かってに改蔵各話リスト

Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第6巻


編集

第64話『ダイヤの6が出てこない!!』*1

往年の女性アイドルグループ・キャンディーズのヒット曲『ハートのエースが出てこない』より。

編集

作品情報

1999年9月1日発売、週刊少年サンデー39号に掲載。


編集

P101

編集

扉絵

草原の岩の上に腰掛ける蝶柄ワンピース姿の彩園すず。背景に夏の入道雲。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

すず様おねがい、僕のこの想い受け止めて!(by全国一千万のすずファン)

無視ーーーー (byすず)

編集

P102

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

誰だって苦い思い出はある。ここに一人、苦い思い出のせいでグレてしまった変態さんがいた……

編集

1コマ目

トランプあそびの定番「七ならべ」。

編集

P103

編集

2コマ目

編集

友達A「もう3パスしてるから」
友達B「パスできないぞ」

トランプにはローカルルールがあり、「七ならべ」のパスの回数が2回のところと3回のところがあるようだ。ここでは「3パスしてるから」とあるので、3回までOKのようだ。

編集

P104

編集

1コマ目

編集

看板「CDビデオ レンタル鯖缶」

編集

看板「ビデオ オール300円」

編集

ポスター「山田丸 宇宙(そら)へ」

編集

ポスター「山田三郎物語」

第44話『復活のドラマー』に登場した山田さんの父親のこと。

編集

P105

編集

1コマ目

編集

ビデオ「アニメ 伊達正宗」「思春期の悩み編」

編集

5コマ目

編集

書店の看板「本 週刊少年サンデー」

ナマズの絵は週刊少年サンデーのロゴマーク。

編集

書店の庇「教科書販売 週刊ゲンナリ FLESHU! 書籍」

学校の近くにある書店では、教科書販売を委託されていることが多い。
週刊ゲンナリは講談社「週刊現代」、FLESHU!は光文社の写真週刊誌「FLASH」のこと。

編集

ポスター「POKIMON」

ポケモン?のこと。イラストはピカチュウ。

編集

P106

編集

2コマ目

編集

コミック「FLOOR COMICS 『れっつパリっ娘』 パリっ娘」

小学館フラワーコミックス。
細川知栄子の漫画『泣くな パリっ子』であろうか?

編集

P107

編集

5コマ目

編集

カード

北条司の漫画『キャッツ・アイ』に登場するキャッツカード。

編集

P108

編集

コマ目

編集

P109

編集

P110

編集

1コマ目

編集

勝改蔵「マンガにおける一巻とばしは非常に危険なのだ。しかもとばす巻によってはとりかえしのつかないことに…」

ベルセルクの13巻とばしは、のちに『以下略』(平野耕太)でもネタになったほどの危険行為。

編集

2コマ目

編集

勝改蔵「オレも昔、某野球マンガを一巻だけとばして読んだら…ふたごがひとりっ子になってたり…」

あだち充の漫画『タッチ』のこと。

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「あの名作・漂流教室では一巻とばすと、何十人もいなくなってることもある!」

謀図かずおのSF漫画「漂流教室」のこと。
荒廃した未来の世界が主な舞台であるため、登場人物が一巻で何人も死ぬという鬱展開が多くみられる。

編集

勝改蔵ドラえもんのあの6巻をとばした日にゃあ行ってもいないドラえもんが帰ってきたりと!」

ドラえもんの項目を参照。

編集

4コマ目

編集

勝改蔵「それどころか、マンガの内容すら変わっていることがあるのです。」

格闘ものへの転向は、アンケート重視主義でバトルものが好まれる『週刊少年ジャンプ』によくありがち。

編集

学園もの→格闘モノ

冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』のことだろうか?

