かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第17巻 かってに改蔵新装版第9巻


編集

第183話『NYへ行きたいかぁ~』

日本テレビ系列でかつて放送されていた「アメリカ横断ウルトラクイズ」において出てくる決まり文句でおなじみ。

編集

作品情報

2002年発売、週刊少年サンデー第13号に掲載。17巻5話


編集

69P

編集

扉絵

アメリカンな制服衣装の羽美。アメリカっぽくバスとバス停が。

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

日本の教育期間からはじかれたの?

編集

UMI in American Highschool

編集

万パンネタがザックザク!

単行本のお知らせ

編集

P

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

どうせやるならビッグな所で。一度は夢見ますよ、僕たちも。でもね、落とし穴もいっぱいあるんだよ…

編集

70P

編集

1コマ目

改蔵「なんてゆうか日本のアニメやゲームやまんがが海外で評判らしいですねっ。」

編集

72P

編集

2コマ目

編集

改蔵「つまりFFでいうとこの…インターナショナル版ですよ!!」

FFシリーズにはインターナショナル版があり、アメリカで発売された際に追加された要素を逆輸入して日本で発売されている。

編集

74P

編集

2コマ目

編集

光中さん

デザインからすると社会現象にもなったピカ…

編集

P77

編集

9コマ目

編集

勝改蔵「たしかにタイトルが変わることなんて普通のことですものね。」

編集

Astro Boy←鉄腕アトム

アメリカでの「鉄腕アトム」のタイトル。
このようなタイトルとなった理由として、「アメリカにおける『アトム』の意味は『オナラ』であり、下品と受け取られる可能性があるため」といわれている。
また、原作でのアトムの誕生日2003年4月6日を記念してリメイク版のアニメが「アストロボーイ 鉄腕アトム」のタイトルで放送開始された。その際に下述のロックマンを連想させるような武器が追加されたが、かつてロックマンがアトムのゲームとして発売する案が出されたことがあることや、講談社コミックボンボンで連載されていた漫画が、鉄腕アトムを意識して手塚プロダクション出身の池原しげとに執筆させていた過去を考えると皮肉なものだった。

編集

Speed Racer←マッハGO!GO!GO!

「マッハGoGoGo?」のアメリカ版アニメ「The New Adventures of Speed Racer」。
2008年には実写版映画「Speed Racer」が公開されている。

編集

Robotech←超時空要塞マクロス

アニメ「ロボテック(Robotech)」は、ハーモニーゴールドUSA製作によるアメリカのアニメ作品。
タツノコプロがハーモニーゴールドUSAとライセンス契約(著作権放棄含む)を結び、「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」の3作品を改変再編集し、一つの作品としたもの。これはアメリカのテレビ放送が一つの作品では尺(話数)が足りないため、3作品の折衷となったという事情がある。
「ロボテック」は、アメリカで日本製アニメが受け入れられる契機となった作品のひとつに挙げられる。しかし、タツノコプロ側の著作権放棄により日本の制作テロップが除かれているため、アメリカ製のアニメと疑わないアメリカの視聴者も少なくない。
なお、劇場版「超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか」は契約に含まれていない。そのため後に米国で販売された「愛おぼえていますか」のビデオを見た視聴者は、「ロボテック」と「超時空要塞マクロス」のストーリーのあまりの違いに驚いたという。

また、これとは別に本放送当時スポンサーだったタカトクトイスから発売されていた可変バルキリーの玩具(通称タカトクバルキリー)が、タカトクの倒産後、開発を請け負っていたマツシロがバンダイの子会社になるまでは輸出商品として扱われていた。その時に米国ハズブロ社により「スカイファイアー」の名前でトランスフォーマーに採用されてしまった。
スカイファイアーはTVアニメにも登場したが、その際には権利問題を考慮してか大幅にデザインを変更(特に頭部)して描かれていた。

編集

SamuraiX←るろうに剣心

アメリカで『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の劇場版アニメとOVAは『SamuraiX』、原作漫画とテレビアニメは『Rurouni Kenshin』の名で出ている*1
また、この海外版の音声や映像を編集した動画がニコニコ動画で「フタエノキワミ アッー!」として大流行したが、かつてるろうに剣心のアニメを放送していたフジテレビが著作権の侵害を主張してきた為、一斉削除される羽目に…

編集

MEGAMAN←ロックマン

テレビゲーム『ロックマン』シリーズ。rockには「麻薬」の意味もあるので、rockmanだと「麻薬中毒者」ととられてしまうので、名前を変えた。勿論本当はそういう意味ではなく、妹のロールと合わせて「ロックンロール」が元になっている。他にも、メインキャラクターや一部の特別なボスの名前は、音楽関連の単語が元ネタになっている。(ブルース、演歌、クインテットなど)
どうやらアメリカでは、硬派なアクションゲームが好まれる傾向があるらしく、このMEGAMANも日本人のファンが羨ましがる程の人気でアメリカで独自にアニメが制作されている。当然アメコミテイストで、キャラがやたらにマッチョ体型になっていた……

編集

RESIDENT EVIL←バイオハザード

ゲーム「バイオハザード」シリーズの欧米版タイトル。
「BIOHAZARD」が欧米ではすでに商標登録されていたため「RESIDENT EVIL(邪悪な居住者)」に改題された。
ちなみに、「バイオハザード7 RESIDENT EVIL」の欧米版タイトルは「RESIDENT EVIL7 BIOHAZARD」となっている。

編集

Spirited Away←千と千尋の神隠し

宮崎駿監督、スタジオジブリ制作の「千と千尋の神隠し」の英語版タイトル。
直訳すると「神隠し」の意味。

ちなみに、他の言語では仏語「Le Voyage de(千尋の旅)」、独語「Chihiros Reise ins Zauberland(千尋の魔法の国の旅)」、伊語「La città incantata(魔法にかけられた都市)」などがある。

編集

10コマ目

編集

光中「ナディアはアメリカではアトランティスというタイトルで上映されているんだ。」

改蔵の言う通り別ものである。 『不思議の海のナディア』は1990年放送、『アトランティス 失われた帝国』は2001年公開の映画であり、どちらもジュール・ヴェルヌの『海底二万里』を原作(ナディアは原案)としているが、原作に登場しない褐色少女や眼鏡少年など、アトランティスはなぜかナディアとの類似点が多い。

編集

83P

編集

5コマ目

編集

チタン「だいたい笑いなんて狭きゃ狭いほど、わかる人間にはおもしろいんだよ‼」

編集

P

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

前田くんはトランクスを70着も持ってるの。それもキャラもんばっか。爆笑。面白いんですってば。


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。

  • ロックマンはアメリカではロックという言葉に麻薬等の意味があるのでMEGAMANになっているそうです -- 2009-09-05 (土) 14:51:17


Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第17巻 かってに改蔵新装版第9巻

第183話『NYへ行きたいかぁ~』

*1 ちなみに作者は前者の題を気に入り、『武装錬金』に登場した日本刀の武装錬金を「ソードサムライX」と名付けた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2017-08-04 (金) 19:36:47 (744d)