かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第21巻 かってに改蔵新装版第11巻


編集

第224話『「せっとく」コマンド』

編集

作品情報

2003年1月29日発売、週刊少年サンデー第9号に掲載。


編集

P21

編集

扉絵

座っている羽美。タートルネックの上からコートを着ており、スカートの下にはズボンをはいていたりと、当時の流行を反映させたものに(?)。

編集

アオリ文(雑誌掲載時)

編集

ナニカガオカシイキガシマス…

上記の文が1文字分ずつ間隔が空いている。

今回の話の内容に合わせて前回の内容から、この回のみ扉絵での作者名表記が「久米口康治」表記になっている(雑誌掲載時)。ただし「KOHJI KUMETA PRESENTS」も併記している。
単行本では、巻の扉絵から持ってきた影響で「久米口康治」表記に。

編集

P22

編集

3コマ目

編集

張り紙「ぶく」

編集

張り紙「大空あすか週間 1日1本人」

編集

P23

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

さて、名前が欠落する病に冒された山田さん、もとい山口さんですが…

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「名前が変わってしまうことなぞよくある話!!」

編集

新加勢大周→坂本一生

芸人の坂本一生(さかもと いっせい)のこと。
1991年に加勢大周が所属事務所を独立した際に、芸名「加勢大周」の所有権*1をめぐって裁判となったことから、裁判に敗訴した事務所が1993年7月7日に加勢に対抗する形で芸能界デビューさせたのが「新加勢大周」である。しかし芸能界やファンから激しい非難を浴び、二週間後の7月27日に芸名を「坂本一生」に改名した。
しかし本人の芸能活動はあまりパっとせず、1999年には佐山聡主宰の格闘技団体「掣圏道」に入門しプロレスラー転向を目指している。

編集

高知東急→高知東生

俳優の高知東生(たかち のぼる)のこと。
デビュー当時は、芸名を「高知東急」としていた。これは、高知県出身でありデビュー年齢が遅かったため、急いで東にのぼれという意味を込めた芸名であったらしい。しかし東急グループから「高知に東急が進出したと誤解を受ける」と芸名使用停止を求めた裁判を起こされた。裁判の結果、高知側が敗訴したため、1998年3月13日に芸名を「高知東生」*2に改名した。

編集

ブランメル仙台→ベガルタ仙台

仙台市を本拠地とするサッカーJリーグのクラブ「ベガルタ仙台」のこと。
1999年にJ2入りした際に、これまで使用していたクラブ名「ブランメル」が商標になっていた関係で、「ベガルタ仙台」*3と改名した。
同様の理由によるJリーグチームの改名は、大分トリニティが大分トリニータに、アルビレオ新潟がアルビレックス新潟に改名した例がある。

編集

ガンバ! Flyhigh→ガンバリスト駿

1994年から2000年まで『週刊少年サンデー』に連載されていた原案:森末慎二、作画:菊田洋之の体操漫画『ガンバ! Flyhigh』のこと。
1996年7月から1997年3月まで、『ガンバリスト!駿』のタイトルでアニメ化された。

なお、他の『サンデー』原作のマンガにおいても同様のタイトル変更がしばしば見られる(漫画→アニメ版の表記)。

  • 『YAIBA』→『剣勇伝説YAIBA』
  • 『GS美神~極楽大作戦!~』→『GS美神』
  • 金色のガッシュ!!』→『金色のガッシュベル!!』
  • 『ARMS』→『PROJECT ARMS』
編集

Ultra64→Nintendo64

「Ultra64」は、任天堂のゲーム機「Nintendo64」の開発コードネームである。
ちなみに、その後継機である「ニンテンドーゲームキューブ」のコードネームは「ドルフィン」であった。また、本話が収録されたコミックが発売される前の2003年5月13日には、アメリカ・ロサンゼルスで開催された「Electronic Entertainment Expo 2003」のプレスカンファレンスにて、ニンテンドーゲームキューブの次世代機「レボリューション」を開発中*4であることが明らかにされた。

編集

牛乳→MEGMILK

MEGMILKは、2001年から2002年にかけて相次いだ雪印乳業の不祥事を受けて、雪印と全国農協直販(全農)、ジャパンミルクネット(全酪連)の3社が経営統合して設立された企業「日本ミルクコミュニティ」の商品ブランド名である。詳細は雪印乳業の項目を参照。

編集

ト●コ風呂→ソー●ランド

トルコ風呂は、中東の都市でみられる伝統的な公衆浴場「ハンマーム」のことである。 しかしなぜか日本では、かつて「個室付特殊浴場」の通称として使用されていた。1984年にある元トルコ人留学生の抗議運動がきっかけになって「ソープランド」と改称された。