編集

ちょっといい話→格闘モノ

これも『幽☆遊☆白書』でしょうか。

編集

ギャグ→格闘モノ

ゆでたまごの漫画『キン肉マン』。そもそもこの漫画は赤塚賞*2受賞作で、序盤は『ウルトラマン』をパロディしたドタバタギャグ漫画だったが、「超人オリンピック編」辺りからギャグ一切なしの純粋バトル漫画に変遷していった。今となってはプロレス漫画の代表格と見なされ、もはや怪獣を相手にしていた事すらなかった事に…

編集

彩園すず「アイスホッケーまんがが下ネタまんがになったってのもあるけどね。」

久米田先生の自虐ネタ。
詳細は『行け!!南国アイスホッケー部』の項目を参照。

編集

5コマ目

編集

勝改蔵「あんなに強かったあいつが、一巻飛ばしただけで子供に一撃で負けてたり!」

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』のこと。描かれているのはフリーザ(上は第一形態、下は最終形態)とトランクス。当初フリーザは孫悟空を圧倒していたが、復活した際にはトランクスに瞬殺されている。

編集

P111

編集

4コマ目

編集

教授 さくぢ

エジプト考古学の世界的権威で早稲田大学の吉村作治教授のこと。
長らく助教授のままだったが、1998年についに教授となった。

編集

7コマ目

編集

勝改蔵「教授は考古学の権威で様々な遺跡を発掘!数々のミッシングリンクを埋めてきた実績をもつのだ!」

編集

教授が発掘した遺跡の数々

編集

ドルアーガーの塔

1984年にナムコより発売されたファミコンソフト『ドルアーガの塔』のこと。

編集

二里の長城

中国の万里の長城のパロディ。

編集

ダーマーの神殿

エニックスより発売されているゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズに登場する転職のできる神殿のこと。

編集

ホワイトドール

∀ガンダム』の機体、∀ガンダムのこと。ディアナ・カウンターの砲撃に反応して神像「ホワイトドール」から出現した。ミリシャからは「ホワイトドール」と呼ばれる。

編集

2階建ての塔

編集

P112

編集

3コマ目

編集

勝改蔵「教授の某野球マンガのミッシングリンクを埋めた論文は見事でした。ふたごが一人っ子になってしまったのはタツヤがカズヤにパイルダ―オンしていたとは…今最も有力な説となっています。」

上述のタッチのこと。詳細は当該項目を参照。

パイルダ―オンは永井豪の漫画『マジンガーZ』で、主人公・兜甲児が乗る小型戦闘機ホバーパイルダー(後半はジェットパイルダー)とマジンガーZ本体が合体する時の掛け声。

編集

P113

編集

コマ目

編集

P114

編集

3コマ目

編集

坪内地丹「はっ…ボクの模型の中間車両が!?」

特急スーパーあずさに使用されているE351系。

編集

P115

編集

1コマ目

編集

預金通帳「総合口座通帳 彩園すず 様 虎馬信用金庫」

意外な伏線?

編集

7コマ目

編集

ここで今回の話に2ページ分のミッシングリンクが発生しました。

編集

P116

編集

6コマ目

編集

山田さんの夏休み絵日記「8月31日 本当の戦いはこれからだ…」

『週刊少年ジャンプ』などで打ち切りとなった漫画にありがちな表現。

編集

欄外

編集

失われた2ページをひろわれた方連絡ください。
描いたはずなんです。ウソじゃありません。

編集

欄外・横(雑誌掲載時のみ)

編集

久米田先生、原稿(2ページ分)をもらった記憶がないんですが…これもミッシングリンク…?((たんとう)


編集

かゆいところ


編集

コメント欄

掲示板もあります。 久米田康治ワールドWikiサイト掲示板
Wikiの内容に関するチョットした事は↓のコメントへどうぞ。



Tag: かってに改蔵 かってに改蔵各話 かってに改蔵第6巻

第64話『ダイヤの6が出てこない!!』

*1 「ダイヤ」の部分は「◇」
*2 『週刊少年ジャンプ』のギャク漫画賞。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2016-10-22 (土) 22:03:30 (546d)