かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻


編集

第188話『ソ~は黒い空~♪』

ドレミの歌の歌詞の一部「ソ~~は青い空♪」より。 週刊少年サンデー掲載時は表紙に「呪のメロディ~奏でるにょ」とあった。

編集

作品情報

2002年発売、週刊少年サンデー第18号に掲載。17巻10話


編集

P149

編集

扉絵

グランドピアノで演奏する羽美。

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

呪いのメロディー奏でるにょ。
ネコ死んじゃった~♪
ネコ死んじゃった~♪
ネコふんづけた~ら~♪
死んじゃった~♪

「ネコ踏んじゃった」を替え歌。語尾の「にょ」はデ・ジ・キャラットを意識?

編集

P150

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

あこがれる。この力は。今から身につけたい。

編集

4コマ目

編集

張り紙「96時間 ヴェクサシオン演奏会」

エリック・サティ作「ヴェクサシオン」は主題と二つの変奏を840回繰り返す、西欧音楽史上最長の作品。
演奏するのにはあまりにナンセンスな音楽(山なし、オチなし、意味なしの展開も発展もない構造)である。 コンサートという制度のなかで演奏されることを拒む音楽であり、1963年9月9日、ジョン・ケージらによって初演されたが、演奏時間18時間40分であった。
なお、タイトルのヴェクサシオンの意味は「嫌がらせ」「癪の種」という、文字通り嫌がらせのタイトルである。

編集

P151

編集

2コマ目

編集

坪内地丹「絶対音感ってなんですか?」

編集

3コマ目

編集

彩園すず「比較する音がなくてもドレミファ・・・の音階を聞きわける能力よ。」

編集

4コマ目

編集

彩園すず「楽器の音はもちろん、日常のすべての音を・・・ドレミファソラシドで聞きわけることができる力よ。」

藤子・F・不二雄先生の漫画『ドラえもん』に登場する骨川スネ夫がいる。
てんとう虫コミックス4巻収載『メロディーガス』の「おならで演奏できる『メロディーいも』でのび太が演奏していた話」と、てんとう虫コミックス32巻収載『スネ夫のおしりがゆくえ不明』で「スネ夫がメロディーいもでおならをすることで行方不明となったおしりを捜索する」という二つのエピソードが混合された内容の絵になっている。

編集

P152

編集

コマ目

編集

P153

編集

1コマ目

編集

テレビ:『教えてちょうだいレクター博士・・・』

映画「羊たちの沈黙」に出てくるレクタ―博士

編集

3・5コマ目

編集

男「この声 戸田K子じゃん。え?知らない?アンペンマンとかの人だよ、あとまちるださん。」

声優・女優の戸田恵子のこと。
子役出身で一時はアイドル歌手路線をとっていたが売れず、1979年にアニメ『無敵鋼人ダイターン3』で声優に転じる。同年に続けて出演した『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で名を知られるようになった。その後も『ゲゲゲの鬼太郎』(1985年の第3シリーズ)の鬼太郎役、『キャッツ♥アイ』の来生瞳役、『きかんしゃトーマス』のトーマス役、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役などを担当し、子供たちから絶大な人気を受ける大物声優となった。洋画の吹き替えも多く担当しており、ジュリア・ロバーツやジョディ・フォスターの吹き替えも行っている。
1994年ごろから女優業にも復帰し、テレビドラマ『総理と呼ばないで』で連続ドラマデビュー。その後『ラヂオの時間』『HR』などの三谷幸喜作品の常連となる。他にも『ちゅらさん』『ショムニ』などで好評を博している。

編集

P154

編集

2コマ目

編集

男1「あっブライトさんの声の人だ。」
男2「あっむー○んパパの声の人だ。」

声優・鈴置洋孝のこと。 アニメ「機動戦士ガンダム」のブライト・ノア役として著名。
他にも「ドラゴンボール」の天津飯役、「るろうに剣心」の斎藤一役、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍役、「キャプテン翼」の日向小次郎役など。

