かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第6巻 かってに改蔵新装版第3巻


編集

第61話『廃線から愛をこめて』

映画007の傑作『ロシアより愛をこめて』からか?
深読みすると、この話の少し前に映画『鉄道員』が公開されており、展開にはこの影響もあるかもしれない。

編集

作品情報

1999年8月4日発売、週刊少年サンデー35号に掲載。6巻4話


編集

P53

編集

1コマ目

編集

扉絵

廃線となった「あまかみ駅」

編集

扉絵内の文(あおり文)

編集

今週もリゾートだ! ラヴラヴ~~♥

編集

P54

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

深夜の廃線の駅跡…一人の鉄道マニア(ちたん)がず~~~んと暗い顔して立っている…ムム、事件のにほい!

編集

1コマ目

編集

駅名票「あまかみ」

隣の駅は「つまはじき」と「ふたまた」

編集

坪内地丹の全身絵

編集

Tシャツ「くろしお」

JR西日本の特急くろしおのヘッドマーク。

編集

P55

編集

コマ目

編集

P56

編集

1コマ目

編集

看板「民宿リオデジャ」

山田さんの台詞通り、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロからだろうか。

編集

P57

編集

3コマ目

編集

名取羽美「き…きたろう?」

ゲゲゲの鬼太郎のパロディ。髪の毛が妖気アンテナとなっている。

編集

P58

編集

2コマ目

編集

彩園すず「石炭が黒いダイヤといわれていた時代、ここは炭鉱町で、かなり活気に満ちていたの。」

実際に日本でも石炭産業が盛んだった明治から戦前にかけては石炭運搬や地域交通の充実のために必ず鉄道が作られていたが、戦後の衰退とともに多くが廃線となった。
1999年6月に公開された浅田次郎原作の映画『鉄道員』も、閉山で寂れた元炭鉱町を走る鉄道でのお話でした。今話掲載の直後に『月刊アフタヌーン』にてながやす巧作画の漫画版も載りました。

編集

炭鉱夫たち

メサイヤから発売されたゲーム『超兄貴』っぽい。

編集

P61

編集

3コマ目

編集

柱時計「SEIKE」

SEIKO(⇒の時計。おそらく前身の服部時計店時代のもの。
時刻はちょうど午前2時(草木も眠る丑三つ刻)です。

編集

4コマ目

編集

地丹のスポーツバッグ

編集

5コマ目

編集

勝改蔵「知ってるぞ、その遊び “絶望”だろ!」

この頃から既に次回作の片鱗を思わせるネガティブ志向の発露。
ちなみに、これににた遊びの「かごめかごめ」も歌詞を不吉な意味に解釈できるとする異説が多々あるようです。

編集

P64

編集

2コマ目

編集

ピパロパッピ ←着メロ

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「あ――っ!? おはスタ、見てるよー。」

1997年から放送されているテレビ東京の朝番組『おはスタ』のこと。

編集

4コマ目

編集

勝改蔵「ベッキーちゃんとおはガールはちがうの?」

女性タレントのベッキー。
テレビ東京系列の子供向け番組『おはスタ』がデビュー。連載当時もレギュラー出演していたが、この時はまだおはガールにはなっていない。
その後、2000年度のおはガールを務めている。

編集

7コマ目

編集

ヘッドホン「SOMY」

ソニーのこと。

編集

9コマ目

編集

雑誌「モー」

学研のオカルト雑誌「ムー」のこと。

編集

P65

編集

1コマ目

編集

一日駅長

編集

2コマ目

編集

駅弁「名物駅弁 やきそばパンの伝説」

編集

7コマ目

編集

幽霊「連結させてください!」

編集

P66

編集

2コマ目

編集

彩園すず「連結するんなら、連結器のカバーはずしたら?」

言わんとしてることは当Wikiでは書きにくいことなので割礼、もとい割愛します。
自動開閉式の連結器カバーを持つ車両では新幹線E3系以降になります。

編集

3コマ目

編集

電車

JR北海道の721系快速エアポート専用電車。

編集

4コマ目

編集

仮性カバー

貨物路線などで中途連結作業が多く行われる場合は着脱作業を早くするため仮性、もとい簡易カバーを使用することがあります。
国鉄時代の古い車両に多く、また雪の多い寒冷地などでは連結器を守るために金属製カバーを使用することが多いようです。
あくまでも、連結器のことです。

編集

真性カバー

貨物路線が減った近年のカバーは殆どがこうした真性、もとい金属製の硬質なものになってます。
あくまでも、連結器のことです。

編集

P67

編集

1コマ目

編集

名取羽美の持っている人形

股裂き人形。これが初登場です。

編集

2コマ目

編集

名取羽美「たった今、私の魂が高野山で徐霊術を学び帰ってまいりました。」

高野山真言宗の総本山である金剛峯寺がある山。和歌山県にある。開祖である空海が唐で学んだ密教を基にしており、厳しい修行によって教義を実践、伝持する点に特徴がある。

編集

P68

編集

6コマ目

編集

坪内地丹「ボク、飛んでるよ。」

『伝説巨神イデオン 発動篇』ラストシーンより。
裸で飛翔は富野由悠季監督にとってもこだわりがあるらしく、『ブレンパワード』のOPや『∀ガンダム』のEDでも見ることができる。

編集

7コマ目

編集

山田さんの夏休み絵日記「7月31日 友達がお星さまになった。」

『伝説巨神イデオン』劇中の台詞にも「みんな、星になってしまえ!」とある。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

ごらん、あのひときわ卑屈に輝く星が、鉄道マニア地丹星だよ…ってちょ~~っとかわいそうやね…


編集

かゆいところ

この話からしばらく、作画に変化あり。キャラクターの目元を少しぼかして描いている。


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板


Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第6巻 かってに改蔵新装版第3巻

第61話『廃線から愛をこめて』

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2011-06-06 (月) 14:44:47 (3056d)