かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻


編集

第198話『おじいちゃん、ここはトイレじゃないのよ』

編集

作品情報

2002年 月 日発売、週刊少年サンデー第32号に掲載。第18巻第9話。


編集

135P

編集

扉絵

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

わーい 山田のコスプレだ!

編集

P136

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

今週はネタの判定に個人差あるかも。

編集

コマ目

編集

P137

編集

1,3コマ目

編集

男「昔西武にいた助っ人で… なんかオナラみたいなブーとかピーとか言う…」
山田さん「ブコビッチじゃないですか?」

西武ライオンズに所属していた助っ人外国人選手、ジョージ・ブコビッチのこと。
1985年に退団したスティーブ・オンティべロスの後釜として入ってきた選手で、目立った成績は残せなかったものの、日本シリーズでは勝負強さを発揮し、1986年の日本シリーズ第8戦*1では金石昭人から日本一を決める決勝二塁打を放ち、1987年の日本シリーズ第3戦では江川卓から決勝本塁打を放つなどの活躍をした。

編集

P138

編集

3,5コマ目

編集

男「Coccoと同じくらいの時期に出てきていた… Coccoに似たカンジの名前の歌手いなかったっけ?」
山田さん「トーコじゃないですか?」

歌手のtohko。
小室哲哉と日向大介のプロデュースで1998年にトーコ名義でデビュー。その後、トーコ、tohko、籐子、tohkoと名義が変遷している。

編集

5コマ目

編集

ダンボール「野猿」

フジテレビ系のバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』で誕生した、とんねるずと番組スタッフによる音楽グループ。1998年にデビューし、2001年に撤収(解散)した。
当初は番組スタッフのみでのグループが企画されていたが、秋元康によりとんねるずの二人もグループに参加することとなった。

編集

ダンボール「ニセアイボ」

編集

7コマ目

編集

山田さん「そう、ここでは… 頭の中の忘れ物を取り扱っているのです」

編集

ダンボール「シャカー128」

ATARIの64ビット*2ゲーム機「ジャガー」。

編集

ダンボール「うなずきマーチ」

うなずきトリオ(ビートきよし・松本竜介・島田洋八)の楽曲「うなずきマーチ」。

編集

ダンボール「DAIバクシンビデオ」

フジテレビ系で放送されていたバラエティ番組『DAIBAクシン!!』。

編集

ダンボール「ハンマープライスグッズ」

フジテレビ系で放送されていたバラエティ番組『とんねるずのハンマープライス』。

編集

ダンボール「メカニックライタン」

東京12チャンネル(現:テレビ東京)で放送されていたアニメ『ゴールドライタン』に登場するメカニックライタン。

編集

ダンボール「64DD」

任天堂のゲーム機「NINTENDO64」の周辺機器「64DD」。DDはディスクドライブの略称。

編集

ダンボール「チャトラン」

畑正憲監督の映画『子猫物語』の主人公猫のチャトラン。

編集

ダンボール「くるくるてれび」

ポピー(現バンダイ)から出ていたおもちゃの簡易映写機「くるくるてれび」。(CM動画⇒
ウルトラマン』『仮面ライダー』『機動戦士ガンダム』『うる星やつら』などのシーンがカセットになっていた。

編集

張り紙「ゆかわ元せんむのへや」

湯川英一氏のこと。
専務時代にセガのCMに出演し「湯川専務」として一躍脚光を浴び、その後常務に移動となったため「湯川元専務」と呼ばれた。なお、湯川専務のCMは秋元康が宣伝プロデューサーを務めていた。
湯川氏は当時の親会社だったCSKからの出向役員であり、セガを離れた後*3はCSKやCSK関連企業の役員を務めている。

編集

張り紙「今週の名言 「やまだかつてないおいしさ」」

フジテレビ系で放送されていたバラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』から。

編集

ケースの付箋「ポケピカ」

任天堂の歩数計型ゲーム機「ポケットピカチュウ」。

編集

ケースの付箋「あつめてゴジラ」

セガのゲーム機「ドリームキャスト」の周辺機器「ビジュアルメモリ」用ゲーム『あつめてゴジラ~怪獣大集合~』。

編集

P139

編集

6コマ目

編集

脇役「高橋名人と毛利名人ともう一人いたじゃないですか…」

16連射など野性味溢れるファミコンをプレイする力の高橋利幸(ハドソン社員)名人*4とスマートでクールなイメージの技の毛利公信(当時フリー)名人。1986年には2人の対決を描いた映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』も作られている。
尚、他にもバンダイの橋本名人*5やらナムコの河野名人*6、テクモの辻名人*7、更に高橋名人の弟子と言われる川田名人Jrや桜田名人Jrなどもいたが、二人のカリスマに比べればイマイチ実力も知名度もなかった。