「ムーミン」のムーミンパパ役は1969年版と1972年版は高木均、1990~1991年に放映された「楽しいムーミン一家」では大塚明夫が演じている。
尚、大塚明夫と鈴置洋孝は「ゴーストバスターズ2」(DVD版)、「デイズ・オブ・サンダー」(Blu-ray/DVD版)、「機動警察パトレイバー」(TV版30~34話/OVA後期 1話)、「ドラゴンハート」のTV吹き替え版で共演しているが、他にもあるかもしれない。

編集

P155

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「ブラピが山ちゃんにしか見えなくなったら、ファイトクラブがおはスタになってしまいます!!」

TV番組『おはようスタジオ』(通称:おはスタ)の司会も務める声優・山寺宏一のこと。
アニメだけでなく、洋画吹替ではブラッド・ピットを初めロビン・ウイリアムズ、トム・ハンクス、ジム・キャリー、マイケル・J・フォックスなどの吹替もしている大物声優である。

「ファイトクラブ」のBlu-ray/DVD版では彼がブラッド・ピットが演じるタイラーを吹き替えている。
テレビ放送版では改蔵声優の堀内賢雄がタイラーの吹き替えを担当した。

編集

4コマ目

編集

張り紙「ナカイの♪~エンダ~のテーマ リサイタル」

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループSMAPの中居正広が、映画「ボディーガード」の主題歌でホイットニー・ヒューストンが歌う「I Will Always Love You」のサビ部分「エンダ~」をSMAPxSMAP等でよく歌っていたことからか?

ちなみに中居の歌唱力は『ドラえもん』のジャイアン程ではないにせよ、曲によってはソロでは聞き苦しいことで有名であることから、リサイタルはジャイアン・リサイタルからの発想であろう。

編集

P156

編集

1コマ目

編集

ぎいいいっ 「大山のぶえ!?」

女優・声優・エッセイストの大山のぶ代のこと。
アニメ『ドラえもん』のドラえもん役としてあまりに著名であるが、それ以外にも「無敵超人ザンボット3」の神勝平役などでも有名。実は、短期間ではあるが『サザエさん』の磯野カツオ役(初代)でもあった。

編集

3コマ目

編集

ぴいいいいっ 「亀谷明!!」

声優・神谷明のこと。
若かりし日にはその熱血演技から「叫びの神谷」とも呼ばれ、1980年代には『週刊少年ジャンプ』連載漫画のアニメ化作品に多数出演。『キン肉マン』のキン肉スグル役、『北斗の拳』のケンシロウ役、『シティーハンター』の冴羽獠役などで、当時の少年たちからも大変な人気を博した。一方で、その甘くダンディな声質を 高橋留美子に大層気に入られており『うる星やつら』の面堂終太郎役や『めぞん一刻』の三鷹瞬役を指名されている。90年代以降も『名探偵コナン』の初代毛利小五郎役を担当していた。
圧倒的な存在感を示す超大物声優。

編集

4コマ目

編集

ぼーんぼーん 「はやしべらめぐみ!!」

声優・林原めぐみのこと。
高橋留美子作品、『らんま1/2』の早乙女らんま役で大ブレイク、1990年代には第3次声優ブームの頂点に立つなど絶大な人気を誇り、現在に続く「アイドル声優」の第一人者でもある。代表作はアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ役、『名探偵コナン』の灰原哀役、『ポケットモンスター』のムサシ役、『スレイヤーズ』シリーズのリナ=インバース役、『魔神英雄伝ワタル』の忍部ヒミコ役、『デ・ジ・キャラット』のピョコラアナローグⅢ世役など他多数。

編集

5コマ目

編集

ドクンドクン オラ、ドクン 「ついには耳をふさいでも自らの心臓の鼓動さえ、野沢ましゃ子の声で語りかけてくるのです!!」

声優・野沢雅子のこと。
アニメ『ドラゴンボール 』 の孫悟空役*1としてあまりにも有名。そのほかにも『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎役、『銀河鉄道999』の星野鉄郎役、、『ど根性ガエル』のひろし役、名作劇場「あらいぐまラスカル」のラスカル役など他多数。アニメ作品の初アフレコは『鉄腕アトム』であったという、まさに日本のアニメの生き証人ともいえる存在である。