編集

インポ→ED

インポ(インポテンツ)は、英語で不能を意味するimpotent(あるいはドイツ語のimpotentz)を由来とする単語で、男性機能不全をあらわす。現在の日本においては「インポ」は侮蔑的な意味を含んでいるとされ、Erectile Dysfunction(略してED)と言い換えられた。

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「きさまに、ララァ・スン専用モビルアーマーと名前を変えざるをえなかったエ●メスのキモチがわかるか!!」

機動戦士ガンダムの登場キャラ、ララァ・スンが搭乗したモビルアーマー、エルメスのこと。
このモビルアーマーはプラモデル化される際に、ファッションブランドである「エルメス」と名称が被り、著名表示の冒用となるおそれがあることから「ララァ・スン専用モビルアーマー」という名称に変更されたという逸話がある。

似た例では「シャネルズ」改め「ラッツ&スター」がある。

編集

P24

編集

1コマ目

編集

すず「他の人の名前から移植するのよ。」

編集

3コマ目

編集

すず「だから、()()()の名前から移植するのよ。」

その対象となったのが久米田先生。24ページ(単行本21巻)参照。

編集

張り紙「蟲師講演会 講師ギンコ」

漆原友紀の漫画『蟲師』より。
主人公のギンコは蟲研究のため常に旅をしており、過去の出来事から記憶を一部失っている設定。

編集

P25

編集

2コマ目

編集

名取羽美「どっから持ってきたんですか?」

編集

3コマ目

編集

彩園すず「今週の()()()から…」(雑誌掲載時)
「今巻の()()()から…」(単行本旧版、新装版)

編集

4コマ目

編集

羽美「本当だ!作者の名前が、久米口康治になってる!!」

雑誌掲載と単行本による微妙な違いの部分の1つ。
4コマ目に関しては、羽美の見ているものが今話の扉絵
単行本版は21巻の扉絵(旧版)。新装版に関しては、実は旧版と同じ
新装版ではさすがに再現は無理だったためか、注釈で「少年サンデーコミックス第21巻のことです。」とコマの外に付け加えられた。

編集

5コマ目

編集

生徒手帳「学校法人虎馬高等学校 生徒手帳 防衛特待生2年7組47番

編集

P26

編集

コマ目

編集

P27

編集

1コマ目

編集

ドラム「音魂」

編集

2コマ目

編集

G.(ギター) TAKU(34歳)

編集

Vo.(ヴォーカル) ショー(36歳)

編集

Ds.(ドラムス) アラシ(30歳)

編集

シンバル「MMR」

編集

3コマ目

編集

ショー「つまらねえ大人には なりたかねえ OH YEAH―!!」

「ちょっと反社会的っぽいことを歌って叫んでいれば売れそう」という安易な考えで作られたアマチュアバンドにありがちな凡庸歌詞。

編集

P28

編集

1コマ目

編集

右のポスター「CLANAD」

アダルトゲームのブランドであるKeyが開発した恋愛アドベンチャーゲーム『CLANNAD』。描かれているキャラクターは、メインヒロインの古河渚。

編集

右から2番目のポスター「Seed」

機動戦士ガンダムSEEDのこと。描かれているキャラクターは、ヒロインのひとりラクス・クライン。

編集

左から2番目のポスター「SNOW」

編集

左のポスター「LAKUS」

右から2番目のポスターと同じく機動戦士ガンダムSEEDのラクス・クライン。

編集

右の雑誌「PureGirl?

編集

中央の雑誌「OUT!」

1977年-1995年まで発行されていた月刊アニメ誌『月刊OUT』より。
『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』など70年代後半のアニメブームの波に乗って論評やパロディなどの多彩な企画を展開し、高年齢層アニメファンのいろいろな面の水準を底上げした。

ちなみに、OUTでデビューした漫画家にゆうきまさみがいる。

編集

左の雑誌「アニメージ」

アニメ雑誌の「アニメージュ」のこと。

編集

テレビ画面

チアガール姿の少女は、シスタープリンセスに登場する妹の花穂だろうか?

編集

2コマ目

編集

オタク「アニメは好きだけど、オタクじゃないですってば!!」

部屋中萌えグッズで埋め尽くしといて何言ってんだコイツ……寝言は寝て言え!

