かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻

編集

第213話『Laってなんだ?』

編集

作品情報

2002年 月 日発売、週刊少年サンデー第48号に掲載。


編集

P22

編集

扉絵

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

あなたのようなお客様、お待ちしてました(ハート)

編集

P23

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

ここは、天国にもっとも遠いレストラン……あなたは来店の資格あり!?

編集

P24

編集

P25

編集

P26

編集

1コマ目

編集

名取羽美「あ、悪魔将軍てのはねキン●マンII世に出てくる超人で、ちょっとHな週刊誌に載ってるのね。」

この話が掲載されていた時期、『週刊プレイボーイ』連載中の『キン肉マンII世』では、悪魔将軍が復活した「悪魔の種子編」だった。
ちなみにこの作品は『プレイボーイ』編集部がゆでたまごに「『キン肉マン』の続編を描いて下さい」と依頼したところ、『キン肉マン』が『週刊少年ジャンプ』の連載できっちり完結したことや、『プレイボーイ』が羽美の言うような雑誌であることから、ゆでたまごがなかなか首を縦に振らず説得に苦労したという裏話があるらしい。

編集

P27

編集

P28

編集

2コマ目

編集

スタァウォーズ エピソード1

映画『スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス』

編集

5コマ目

編集

改蔵「一本丸々前おきという立派なオードブルでございます。」

『スター・ウォーズ』6部作の最初なので。

編集

P29

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「オードブルのメニューでございます。」

編集

前菜

編集

Zガンダムが出るまでのZガンダム。

タイトルは『機動戦士Zガンダム』だが、主人公カミーユの前半の乗機はティターンズから持ち込んだガンダムMk-II。

編集

FFXIを始めるまでの手つづき。(HD買って、回線引いて、プロバイダーと契約して……)

さらにその後、プレイオンラインに繋いで、必要ファイルをダウンロードして、キャラクターメイクが中ボス並に手間がかかり、いざネットの世界へ接続するのがラスボス並に辛かったという、『ファイナルファンタジーXI』稼動初期のゲーム開始までの手続き。

編集

ノストラダムスが予言してから1999年まで。

90年代後半まで世間をにぎわせたノストラダムスの予言のこと。
詳しいことについては当該項目参照。

編集

エヴァの劇場版第1作目。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」のこと。
DEATH編でTVシリーズ24話までの総集編、REBIRTH編でTVシリーズでの25話以降(TVシリーズの25話と最終話は、主人公碇シンジの内面描写で話が進められ、「何が何だか分からない」という視聴者を大量発生させた)を扱う予定だったが、REBIRTH編は公開に制作が間に合わず未完成のまま放映された。
その後、REBIRTH編の完成版として劇場版第2作「Air/まごころを、君に」が公開された。

編集

マザー3の発売まで。

結局ニンテンドー64版はオードブル(前情報)だけで終わってしまい、ディナーはゲームボーイアドバンス用ソフトとして2006年の4月20日に発売されるまで長い期間を待たされることとなった。

編集

判決がでるまでの日本の裁判。

重要な事例のほとんどは、裁判の最高回数である3回まで争い、それまで数十年の月日と膨大な情報がやり取りされるため、前菜99%、判決1%ぐらいであろうか。日本国の司法としては、『民事訴訟は話し合いで行い、裁判で争わないように』との見解をたびたび出しており、事実、大概の最高裁まで争った民事の案件は、労力に対する判決内容が見合っていないのがほとんどである。

編集

タイムカプセル。

失ってしまった思い出を、ほんのひとかけらでもタイムカプセルが未来へと運んでくれるなら、そのひとかけらは十分なメインディッシュとなりうる。

編集

ホームに行くまでの大江戸線。

大江戸線は地下深くに駅があるので、地上の出口からはかなり距離があり、ホームから地上へ出るのに10分かかるという駅も存在する。隣駅なら歩いたほうが早い。

編集

セミの一生。 ガラスの仮面。

セミは成虫になってから約1週間しか生きられないのに対して、幼虫の時期は土の中で約7年間もある。

編集

病気の潜伏期間。

編集

P30

編集

コマ目

編集

P31

編集

コマ目

編集

P32

編集

コマ目

編集

P33

編集

コマ目

編集

P34

編集

コマ目

編集

P35

編集

コマ目

編集

P36

編集

5コマ目

編集

ベートーベンの「運命」。(いきなりサビ)

交響曲第5番ハ短調の有名な冒頭の「ジャジャジャジャーン」という部分は第1楽章の第1主題。
ベートーヴェンの弟子のアントン・シントラーがこの部分を「運命はこのように扉を叩く」とベートーヴェンが語ったと伝記に記したことから、日本では「運命」と呼ばれ第1楽章冒頭のリズムは「運命の動機」と呼ばれている。
ただし、このシントラーによるベートーヴェンの伝記は誇張・虚偽・捏造が多く(弟子という関係性も誇張といわれている)、さらに齟齬の追及を恐れて聴覚を失ったベートーヴェンが生前に残していた筆記メモを大量に廃棄するなど横暴なことを行っており、現在ではシントラーの伝記には信憑性がほぼないとされている。

なお、運命交響曲は「暗から明へ」を劇的に表現している作品であり、本来のサビといえるクライマックス部分は第3楽章終結部から切れ目なく演奏される第4楽章の第1主題といえるかもしれない(第4楽章では「運命の動機」を明るく転調させた第2主題もある)。

編集

新宿の駐禁。(いきなりレッカー)

編集

近所の回転寿司。(いきなり閉店)

編集

オレのマック。(いきなり停止)

編集

前田くんのメル友。(いきなり疎遠)

編集

前田くんの彼女。(いきなり引っ越し)

柏木志保?と思われる。『さよなら絶望先生182話『傍観者たち』も参照。

編集

いきなり印籠の黄門。

編集

いきなりバルスのラピュタ。

天空の城ラピュタ』終盤で唱えられた、破滅の呪文「バルス」

編集

ファイヤーマンの歌詞。

編集

突然変異。

編集

突然死。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

改蔵以外に描いてみたいまんがってないんスか? 久米田さんも疲れてるみたいですし…(前おき)


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第巻

第213話『Laってなんだ?』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-08-13 (月) 09:21:20 (126d)