編集

7コマ目

編集

勝改蔵「ちなみに某まんが家の側の小学校のチャイムは、高山みなみさん(コナン)の声に聞こえて仕方ないんだそうです。」

声優・高山みなみのこと。
名探偵コナン』の江戸川コナン役、ジブリ映画『魔女の宅急便』のキキ役とウルスラ役の二役、『ミスター味っ子』の味吉陽一役、『らんま1/2』の天道なびき役、『忍たま乱太郎』の猪名寺乱太郎役など。声優活動の他に「TWO-MIX」としての歌手活動や作曲などの仕事もしている。

編集

8コマ目

編集

勝改蔵「その他ダメ絶対音感(末期)の持ち主はこんなふうに聞こえるらしいです。」

編集

ふみきりの音→山口勝平さん

声優・山口勝平のこと。
アニメ、『らんま1/2』の早乙女乱馬役、『犬夜叉』の犬夜叉役、『名探偵コナン』の工藤新一役、怪盗キッド役、などをこなしており、そのさわやかさから「永遠の少年」と呼ばれるほど。

編集

コピーの音→銀河万丈さん

声優・銀河万丈のこと*2
アニメ『キン肉マン』のラーメンマン役(3代目)、『タッチ』の原田正平役のほか、『機動戦士ガンダム』のギレン・ザビ役、『装甲騎兵ボトムズ』のロッチナ役、『伝説巨神イデオン』のダミド・ペッチ役の様なアクの強い役柄で知られる。

編集

ガラスをひっかく音→日高のり子さん

声優・日高のり子のこと。
アニメ『タッチ』の浅倉南役、ジブリ映画『となりのトトロ』の草壁サツキ役、『ふしぎの海のナディア』のジャン役、『トップをねらえ!』のタカヤノリコ役など、ヒロインや元気な少女役を多く務める。『らんま1/2』の天道あかね役や『犬夜叉』の桔梗役など高橋留美子作品に指名されることが多い。

編集

動物の声→すべて山ちゃん

声優・山寺宏一のこと。
動物役だけでも『らんま1/2』のPちゃん(=豚)役、『カウボーイ・ビパップ』のアイン(=犬)役、『アンパンマン』のチーズ(=犬)役、さらには『ポケットモンスター』のミュウ(見た目は小動物系)役やドナルド・ダック(=アヒル)役までこなしている。

編集

元木の打球音→大神い●み

日本テレビのアナウンサー大神いずみのこと。
巨人の元木大介選手と結婚した。アニメ「犬夜叉」の神楽役で声優デビューしている。

編集

P157

編集

3コマ目

編集

TV画面のゲーム   

棒を持って角が生えていることからPS2のゲーム「ICO」と思われる。 

編集

DC墓場    

セガのゲーム機「ドリームキャスト」。2001年3月に製造が終了した。

編集

ゲームキューブ    

任天堂のゲーム機「ゲームキューブ」。

編集

サンデー    

漫画雑誌「週刊少年サンデー」。

編集

Z-plus

アニメ『機動戦士Zガンダム』以降の模型作例として、模型雑誌「モデルグラフィックス」及び連載企画「ガンダム・センチネル」に登場するZプラス(Z-plus)。

編集

Re-GZ

アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するリ・ガズィ(Re-GZ)。
※どちらもZガンダムの改良型という設定で、マスターグレードとなっている

編集

8コマ目

編集

勝改蔵「その他ダメ絶対音感にはこんなようなのがあるのです。」

編集

9コマ目

編集

LV1

編集

勝改蔵「TV番組で流れるBGMが何のアニメのサントラから持ってきてるかわかってしまう。」

TV番組でしばしばアニメのサントラに入っている曲がBGMとして使われる事がある。 特にワイドショーや夕方のニュース番組ではその傾向が強く、エロゲーのサントラが使われた事もあるほど。

編集

10コマ目

編集

LV2

編集

勝改蔵「ミニ四駆の公式モーターと違反モーターの違いがわかる。」

第一次ミニ四駆ブームの頃に行われた公式大会では、ハイパーダッシュモーターが禁止だった時期がありました。

編集

11コマ目

編集

LV3

編集

勝改蔵「救急車のビミョーな音の違いで患者の深刻さがわかる。」

編集

P158

編集

3コマ目

編集

店「ministep 24th」 

コンビニエンスストアの「MINISTOP」。

編集

5コマ目

編集

飲茶漏 娘フィギュア

JTから発売されていたお茶「飲茶楼」は8種類の中国茶のブレンド茶。モーニング娘。のフィギュアがついていた時期があった。

編集

P159

編集

1・2コマ目

編集

男「これはナッチ。これはごまき・・・これはやすだ・・・あ、いらねぇ」
※いらないというのはもっているからだよ 編

アイドルグループ・モーニング娘。の安倍なつみ、後藤真希、保田圭のこと。
卒業後、多かれ少なかれ問題を起こしている。
※けっして個性的な顔立ちだから、いらないということではないらしい。

