Tag: 作者

編集

紙ブログ(かみぶろぐ)

さよなら絶望先生巻末にある、各話のテーマを基本とした日常生活の雑記。

編集

概要

ブログ」とはweblog、つまり「Web上での運用記録」の略語なので、紙媒体のモノは通常「ブログ」の名を付けない。
だが昨今、記録媒体としての意味を持ち始めるにあたり、当初の意味であったはずの 「ログ」だけではなく、更新され続けるページとしての意味が強まった。そのため今では「更新」さえされているページであるならば、「ブログ」と位置づけされている。

編集

特徴

さよなら絶望先生単行本の巻末にみられる紙ブログは、『かってに改蔵』第19巻以降の「今巻の反省文」*1を踏襲したもので、各回のテーマを基準として書かれていた。単行本第九集からは、単行本編集段階での雑記の色彩が強くなっている。しばしば、巻末コメントの詳細な説明がが書かれる。
内容は、『かってに改蔵』時代を引き継ぎ至ってダークで悲観的、またネタ成分が多いのが特徴。ほぼ毎回のように弟子(畑健二郎)いじりをしているが、基本的には誇張していたり、久米田先生ならではのユーモアたっぷりの文面上のちょっかいにすぎない。
中にはこれを根拠に「師弟の関係が悪くなっているのでは?」と思い込んでいる人も・・・。

編集

「紙ブログ」解析

内容に関しては各巻を参照。

編集

さよなら絶望先生第一集

編集

さよなら絶望先生第二集

編集

さよなら絶望先生第三集

編集

さよなら絶望先生第四集

編集

さよなら絶望先生第五集

編集

さよなら絶望先生第六集

編集

さよなら絶望先生第七集

編集

さよなら絶望先生第八集

編集

さよなら絶望先生第九集

トラックが
アニショー(アニメとショー)
さよなら絶望先生アニメ化決定の感想。
生前葬
講談社漫画賞授賞式二次会の裏話。
打ち入り
アニメのアフレコ現場の感想と、久米田少年のトラウマについて。
受賞の日
講談社漫画賞受賞の知らせを受けた日のこと。
編集

さよなら絶望先生第十集

土の中に17年
苦節17年、初めてアニメ化が決定した漫画家。
日給1000円
ビックカメラのゲーム売り場に行った話。
摘日鈴
涼風の子供の名前について。
視界ぼんやり
老化現象の話。
15の僕へ
久米田先生の15歳の頃の思い出。
アニ短・夜学生
アニメ化で浮かれる久米田先生
ポロロッ苦
アニメ化で浮かれてガッカリする久米田先生
編集

さよなら絶望先生第十一集

前文
ダ・カーポⅡ
きよ彦の夜
クジラを求めて自分晒しの旅
420円ですいません
少年マガジンコミックスの値上げについて。
竹田哲也は二人いる
久米田先生の編集担当だった竹田哲也氏のこと。
死臭(デスポエム)
編集

さよなら絶望先生第十二集

前文
12年前のネズミ年に『太陽の戦士ポカポカ』が打ち切りになった時のこと。
OP
おしゃれピープル。
MY喪中
年賀状が来ないことについて。
お行儀の悪い商売を始めました
お行儀の悪い商売について。
エンドカード
第二期第05話でようやく採用となった畑健二郎先生のエンドカードにまつわる逸話。
印税生活
第二期第01話にて久米田先生作詞の『トロイメライ』を風浦可符香役の野中藍熱唱したことについて。
編集

さよなら絶望先生第十三集

ムーン
アニメロス症候群にかかった久米田先生
疑惑の銃弾
1年半通った歯科で職業がバレたいきさつ。
文化人
俳優・古田新太からインタビュー依頼が来たいきさつ。
台湾でサイン会!?
台湾からサイン会の打診。
スキップ
スキップの仕方を忘れた久米田先生
編集

さよなら絶望先生第十四集

思ひでボロボロ(長文注意)
漫画家・雷句誠小学館原稿紛失訴訟に関連して週刊少年サンデー在籍時代の話。
故人の大罪
過去のシモネタ漫画について。
さよなれ絶望先生
単行本第十五集限定版の価格設定に関する裏話。
編集

さよなら絶望先生第十五集

あたし漫画家
ケータイ小説『あたし彼女』について。
コノクニノヒトヤサシイヨ
久米田先生の台湾訪問記。
魔女になったプリンセス
いわゆるまゆたんキラーパス事件の後日談。
お知らせとお詫び
少年マガジンコミックスの値上げについて。
編集

さよなら絶望先生第十六集

ゆっくり歩く小学生
黒い執事
NTTドコモケータイのiモードの有料サービス「iコンシェル」について。
IT業界誌『ITmedia』でも取り上げられた(⇒)。
イータ君が来た
絶望先生キャラクターグッズについて。
うろ覚えデビュー作
久米田先生の思考パターン「ストーリーの脳内改竄」。
SZBH→TKHS
さよなら絶望放送について。
マジムカツクその23
さよなら絶望放送前田くんが出演したことについて。
編集

さよなら絶望先生第十七集

消費不況
お金の使い方について。
畑健二郎先生が白石涼子にいちごを差し入れした話。
卒業写真
サンデーマガジン50周年のイベントについて。
時をかける全裸
草彅剛の起こした全裸わいせつ事件に関するネタ。
編集