編集

P140

編集

7コマ目

編集

山田さん「ちなみにこちらが今紛失届けが出てる忘れ物です。残念ながら、まだみつかっていません、みなさんも探してみてください。」

編集

きのこの山とたけのこの里ともう一つあったやつ

1987年に短期間販売されていた明治製菓の「すぎのこ村」。
販売されていた期間が短かったため、明治製菓(現:明治*8)の「きのこの山」「たけのこの里」の兄弟分ながら知名度は低いが、2005年に期間限定で復刻されている。
現在販売されている明治の「ラッキーミニアーモンド」と菓子の形・内容が似ており、単に「すぎのこ村」から姿を変えたものともいわれている。

他社の類似商品としてブルボンの商品「きこりの切株」(現在も販売中)、森永製菓の「くるみの森」「つくんこ」などもある。

編集

なんかロボットのプラモがついてて値段が高いプレステのゲーム

1996年12月発売のプレイステーション用のロボット格闘ゲーム「ZXE-D(ゼクシード)」(参考サイト)。ゲーム設定及びロボットデザインは横山宏が担当。搭乗パイロットのデザインは江川達也が手がけている。価格は19,800円(税別)とかなり高価で、金額に余裕のあるマニアしか買うことが出来ず、さらに肝心の格闘ゲーム部分はあまり良い出来ではなかったことや、プレイする際に必須となる「インターフェイスユニット」の形状的問題により、初期型のプレイステーションでしか正常に遊ぶことが出来なかったため、コンセプトやアイデアは斬新だったものの、商業的には失敗に終わった。
後に「ZXE-D(ゼクシード)」と似たコンセプトを持つゲームとして、コミックボンボンで今木商事の漫画『プラモウォーズ』が連載されていた時期に作中に登場する「プラモシミュレーター」が開発中であることが紹介されたもののそれ以降全く音沙汰ないまま自然消滅してしまい、さらに数年後「機動戦士ガンダムAGE ゲイジングバトルベース」が稼働したが、こちらもアニメの稚拙なストーリー展開や、ゲームのシステム面の悪さにより不評を買い、2013年3月末に稼働停止となってしまった。

編集

ワニとからんでたAV女優

貝満ひとみのこと。1990年のデビュー作『ワニギャル屋形船でいく~っ』で、カイマンワニと絡みを演じたことが話題となり、また芸名の由来ともなった。他の作品ではタコとも絡んでいるらしい。

編集

ニブルヘイム

北欧神話の冷たい氷の王国で、ギンヌンガガプと呼ばれる亀裂の北にある。ヘルヘイム(死者の国)と同一視されることもある。『ヴァルキリープロファイル』『ファイナルファンタジーVII』『テイルズオブシリーズ』『ラグナロクオンライン』『ドラッグオンドラグーン』などのゲームにも名前が登場する。

編集

パパラジーコム

FM東京で1996~2008年6月30日まで行われていた会員制マルチメディアネットワークサービス(有料)の名前。現TOKYO FMリスナーズクラブのこと。

編集

オレがまんが家になった本当の理由

久米田先生の自虐ネタ。

編集

P141

編集

2コマ目

編集

彩園すず「ナタデココとティラミスとパンナコッタともう一つはやったデザートって何だったかしら?」

タピオカとベルギーワッフルの2つに意見が分かれるようである。

編集

P142

編集

2コマ目

編集

彩園すず「メルカトル図法ともう一つ有名なのってなんだったかしら?」

中学校で習うものならグード図法や正距方位図法といったところであろうか

編集

6コマ目

編集

彩園すず「顕微鏡の上にのせる四角いガラスなんだっけ?」こんなん↓

プレパラート

編集

6コマ目

編集

彩園すず「この人誰だっけ?」

オーストリアの作曲家のフランツ・ペーター・シューベルト。吹出しに描かれている肖像画はこちら。(⇒
古典派からロマン派へと移り行く時代にドイツリート(歌曲)を発展させ、600曲以上の歌曲を作曲したため「歌曲の王」と呼ばれる。小中学校で習う曲では「野ばら」「ます」「魔王」が有名。
その他にも交響曲第7番(旧8番)「未完成」、劇音楽「ロザムンデ」、ピアノソナタ第21番、弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」(歌曲「死と乙女」の編曲部分が含まれる)などが代表作として知られる。