類似例では、美形が出る作品しか興味を示さなかったり、散々腐発言をしておきながら「オタクだけど腐女子ではない」と言い張る人とか…(そういう人は沢山いるので決して特定の個人限定の話ではありません)

編集

3コマ目

編集

シャンプー「Shampooかみいきいき」

編集

4コマ目

編集

テレビ画面「ご利用は計画的に」

消費者金融の定番コピー。

編集

5コマ目

編集

昼2時FFオンラインにて

編集

P29

編集

1コマ目

編集

ゲーム「はじめてのおるす板」

編集

作品中で性交渉を行う全てのキャラクターは18歳以上の設定となっております。

18歳になるまで留守番をしたことがない女性って一体何処の財閥の娘でしょうか………?
というツッコミはともかく、こんな屁理屈をかましているうちに→「じゃあ18歳未満に見えるのも駄目」→「基準が曖昧すぎる!悪法だ!」と、ドロ沼になっていく羽目に…

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「世の中そんな説得力のない説得があふれているのです。」

編集

プラント破壊しておいて、ラストで延々と自然保護を訴えるセガール

沈黙シリーズ2作目、沈黙の要塞のこと。 当映画のセガールは監督も務めており同年のゴールデンラズベリー賞最低監督賞を受賞した。

編集

GTRは280馬力なんですってば(おいおい300以上軽く出てんだろ)

国産自動車は最大出力280馬力の自主規制が行われていた。(連載当時。2004年に撤廃。)
自主規制は80年代後半に交通事故死亡者数が増加したことを受けて、運輸省(現・国土交通省)が自主規制を求める通達を出し1990年頃に導入された。280馬力の規制値は、当時発売されていた最新国産車で最大馬力のスポーツカーだったフェアレディZ(Z32型)の最上級グレードの馬力がそのまま採用された。
しかし、その後発売された国産スポーツカーで280馬力を謳う車は、デチューンにより280馬力に抑えているだけで、あくまでも“公称”280馬力というものだった。

スカイラインGT-Rは1989年のR32型から復活したが、R32型、R33型、R34型が全て280馬力を公称している。
しかし、GT-RのRB26DETTエンジンはマイナーチェンジ毎に改良が重ねられており、出力は280馬力を軽く突破している。そのため、販売時には小口径の排気マフラーを装着させておくことで280馬力にデチューンしている。

なお、規制撤廃後の2007年に発売されたスポーツカー・GT-RはVR38DETTエンジンを搭載し、2010年のマイナーチェンジで530馬力の出力を誇る。

編集

新聞広告に載っている肩用マッサージ器(おいおいその形はどう考えても・・・)

編集

畑くんの「金ねえ」発言(MP3プレーヤー買ってんじゃねーよ!)

編集

ホーストの「あんなのK-1じゃない!」発言

編集

Kぼづかくんの「お前らアメポン人か!」発言

俳優の窪塚洋介のこと。
窪塚は「アメポン人か!」発言をはじめとした珍妙な発言をすることから、麻薬使用の疑惑が囁かれていた。

編集

中村ノリの「金じゃない!」発言

中村紀洋の項目参照。

編集

大統領の言う”Justice”

当時のアメリカ大統領、ジョージ・W・ブッシュのこと。

編集

上原の言う”雑草魂”(大学出てて何が雑草だよ)

読売ジャイアンツの上原浩治投手(当時)。
中学時代は野球部が無かったため陸上部に所属し、高校時代は控え投手で甲子園出場も無く、大阪体育大学進学後に投手として評価された経歴を持つ。
ちなみに、「雑草魂」は近鉄バファローズの鈴木啓示投手の座右の銘「草魂(そうこん)」を参考にしたという。

編集

加護ちゃんは好きだけど、ロリコンじゃないよ

加護亜依の項目参照。

編集

くじらは頭がいいから食べちゃダメだってさ

とある国は、鯨油が欲しい為だけに、鎖国している国を無理やり開国したという歴史があって・・・
のち石油が広まって鯨油が不要になったら急に変わったようで・・・

編集

子供たちに夢を与えるため高額年俸を!

90年代のFA制導入の頃からプロ野球の年俸は注目されるようになり、落合博満が日本初の年俸1億円を得たのを境に選手の年俸の底上げが進んで注目が集まり、現在では球団経営にも強い影響を及ぼすようにまでなりました。
それ以前は巨人のような球団はともかく*5、実力があっても観客動員数が少ないと年俸は上げ難い背景もあり、説得力もあったといえましょうが。

編集

ガチンコの”この後、大変なことに!!”

