かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第4巻 かってに改蔵新装版第2巻


編集

第38話『ビギン・ザ・美談!!』

元ネタはコール・ポーターが作曲した歌「ビギン・ザ・ビギン」から。
ジャズのスタンダードナンバーとして有名な曲である。

編集

作品情報

年月日発売、週刊少年サンデー号に掲載。4巻4話


編集

P51

編集

扉絵

雪の中に佇む名取羽美

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

ウフフでもエヘヘでもない
……私をこの冬一番の笑顔にできる?
します!!

編集

P52

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

雪夜のバーには、優しい男達が集まってくる…今週の改蔵はしっとりと、いい話を贈ります(ウソ)

編集

1コマ目

編集

看板「BAR さきわれ」

先割れスプーンのこと。
スプーンでありながらフォークとしても使用できる食器は、いわゆる「spork」として中世ヨーロッパ時代から存在していたが、不人気であまり普及しなかった。先端が三つ又に割れているものは、昭和の頃は文化的であるとして日本国内で学校給食に用いられていた。しかしながら給食の先割れスプーンは酷く使いにくいもので、お箸を持てない子供や犬食い行動を誘発させているとされ、学校給食の現場からはほぼ駆逐された。

なお、形状がより使いやすくなったプラスチック製のものは、広くコンビニ弁当などで普及している。

編集

P53

編集

P54

編集

4コマ目

編集

客「我々は美談を信じる会‥‥‥」「ラ・ビダンの者なのです。」

ラlaはフランス語の定冠詞*1で、英語のtheと同様に使われる。

編集

P55

編集

コマ目

編集

P56

編集

1コマ目

編集

看板「皮井楽器」

大手楽器メーカーの河合楽器のもじり。

編集

4コマ目

編集

客「ニューヨークのスラム街で貧しい黒人の少年がトランペットが欲しくて・・・」

サッチモことルイ・アームストロングの少年時代の逸話とも言われているが、ルイは少年院に入っていた頃に音楽に触れた経緯もあるので真相は定かではない。
ストーリーはレイチェル・イザドラの絵本『ベンのトランペット』にも似ており、こちらが元ネタの可能性も高い。

編集

P57

編集

4コマ目

編集

模型「別府鉄道キハ3(特別限定)」

別府鉄道(現:別府タクシー株式会社)が運営していた野口線に配属されていた車両。1921年~1984年まで兵庫県加古川市の野口 - 別府港間を結んでいた。 車両キハ3は、長野県と山梨県にまたがる小海線で1930年代に運用されたキハホニ56形気動車を流用したもので、山岳鉄道ならではのディーゼルエンジン塔載車でもある。

編集

P58

編集

コマ目

編集

P59

編集

コマ目

編集

P60

編集

7コマ目

編集

勝改蔵「天才出版美談シリーズ3‥‥‥『走れオサム』を!!」

太宰治の小説『走れメロス』より。

編集

P61

編集

5コマ目

編集

勝改蔵「タイムはなんと42.195キロを2時間ジャスト(世界記録)でした。」

今話が掲載された1999年2月時点でのマラソンの世界最高記録は、ブラジルのロナウド・ダ・コスタRonaldo da Costaが1998年9月20日のベルリンマラソンで記録した2時間6分5秒。1988年にエチオピアのベライン・デンシモBelayneh Dinsamoが樹立した2時間6分50秒の記録を10年ぶりに破った。

編集

7~8コマ目

編集

客「身がわりになった友人は!?」「友情はどーなったんだ!?」
勝改蔵「まあ、そのへんは特に重要でもないし・・・」

実際の『走れメロス』の執筆のヒントには、作家仲間の檀一雄との事件がある。
檀の著作『小説 太宰治』によると、

太宰が熱海の旅館に行ったきり帰ってこないことを心配した夫人から
様子を見てくるよう檀が頼まれたが、
太宰にまるめこまれて有り金を飲み代に使ってしまう。
太宰は師匠の井伏鱒二に金を借りてくると言い、
檀を旅館に残したまま東京に行くが戻って来ず。
痺れをきらした檀は旅館を説き伏せて自分も井伏宅に向かう。
そこでは太宰は井伏と将棋を指していた。
怒る檀に太宰は「待つ身が辛いかね。待たせる身が辛いかね。」 と言ったという。
太宰もまた、井伏に借金の話を切り出せないでいたのである。

と書かれている。

編集

P62

編集

3~6コマ目

編集

客「貧しい夫婦が互いにクリスマスプレゼントを送る話だ!」

O・ヘンリの短編『賢者の贈り物』より。

編集

P63

編集

4コマ目

編集

勝改造「そのほかにも天才美談シリーズは色々あるが…」

編集

本「『忠犬フェチ公』生涯主人の靴を愛した犬」

大正時代にあった「忠犬ハチ公」の逸話より。

編集

本「天才美談シリーズ(129)『ごんけつげ』ごんは毎日植毛し続けました」

新美南吉の童話『ごん狐』。

編集

本「天才美談むかし話『ヌイた赤鬼』赤鬼はわんわんヌキました わーん こすこす」

浜田廣介の童話『泣いた赤鬼』。
「はーん こすこす」は南国の主人公・蘭堂月斗がよくしていた行為の擬音。

編集

P64

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「テレビ「知ってるつもりかも」の司会でおなじみのヒロシ!」
元天才塾 司会コース ヒロシ

テレビ番組『知ってるつもり』の司会者である関口宏

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「通称 メッシュ!!」

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「ボク、メッシュ司会の番組全部見てます!」

編集

ゴッチの料理ショー(カール)

プロレスラーのカール・ゴッチと日本テレビの番組『どっちの料理ショー』より。
ブリッヂをしているのはゴッチの得意技がジャーマン・スープレックスであったことから。
右端の審査員の「テーズ」はゴッチのライバルで共に活躍したレスラーのルー・テーズより。こちらはバックドロップが得意技だった。

編集

盗聴 フレンドパーク

TBSの番組『東京フレンドパークII』より。

編集

3コマ目欄外

編集

フレンドパークはコナンのウラなので見れない

当時関東地域では『名探偵コナン』は月曜夜7時30分からの30分番組であったため、月曜夜7時放映の1時間番組である『東京フレンドパークII』とは上映時間が重複していた。

編集

P65

編集

3コマ目

編集

ヒロシの姿勢

関口宏が司会をしていたクイズ番組『クイズ100人に聞きました』で、回答者席にひじをつく姿勢をよくとっていた。

編集

P66

編集

コマ目

編集

ヒロシ「あまりの美談に彼の記念碑をたててみました。」

地丹ボッキ像。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

おめでとう地丹! ビッグな銅像デビュー&テレビデビュー!! でも全然うらやましくないぞー!!


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



第38話『ビギン・ザ・美談!!』

*1 単数形の女性名詞に用いる。単数形の男性名詞にはルle、複数形には性別を問わずレlesが用いられる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-12-06 (木) 20:13:43 (12d)