編集

6コマ目

編集

山田さん「出てきそうで出てこない… そんな気持ちの悪い忘れ物も最近増えているのです。」

編集

・カンズェル

正しくはカンヅェル。「スレイヤーズ」に出てくる中位魔族(CV二又一成)。魔竜王ガーヴの配下。

編集

・アフロディーテの必殺技

車田正美 原作の「聖闘士星矢」に登場する魚座の黄金聖闘士。美の化身ということからか薔薇を使った技が主でピラニアン・ローズ。ロイヤル・デモンローズ。ブラッディ・ローズがある。

編集

・大阪さんの本名

あずまきよひこ原作の漫画「あずまんが大王」に登場する、大阪から転校してきたのんびり屋の女子高生、春日歩(かすが あゆむ:CV松岡由貴/劇場版は川澄綾子)のこと。 先生からもあだ名で呼ばれるばかりか、クラス発表も「大阪」名義でされてしまった。 なお、「大阪さん」と呼ぶのは美浜ちよ(CV金田朋子)だけで、他には「大阪」と呼び捨てにされている。

編集

スラムダンクで最後に対戦した高校の名前

井上雄彦のバスケット漫画。
漫画ではインターハイ3回戦の愛和学院高校が最後の対戦相手となる。2回戦の山王工業高校との試合後のエピローグで、「続く3回戦愛和学院にウソのようにボロ負けした」とモノローグで語られるのみである。
アニメでは湘北対陵南・翔陽合同チームとの練習試合が最後である。

編集

・ノリコ・バッハ

TVアニメ「無責任艦長タイラー」に登場するアイドル歌手(CV川村万梨阿)。ちなみにバッハは小川を意味し、小川範子のアナグラムである。

編集

・カバトットの最後の歌詞

1971~1972年に放映されたTVアニメ。5分の帯番組で300話作られた。カバと、その口の中に居候している鳥のトットの物語。Yahoo動画OPとEDの歌詞。OPだと「チョチョンガ デンガラリンノ デンガラリンノドン ウー」。EDだと「カバトット カバトット ナンダ ナンダ」。

編集

・一休さんといつも一緒にいる女の子の名前

さよちゃん

編集

・8マンのラスボスの名前、オズマ? シズマ?

漫画版は作画の桑田次郎(現:桑田二郎)が銃刀法違反でつかまったため『魔人コズマ』編で打ち切りになった。コズマ博士とその妻ノラ・コズマ、それに国際ギャング連合の支配者であるビッグ・ゴーガンが敵であった。

編集

・ハットリくんのオヤジの名前

忍者ハットリくんの本名はハットリカンゾウ(服部貫蔵)。父親はジンゾウ(陣蔵)。弟はシンゾウ(心蔵)

編集

・アスラーダ、イシュザーク、あれ? アオイのマシンって何だっけ?

TVアニメ「新世紀GPX(フューチャー・グランプリ)サイバーフォーミュラ」に登場するF1を超えたカーレース・アニメ。2015年大会のアオイ・フォーミュラのマシンは、新条直輝のスペリオンGTとブリード加賀のステルスジャガー Z-7。

編集

・ゴルンノヴァじゃなくて…あの主人公の船

重砲撃艦ゴルンノヴァは、神坂一のSFライトノベル及び1998年にアニメ化された『ロスト・ユニバース』に登場するデュグラディグドゥの護衛無人艦の一隻。
尚、主人公ケイン・ブルーリバーが乗るロストシップの名前は「ソードブレイカー」。

ちなみに登場するロストシップのうちデュグラディグドゥとその護衛無人艦の名前は『スレイヤーズ』(原作者は同じ神坂一)に登場する異界の魔王“闇を撒くもの(ダークスター)・デュグラディグドゥ”とその5つの武器の名前と共通しており、「ゴルンノヴァ」はそのうちの“烈光の剣(ゴルンノヴァ)”から。
また、ソードブレイカーも真名は「ヴォルフィード」(中枢制御システムのキャラクター名はキャナル・ヴォルフィード)で、『スレイヤーズ』でダークスターに対抗する“漆黒の竜神(ナイトドラゴン)・ヴォルフィード”と名称が共通している。
なお、この名称の共通は『スレイヤーズ』と『ロスト・ユニバース』の世界観が共通しているわけではなく、原作者の神坂先生が語感の良さから『ロスト・ユニバース』にも名称を採用したとのこと。

