かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻


編集

第196話『亀甲縛りで上等!!』

編集

作品情報

2002年 月 日発売、週刊少年サンデー第30号に掲載。第18巻第7話。


編集

P103

編集

扉絵

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

あらあらお隣の奥さん…その年でウサギのポシェットはねえ…ないでしょ。

編集

P104

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

いつもの事ですが、羽美ちゃんの頭のネジゆるんでます…

編集

コマ目

編集

P105

編集

コマ目

編集

P106

編集

コマ目

編集

P107

編集

3コマ目

編集

彩園すず「まあ、たしかに自由ってつくもんにろくなもんないけどね。」

編集

自由民主党

民主自由党内の吉田茂派と鳩山一郎派の対立による党分裂を経て、1955年に双方の合流(保守合同)をもって結党。日本社会党との二大政党状態となる「55年体制」の中核を担う。
しかし議席比率の都合上、党是であった改憲はかなわぬままその気運も失われ、保守路線も次第にリベラル的な政策も取り入れて保守中道から新保守主義へと移行するが、各省庁との協調がとれず根本的な政治改革は成らず、相次ぐ汚職事件で人気が徐々に落ち、1993年に反自民勢力連立による細川護煕首相就任をもって自民党は野党となり、「55年体制」は終わった。

編集

自由党

1950年に結党された自由党は、当時の与党であった民主自由党と野党の民主党内の連立一派が合流して結党。総裁の吉田茂のワンマン運営などで不人気な折に、GHQの公職追放令の解除で復帰した鳩山一郎の台頭などで党内の調整がつかなくなり、鳩山や岸信介らの反吉田派は離党して日本民主党を結党。1955年の首班指名選挙に敗れた吉田陣営は鳩山率いる日本民主党に合流、これにより自由民主党が結党された。

1994年に結党された自由党は、辞任した細川護煕首相の後継として渡辺美智雄を擁立すべく、側近の柿澤弘治を中心に自民党を離党して結党されたが、擁立すべき渡辺が自民党離党を断念したため頓挫。のち柿澤は自由連合を経て自民党に復党(柿澤は以前は新自由クラブにも所属していた)。

1998年に結党された自由党は、新進党の解党後に小沢一郎によって結党され、自民党と連立するも公明党の連立参加で存在感を示せぬ状況に業を煮やす小沢派は2000年4月に連立を離脱するが、連立残留を望む一派が離党し保守党を結成するなど、混迷ぶりが目立つ*1

編集

自由連合

1990年に元医師の徳田虎雄衆院議員(当時)を中心にして、保守系の無所属議員の受け皿的な団体として結党。自民党と連携しつつ日本共産党ら左派政党と組んで消費税廃止法案を出すなど老獪な立ち回りをするも、2001年の参院選では候補92人を立てて獲得議席0に終わった*2

編集

新自由クラブ

ロッキード事件の余韻も生々しい1976年6月、自民党の河野洋平を中心とした議員グループ「政治工学研究所」が離党して結成した政党。
保守政治の新たな方向性を模索するも中道路線との協調に失敗し党内は混乱。選挙でも議席数は伸ばせぬまま1983年に自民党との連立を組むが、次の1986年の選挙で自民党が単独過半数を取ったため存在感を出せなくなり、そのまま解散。党員の殆どは自民党に復党した。

編集

自由契約

「どのチームとも自由に契約できる」という意味ですが、実質解雇です。

編集

自由恋愛

編集

自由の名のもとに爆撃

同時多発テロを受け、アメリカがアフガニスタンを空爆した。
それ以前にも、(アメリカ大統領の支持率的に)何かあると中東の反アメリカ国家に自由の名の下に無差別爆撃が行われるため、「激しい選挙活動」と揶揄されていた。

編集

フリーター

編集

映画の「クライング・フリーマン」

原作漫画は小池一夫原作、池上遼一作画。1988~1994年に6本のOVAが発売されているほか、香港で2度、実写映画化(1990年の『紅場飛龍』、『浪漫殺手自由人』)。1995年に日米合作で『Crying Freeman』が映画化されている。
ちなみに、「フリーマン」は、ある殺し屋のコードネームであり、彼は殺しが終わると同時に、己の宿命に涙を流すことから「クライング・フリーマン」と呼ばれるようになった。

編集

P108

編集

コマ目

編集

P109

編集

コマ目

編集

P110

編集

コマ目

編集

P111

編集

コマ目

編集

P112

編集

4コマ目

編集

名取羽美「その他 自由が与えられたがためにこんな恐ろしい結果に!!」

編集

フリーパス買ってみたけど、混んで料金分使いきれずに大損

舞浜のような混む場所では、並ぶ時間が長すぎることが多々あります。

編集

自由度高すぎるゲームで先に進まず、ゲームの中でゲーセン通い

シェンムー型(のちに『オープンワールド』と命名される)のゲームの事。三人称視点の3D空間を自由に動き回り、非常に多くの建物に出入りでき、作品によっては空も自由に飛べる。そのため、やれることが多すぎる反面、何をやっていいか分からなくなり、ゲームを先に進める気も失せ、勿体無いからとミニゲーム(シェンムーの場合は、ゲームセンターに行くとスペースハリアーやハングオン等のゲームが遊べる)に興じてしまう*3

編集

自由に書いていいよと白紙の委任状のせいで自由落下するハメに

法契約においては委任する内容が全く書かれていない「白紙委任状」は契約相手の思うツボになってしまいます。決して署名捺印してはいけません。

編集

まんが家に「なんでも先生の自由にお描きください」とお願いしたまんがほど大失敗

島本和彦の『新吼えよペン』17話にて、主人公炎尾燃がこれと同じお願いを受けたところ、『違うだろ!!何を書いてほしいんだ!?(中略)俺の中から新しい可能性を引き出せよ!』と、吼えた。
商業誌連載というものは、お願いする側がその作家の能力を把握している事が求められるので、作品の具体像を確立した上でのアプローチが必要となる。作家側も読者の反応などを考察した上で編集側とも上手に連携していく必要がある。
盲信的に作家を見ているような『何でも好きに書いて』という頼み方をすれば作家も勢い任せだけになりやすく、失敗する事間違い無しである。そういう頼み方は、同人誌などを作ってもらう時にすれば良い。

編集

「オレ、フリーだから」って結局彼女いないんじゃん

自由と孤独は常に一心同体なものです。

編集

P113

編集

コマ目

編集

P114

編集

コマ目

編集

P115

編集

コマ目

編集

P116

編集

コマ目

編集

P117

編集

コマ目

編集

P118

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

こんな自由、いらない…


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻

第196話『亀甲縛りで上等!!』

*1 のち小沢率いる自由党は2003年に民主党に合流し解散。保守党側も選挙敗北で衰退し、一旦解党して保守新党に表札替えしたのち自民党に合流した。
*2 のち徳田氏が引退し、実子の徳田毅が後を引き継いだが、2006年に自民党に入党した。
*3 こうしたゲーム構造のヒットは2003年の『グランド・セフト・オートIII』が初で、国産ゲームでは2005年の『龍が如く』の登場からである。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2011-09-07 (水) 19:44:20 (2997d)