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「マージャンとかのモーパイだったらちょっとかっこいいんですけどね。」

麻雀牌を親指で触り、模様を見ずに牌が分かるイカサマのことを「盲牌」(モーパイ)という。

編集

勝改蔵「あとチョコエッグとかも振ってみて音で中身わかる人いるみたいですよ。」

フルタ製菓から発売されている食玩「チョコエッグ」のこと。中にオマケのフィギュアなどが入っている。

編集

6コマ目

編集

・?ック 朝風マリ

二代目引田天巧こと「プリンセス・テンコー」はその昔、襲名前に「朝風マリ」という名前で「ザ・マジック」というシングルレコードを出している。

編集

・まほう組

特撮TVドラマ「5年3組魔法組」?

編集

・テンコー

二代目引田天功のプリンセス・テンコー。

編集

・サミー(OVA)

天地無用!魎皇鬼のスピンオフ作品「魔法少女プリティサミー」。

編集

・モモ(林原)

2代目「魔法のプリンセス ミンキーモモ」の声優は林原めぐみ

編集

・ドッカーン

4作目「おジャ魔女どれみドッカーン」のこと。

編集

・#

2作目「おジャ魔女どれみ#(しゃーぷ)」のこと。

編集

P160

編集

5コマ目

編集

勝改蔵「恵ちゃんの化粧が濃くなったからって・・・ 「男ができたな」とか言うな!!」

「めざましテレビ」での天気予報のコーナーの吉田恵。

編集

6コマ目

編集

勝改蔵「その他ダメ視覚にはこんなものがあるのです!!」

編集

7コマ目

編集

LV1

編集

勝改蔵「AVを見てどの会社の作品かわかる。」「デマンドだな。」

インディーズ系アダルトビデオ企業のソフト・オン・デマンドのこと。「全裸シリーズ」などが有名。

編集

8コマ目

編集

LV2

編集

勝改蔵「まんがを見て新しいアシが入ったのに気づく。」「アシかわったな」

背景や脇役や通行人の顔などを見て、これまでとは違った絵柄が登場することで判断。

編集

9コマ目

編集

LV3

編集

勝改蔵「肌のつやでタモリの体調がわかる。」「きのうのみすぎだって」

笑っていいとも!」の司会者としておなじみのタモリ(森田一義)のこと。月~金で生放送に出ているため、毎日見ていれば、分かるようになるかも。

編集

10コマ目

編集

LV4

編集

勝改蔵「乳輪で力士がわかる。朝青龍だな。」

朝青龍はモンゴル出身の力士(当時)。2002年9月の貴乃花戦に敗れた際には花道を引き上げる際に「畜生!」と大きな声で叫んだり、支度部屋で「怪我をしている左足を狙えばよかった」と発言したりするなど、いざこざが絶えないトラブルメーカーのようだ。

編集

11コマ目

編集

LV5

編集

勝改蔵「町を歩いてるまんが家に気づく。※えびす・ひろかね・やくみつるをのぞく。」「あ、クメタだ。」

・えびす
蛭子能収のこと。漫画よりもバラエティー番組の顔出しで有名。
・ひろかね
漫画『課長島耕作』(現「社長島耕作」)を描いている弘兼憲史のこと。10年くらい前はよくTVに出ていた。『東京ラブストーリー』の柴門ふみの夫だったり、松下のサラリーマンだったとか、漫画以外のことでも有名。
・やくみつる
野球関係や最近では相撲関係でよく顔が売れてる。
・クメタ
本作品の作者:久米田康治先生。自虐ネタである。
編集