編集

・エレザールのかま

うしおととら』に登場する武法具(鎌)。白面の者の分身の斗和子に騙された引狭霧雄が中心となって若い僧たちが獣の槍の代わりになる対妖怪の武器として使用する。しかし、キリオの持つ物以外はまがいものであり、僧たちの命と共に砕け散った。

編集

彩園すず「コングロマリットってなんだったかしら?」

conglomerate。直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業ともいう。

編集

P143

編集

コマ目

編集

P144

編集

コマ目

編集

P145

編集

コマ目

編集

P146

編集

1コマ目

編集

山田「忘れ物という名の不法投棄が増えているんですよね。心当たりの方は取りにきてください。」

編集

友達から預かったハムスターをうっかり紛失してしまい、似たようなのを買ってきて返したこと

ハムスターは脱走の常習犯であり、かごを厳重に締めていてもしょっちゅう脱走して、家具の隙間に挟まったまま発見されずに息絶えてしまう事が多い。命を扱う難しさを教えてくれるペットである。

編集

中学の時の修学旅行で間違って友達のパンツをはいてきてしまったこと

修学旅行ではパンツに関するネタがつきもの。

編集

中学の時の自分のあだ名「春画くん」

春画は18禁な浮世絵のこと。
当時から初期の作風の片鱗が…。

編集

おばあちゃんから「まだもらってないよ」と言って2回お年玉をもらったこと。

お年寄りは過去の出来事を忘れやすいですからね・・・。

編集

自分につけようと思ったペンネーム「ライスコウジ」

久米田先生の自虐ネタ。

編集

ミヤムーのコンサートに行ったこと

新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレー役や『名探偵コナン』の遠山和葉役などで知られる、声優の宮村優子のこと。

編集

実は江川達也が好きだったこと

編集

コミック大賞の授賞式でテンパって「オレがサンデーを変えてやる」と言ってしまったこと

編集

実はあだち充を目指していたこと

行け!!南国アイスホッケー部』は、当初『タッチ』のような漫画を目指していたそうですが…

編集

改造人間と思い込んでる設定をつくったこと

第1話より。

編集

っていうか誰のことですかコレ

全て久米田康治先生のことです。

編集

P147

編集

コマ目

編集

P148

編集

コマ目

編集

P149

編集

コマ目

編集

P150

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

こら、そんなすぐに手の平返しちゃダメ、ダメ!!でも、鎖の先の人は果たして来週生きてるのか?


編集

かゆいところ


サンデーの雑誌では目次で「背後から忍びよるギリギリの笑い!!とらうま溢れる後ろ向きGAG!!」と記載。

編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。

  • モルワイデ図法? -- 名無し? 2010-10-17 (日) 11:50:23


Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻

第198話『おじいちゃん、ここはトイレじゃないのよ』

*1 第1戦が延長14回の末に引き分けたため(当時のルールで試合時間が4時間半までという規定で、規定時間を超えると次のイニングには入らないという措置がとられた)。日本シリーズにおいて、第8戦まで戦ったのはこの年のみ。
*2 複数のプロセッサを搭載し64ビットのプロセッサも搭載していたため「64ビットシステム」と称していた。しかし、GPUが32ビットだったため実質的な機能は32ビットゲーム機となる。
*3 2003年にCSKは所有のセガ株をサミーに売却しCSKの手から離れた。
*4 掲載当時。2011年現在はゲッチャ・コミュニケーションズ所属。
*5 コブラチーム設立を経て現在はスクウェア・エニックス・ホールディングス専務執行役員。
*6 独立し、ゲーム会社「アイマックス」を設立するも倒産。その後の足取りは不明。
*7 その後、フランスのゲーム会社「ユービーアイソフト」に移籍。
*8 2011年に明治グループの再編が行われ、明治乳業から改編した株式会社明治が明治製菓の菓子部門を吸収した。明治製菓はMeiji Seikaファルマに改称し医療用医薬品に特化した会社となった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-06-07 (木) 22:08:02 (74d)