TBS系列局で放送されていた番組「ガチンコ」のナレーション担当の声優、垂木勉のこと。
番組のコーナーである「ガチンコファイトクラブ」などにおける引きに入る際のナレーションが、やたら大げさであることが話題となった。*6

編集

織田無道の説法

90年代は霊能者としてメディア出演も多かった僧侶の織田無道。
2002年に、宗教法人の乗っ取りを図り虚偽の登記を行ったとして、公正証書原本不実記載・同行使の容疑で逮捕された。

編集

4コマ目

編集

看板「塞出版」

編集

5コマ目

編集

雑誌「少年シニア」

編集

書籍「若さ えなり兄」

編集

書籍「オレの反抗期 えなり弟」

編集

書籍「その日から読む本 敗者」

編集

書籍「潔白 マキコ」

編集

書籍「まさし」

田代まさしの項目参照。

編集

P30

編集

1コマ目

編集

中吊り広告「インタビュー 三木道三 ヒットの器」

三木道三の項目参照。

編集

中吊り広告「美肌術 マツヰ」

読売ジャイアンツの松井秀喜選手(当時)と思われる。

編集

中吊り広告「季刊 せっかち」

編集

中吊り広告「ぶらり まっしぐら」

編集

5コマ目

編集

書籍「老いてこそ我が人生 新成人版」

石原慎太郎東京都知事の著書『老いてこそ人生』のパロディ。

編集

6コマ目

編集

書籍「ビバリーヒルズ青春白書 不登校児 著」

編集

書籍「Big Tomorrowビッグトゥモロー 路上生活者 著」

編集

書籍「公園おじさん 著 モダンリビング」

編集

8コマ目

編集

書籍「もうデブとは呼ばせない!! 竹内都● 著(ピンクの●話)」

漫才コンビ「ピンクの電話」の竹内都子。

編集

書籍「でもやせるダイエット 渡部絵 」

元フィギュアスケート選手で、のちタレントに転進した渡部絵美。

編集

9コマ目

編集

社長「のむらさち●の美容の本の説得力のなさも、他社のものとはいえ、あれはすばらしかった。」

編集

P31

編集

2コマ目

編集

社長「三田佳●著の「ママはポヨポヨザウルスがお好き」や。」

女優の三田佳子。息子が覚せい剤所持で逮捕された。
『ママはぽよぽよザウルスがお好き』は、作者の青沼貴子が育児の実情を辛らつながらコミカルに描いた漫画で、TVアニメ化もされている。

編集

3コマ目

編集

社長「孫社長著「YAHOHは大丈夫」や、」

編集

4コマ目

編集

社長「いい●けんじ著「ゲーム論」…」

ゲームクリエイターの飯野賢治。
『Dの食卓』シリーズのヒットで90年代から一躍有名になるが、この当時はヒット作に恵まれず業界から遠ざかる。ただし飯野の設立した会社「ワープ」は社名を変えてIT関連の事業を継続している。

編集

5コマ目

編集

中吊り広告「田中耕 のマジギレ」

2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一だろうか。

編集

中吊り広告「純愛 ジュンイチ」

石田純一の項目参照。

編集

張り紙「家をたてよう2 ムネヲ」

鈴木宗男衆院議員(当時)が国後島での建設事業において不正入札に関与した疑惑が取り沙汰され、建てられた「日本人とロシア人の友好の家」は当時の国会質疑で「ムネオハウス」と称され、不名誉な呼び名として定着してしまった。

編集

9コマ目

編集

看板「ファミリーレストラン Denyroデニーロ」

ファミリーレストラン「デニーズ」と、役作りのためならば体重20Kg増減もやってのける俳優のロバート・デ・ニーロより。

編集

P32

編集

P33

編集

1コマ目

編集

坪内地丹「美●ひばりの長男の“お金の大切さの話”並に、説得力あること言う人間ですよ!!」

編集

4コマ目

編集

看板「バーGEKO」

下戸は酒が苦手ということだろうか?

編集

看板「カフェ猫舌」

熱いものが苦手な人を猫舌という。

編集

看板「犬ショップQ」

オバケのQ太郎は、犬を苦手にしている。

編集

P34

編集

コマ目

編集

P35

編集

5コマ目

編集

表札「しなびれ荘」

編集

P36

編集

コマ目

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

ま、説得力はなくても、山田さんの名前が元通りに戻ってよかった(はぁと)えっ、腑に落ちないって…?


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



第224話『「せっとく」コマンド』

*1 事務所は芸名を商標登録していた
*2 意味は「東京で生きる」の意味とのこと。
*3 仙台七夕祭りの織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)に由来する。
*4 2006年にWiiとして発売された。
*5 王貞治や長嶋茂雄の現役当時でさえも年俸は9000万円に及ばず、個人的に出演したCM等で高い収入を得ていた。これが年俸の底上げを長らく抑えていた要因といわれる。
*6 実際、”この後、大変なことに!!” と煽っておきながら、そんな大したことでなかった回が幾度かあった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-03-11 (日) 13:49:16 (106d)