P161

編集

8コマ目

編集

勝改蔵「その他ダメ味覚にはこんなものがあります。」

編集

9コマ目

編集

LV1

編集

勝改蔵「コーヒー豆の違いはわからないけどジョージアの味の違いはわかる。」

いろいろな種類が発売されているコカコーラの缶コーヒーブランド「ジョージア」。  

編集

10コマ目

編集

LV2

編集

勝改蔵「吉牛と松屋となか卯とらんぷ亭と牛丼太郎の味の違いがわかる。」

牛丼のチェーン店のこと。
業界最大手の「吉野家」(⇒*3のほか、「松屋」(⇒)、「なか卯」(⇒*4、「神戸らんぷ亭」(⇒)、「牛丼太郎」(⇒)などに、牛丼の取り扱いがある。

編集

11コマ目

編集

LV3

編集

勝改蔵「一週間前の牛乳と十日前の牛乳の味の違いがわかる。」

編集

P162

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「ダメ嗅覚はこんな例が挙げられます。」

編集

2コマ目

編集

LV1

編集

勝改蔵「あの子がシャンプーをかえたのがわかる。」

女の子はいいにおいがします。

編集

3コマ目

編集

LV2

編集

勝改蔵「コミケ会場でジャンル別のにおいの違いがわかる。」

編集

4コマ目

編集

LV3

編集

勝改蔵「タミヤカラーとホビーカラーのにおいの違いがわかる。」

いずれもミニ4駆やプラモデルの塗料として有名。使用している溶媒の成分が違うのかもしれない。

編集

5コマ目

編集

LV4

編集

勝改蔵「同業者がにおいでわかる。」

妙にインクや墨汁のにおいがしたり、風呂に入ってないにおいがしたり。

編集

8・9コマ目

編集

勝改蔵某まんが家のアシHくんは、さくら対戦のしすぎで、普通に人と話していても好感度がアップした時の効果音の幻聴がするそうです。

SEGAのゲーム「サクラ大戦」のこと。
女性キャラの好感度がアップすると効果音が鳴る。画面に映っているのは真宮寺さくら

編集

10コマ目

編集

勝改蔵「また、バイオハザードのやりすぎで、ティッシュの箱がショットガンの弾に見える幻覚におそわれたり、

ゲーム「バイオハザード」。

編集

11コマ目

編集

勝改蔵「サラリーマン金太郎を読みすぎて自分が強くなったと錯覚し、上司をなぐりリストラされたり・・・と」

本宮ひろ志の漫画「サラリーマン金太郎」。

編集

P163

編集

コマ目

編集

P164

編集

4コマ目

編集

坪内地丹「あとコロッケサンドにカレーパンに飲みものはダカラですね。」

サントリーから発売された体バランス飲料「DA・KA・RA」(商品サイト⇒)。小便小僧のCMで有名になった。  

編集

9コマ目

編集

勝改蔵「でも彼のはもはやダメ第七感・・・心のダメコスモ・・・」

車田正美の漫画「聖闘士星矢」において究極のコスモ(小宇宙)、セブンセンシズ(第七感)を目覚めさせなければ黄金聖闘士(ゴールドセイント)には勝てないという設定だった。
冥界編では死んでから目覚める第八感(エイトセンシズ=「八識」「阿頼耶識)を覚醒させて生きたまま冥界に行くという離れ業をやってのけた。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

ピキーン。今、第六感が入りました。来週、改蔵は消えます。変わりに美女と美男子がラヴラヴ…

⇒このときは当時連載が中断していた『育ってダーリン!!』の完結のための2週(19・20号)連載。


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



第188話『ソ〜は黒い空〜♪』

*1 さらに孫悟飯と孫悟天の三役を務めた。
*2 ちなみにデビュー時は本名の「田中崇」だったが、1982年に現在の芸名に。『無敵鋼人ダイターン3』の波嵐万丈が元ネタと思われがちだが無関係。
*3 掲載時。現在はゼンショーが運営する「すき家」(⇒)が国内店舗数では最大となっている。
*4 2005年に牛丼チェーンの「すき家」を擁するゼンショーグループ入りし、すき家との差別化を図るため2010年に牛丼の発売を終了した。現在の主力商品はすき焼き風味付けの和風牛丼になっている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-10-18 (木) 22:29:06 (2194d)