さよなら絶望先生第十八集

黒帯危機一髪!
単行本第十七集発売の際に発生した「単行本のオビ巻き忘れ事件」について。
声優デビュー
アニメ第三期第05話畑健二郎先生が本人役で出演したことに関しての後日談。
魔餓陣奇談
2009年はお盆休みに週刊少年マガジンが合併号ではなく通常通りに発刊されたことについて。
シャドーじいちゃん
霊病(レーシック)
畑健二郎先生が受けたレーシック手術に関するネタ。
編集

さよなら絶望先生第十九集

原作とかのアレ
じょしらくについて。
18年間とかのアレ
じょしらくが読者アンケートで大人気になったこと。
ペンネームとかのアレ
久米田先生が本名で仕事を始めてしまったがために苦労した話。
太宰映画とかのアレ
トラウ曼荼羅
久米田先生の実家が建て直しになる話。
編集

さよなら絶望先生第二十集

チェンジ!
久米田先生が福袋を購入した話。
シムシティ
久米田先生ヒックとドラゴン取材のためにアメリカ・ロサンゼルスへ行った話。
チームマイナス25%
久米田先生ヒックとドラゴン試写会の感想を求められた際の苦労を、国連で演説した鳩山首相になぞらえて。
チャーリーと夢のアニメ工場
ヒックとドラゴンの制作現場を見学した感想。
あれとは違う
じょしらくにてヤス先生とのやり取りに齟齬が生じてしまい、覆面落語家が登場してしまった経緯について。
編集

さよなら絶望先生第二一集

20年目のありがとう
久米田先生の漫画家デビュー20周年について。
山下でいいから手伝ってほしい。
177話の単行本追加ページに登場した、前田くんが見た夢に現れたアシスタント「山下」について。
担当の憂鬱
じょしらく第壱巻特別版付録キャラ落語CDにおける小野恵令奈起用の経緯。詳細は小野恵令奈の項目を参照。
つ・ぶ・や・い・ちゃ・う・ぞ
Twitterについて。
踏み台天使
久米田先生の自虐童話。
編集

さよなら絶望先生第二二集

久米田康治は『ヒックとドラゴン』を応援しています
ヒックとドラゴンの宣伝マンガを依頼されたにもかかわらず、著作権の都合で絵に描けなかったことについて。
成長の吉本さん
新しく担当編集者になった吉本さんについて。
真実の山下
幻のアシスタント・山下の後日談。
Mの死海文書
絶望先生アニメになる前に、前田くんが妄想で書いた声優のキャスティング表のこと。
童話『とりあえず倉庫』
久米田先生の自虐童話。
編集

さよなら絶望先生第二三集

大家と更新料
とある漫画家の20周年報
記者ヨシモトの帰還〜オレの担当がこんなに杓子定規な訳がない〜
オレかわいそう童話「AIへんしゅうと一人ぼっちのまんが家」
編集

さよなら絶望先生第二四集

いつも応援して下さる読者のみなさまへ
前田くんの結婚話。
オレ分社化
改蔵人間は単三電池の夢を見るか
かってに改蔵アニメ化話。
ヤミ金鈴木さん
編集

さよなら絶望先生第二五集

いずれも東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)のエピソード。

3月11日
3月11日夜
3月18日
4月某日
編集

さよなら絶望先生第二六集

第一話 2号見参!!
コミックライターズ∞のチャリティー話。
第二話 怪奇スイーツ男爵
頂いた土産物話。
第三話 恐怖!節電男
クールビズと下ネタ話。
第四話 偽ライター現る
ライフネーム(生活名)について。
最終話 ライター死す?
眼鏡話。
編集

さよなら絶望先生第二七集

どうなってる脳
268話『ペイの拡充』の未収録について。
どうなってる体
手足口病の罹患について。
どうなってる目
担当編集者の鈴木氏の離婚について。
どうなってるの世
前田くんの置き引き被害について。
編集

さよなら絶望先生第二八集

しゅざい!
東日本大震災特集番組の取材依頼と、前田くんの出演について。
おしおき!
とらのあなによる前田くんの同人誌誤配送事件について。
いまじん!
連載終了後の世界と三浦敏宏氏提案の次回作の想像。
編集

さよなら絶望先生第二九集

この集の紙ブログは「ジェットストリーム」風のナレーションで全記事が通されている。

塩糀人気に嫉妬
塩麹ブームについて。
半ケツ王子
少しづつ損をする体質について。
スイーツ記者
担当編集者の鈴木氏がジョシジマくんへクラスチェンジ。
無の着地
連載終了後のボケへの恐れ。
あくまでチキン
「ケントッキー」の思いつきについて。
編集

さよなら絶望先生第三十集

始末書
コミックナタリーのインタビューと、本作のエンディング構想について。
バスに乗り遅れるな
本作の最終話までの構成と30X話について。
ジョシジマくんの甘い事情
ジョシジマくんエピソード。
終わる言葉
連載を終えて、読者への感謝の言葉。

*1 週刊少年サンデー時代に雑誌Webサイト『Webサンデー』のサンデーバックステージにて、あまりにもネガティブなコメントを連発したため、編集側にwebでのコメントを禁止されたため、単行本巻末の活字媒体に移動したもの。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-08-21 (火) 12:26:32 (2099d)