくれる女優を探すのは大変である。

編集

マリオ峠→8-3(ハンマー投げてくるあいつ)

『スーパーマリオブラザーズ』のハンマーブロス。 かなりの強敵。8-3にたくさん現れる。

雑誌掲載時は誤記で「8-2」となっていた。ちなみに8-2は序盤にジュゲム、ジャンプ台を使って出せる1UPキノコ、ダッシュジャンプしないと届かない穴があったりする。

編集

信長の野望峠→四国を長宗我部で統一した時

長宗我部氏は四国土佐国の武将。ゲーム『信長の野望』でも登場しますが、他の四国大名より概ね高い能力値がつく場合が多いので、四国を統一するのはさほど難しくありません。

編集

ダイエット峠→みのを信じなくなった時

当時日本テレビ系列で放送されていた番組「午後は○○、思いっきりテレビ!」のこと。
みのもんたが司会を務めていて、特集としてダイエットに効果的な方法などを紹介していた。
しかし、ダイエットは日々の生活習慣の改善やダイエットを続けようとする意思が一番大事であり、番組で放送された方法を試しただけでは痩せることは不可能であり、次第に番組の特集を信じなくなった視聴者が続出した。

編集

リストラ峠→ダンボールがあったかいと思えるようになった時

野宿生活の試練です。

編集

まんが峠→まんが道にもいろいろな道があると気づいた時

過程も、分野も、栄枯盛衰も、本当に様々、紆余曲折です。

編集

アニメ化峠→ボクには越えられません

17年目にてやっと越えられました

編集

P176

編集

コマ目

編集

P177

編集

6コマ目

編集

「選手としての峠を越えちゃった感のあるくわわ投手や、なかむれ捕手 たから格闘王・・・」

・くわわ投手
読売巨人軍の桑田真澄投手(当時)。1995年に、右肘側副靭帯断裂の重傷を負い、靭帯移植手術のため渡米。カムバックを果たした1997年には10勝をあげ、1998年には最多勝争いに加わる16勝を挙げたが、手術前と同じ投球には及ばず、以降は防御率も4点台を切れず中継ぎや抑えなど流転の起用になっていく。
2001年オフに引退を決意するが、長嶋茂雄に代わって巨人監督に就任した原辰徳から声を掛けられ、現役を続行する。
・なかむれ捕手
元中日ドラゴンズの中村武志捕手(当時)。80年代後半から90年代の中日バッテリーを支えるエース捕手として活躍し、2回のリーグ優勝に貢献する。
2001年からトレードで横浜ベイスターズに移籍。
・たから格闘王
プロレスラー・格闘家の高田延彦(当時)。80年代から90年代にかけてはUWFのスター選手として活躍。
1996年にUWFが解散し、のち総合格闘技マット・PRIDEの旗揚げに携わる。しかし1997年と1998年にヒクソン・グレイシーに2度敗れて評判を落とし、のちの戦績もマーク・ケアー(負け)、ホイス・グレイシー(負け)、イゴール・ボブチャンチン(負け)、ミルコ・クロコップ(引き分け)、マイク・ベルナルド(引き分け)と精彩を欠き、メインイベンターから降格。
編集

P178

編集

コマ目

編集

P179

編集

コマ目

編集

P180

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

この原稿は年末進行の峠に作成されたものです。先生頑張ってくれたのでいいお正月を越せました(担)

この欄外文からこの回は、年末ごろに描かれたということになる。


編集

かゆいところ

ギャラリーの一部、そして擬音はしげの秀一の漫画『頭文字D』を意識したものとなっている。


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第16巻 かってに改蔵新装版第9巻

第178話『ああ小麦峠』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2011-11-02 (水) 16:21:56 (2481d)