Tag: 作者

編集

講談社漫画賞受賞コメント

編集

受賞のことば

今生での受賞は無理だと思っていました。
早くて来世、いや再来世に獲れたらいいなぁと思っていました。
なので本当に驚いています。
担当さんも驚いています。
スタッフも驚いています。
読者も驚いています。
マガジン編集部の人も驚いています。
少年サンデー編集部の人も驚いています。
僕は三生分の運を使い果たしました。現世はもちろん、来世も再来世もいい事一つ無いでしょう。
それでもいいんです。
金箔をふりかけられたゴミ虫は、決して黄金虫にはなれない事を知っています。
それでもゴミ虫は幸せでした。
一瞬でも輝けたのですから。
本当にありがとうございました。

編集

候補作一覧(作品名五十音順)

編集

少年部門

  • 『怪物王女』 光永康則
  • 『ゴッドハンド輝』 山本航暉
  • さよなら絶望先生』 久米田康治
  • 『史上最強の弟子ケンイチ』 松江名俊
  • 『DEAR BOYS ACTⅡ』 八神ひろき
編集

児童部門

  • 『ケシカスくん』 村瀬範行
  • 『地獄少女』 永遠幸/地獄少女プロジェクト
  • 『デルトラクエスト』 エミリー・ロッダ/にわのまこと
  • 『天使のフライパン』 小川悦司
  • 『ラブ・ベリッシュ!』 春田なな
編集

少女部門

  • 『IS』六花チヨ
  • 『君に届け』 椎名軽穂
  • 『純愛特攻隊長!』 清野静流
  • 『BOYSエステ』 真崎総子
編集

一般部門

  • 『おおきく振りかぶって』 ひぐちアサ
  • 『紅匂ふ』 大和和紀
  • 『新宿スワン』 和久井健
  • 『デトロイト・メタル・シティ』 若杉公徳
  • 『働きマン』 安野モヨコ
編集

選評(選考委員五十音順)

編集

軽部潤子

揉めました

本を全巻読み終えたとき、(これは難しい選考会になるのでは……)と思いました。
案の定、選考会が始まり、なかなか決定せず、後で考えましょうという部門も
ありました。 特に少年部門は冊数も多く(長く愛され連載している)作品にもパワーがあり、
どれを選べばいいのか混乱しました。

さよなら絶望先生』と『DEAR BOYS ACTⅡ』のダブル受賞で溜飲が下がりました。
実はできればこの2作品のどちらかが受賞してほしいと心の底で思っていたからです。
少女部門も『IS(アイエス)』と『君に届け』でスパッと決まらず、
取材力を感じる『IS』に軍配があがりました。個人的には『君に届け』は
大変楽しみな作品で今後の展開に期待を持っている作品です。

『おおきく振りかぶって』は昨年のノミネートから気になっていた作品だったので
嬉しかったです。
受賞者の皆様、本当におめでとうございます。

編集

しげの秀一

選考を終えて

児童部門では『デルトラクエスト』と『天使のフライパン』の2作品を推しました。
結果的には『天使』の画力と安定した仕事ぶりが一歩リードという事です。

少年部門は最後まで難航でしたが『さよなら絶望先生』と『DEAR BOYS ACTⅡ』の
ダブル受賞という事に落ち着きました。個人的には『史上最強の弟子ケンイチ』が
好きでしたが……。
少女部門では『BOYS エステ』を強く推したのですが他の選考委員の方々の
支持を得られずに残念でした。もちろん『IS』はデリケートな
テーマに臆することなく挑んだ意欲作であり高い評価をしています。

一般部門ではすんなりと『おおきく振りかぶって』に決まりましたが、
個人的には『新宿スワン』に心揺さぶられるものを感じました。
2度目の選考会を終えてつくづく思うのですが、ノミネートされた作品達を
ふるい落とす作業の辛いこと辛いこと……ごめんなさいとしか言いようがないです。

編集

寺沢大介

誠実な仕事を

各審査員によって好みもあり、それぞれ独自の審査基準に従って意見を
述べていくわけですが、僕が一番重く見るのは発行部数でも掲載雑誌でもなく、
細部に至るまで作家の目が行き届き、誠実な仕事がなされている作品で
あるかどうかです。
今回の受賞作は特にそういう面で感心させられる作品が多く、
評者にとっても嬉しい結果になりました。

『天使のフライパン』は作者の少年誌時代からの丁寧な仕事ぶりが好印象。
『DEAR BOYS ACTⅡ』は前作を通じてまだ受賞していないのが不思議なほどの
完成度の高さ。『さよなら絶望先生』はとにかく細部まで詰め込まれたギャグが
秀逸な大好きな作品です。

『IS』には作者の真摯な題材の掘り下げに感銘を受け、
『おおきく振りかぶって』はこれは最早当然の受賞というべきでしょう。

残念だったのが『君に届け』。胸の熱くなる、本当に素敵な作品。来年に期待です。

編集

深見じゅん

受賞された皆様、本当におめでとうございます。

さよなら絶望先生』の洒脱で丁寧な絵と諧謔の利いた笑い。
『DEAR BOYS ACTⅡ』の面白さ。どちらも決められず、2作ともの受賞となりました。

『君に届け』も、本当に少女らしい爽やかさがあり、迷いに迷いました。

最終選考に残った作品は、どれも上質な楽しさを読み手に与えてくれました。
ハラハラして、ドキドキして、感動して、笑って。読み終えたとき
「どれが一番?」との問いは、とても辛く、答えに窮します。

個人的には『紅匂ふ』。精緻で、あでやかな祗園という世界を
味わい尽くせる名品だと思いました。

編集

福本伸行

なるべく「ひとつ」と思いつつ……

今回も、多種多様な漫画に触れられ、有意義で楽しい漫画読みができた。
しかし、選考となると、話は別。みな、面白く、苦しんだ。

「児童部門」『デルトラクエスト』『ケシカスくん』も面白かったが、
丁寧で温かい仕事が評価され『天使のフライパン』に決定。

「少年部門」紛糾した。『さよなら絶望先生』『ゴッドハンド輝』
『DEAR BOYS ACTⅡ』この3つで悩んだが、バスケ漫画の草分けで、
実績も申し分ない『DEAR BOYS ACTⅡ』、マガジンの新風『さよなら絶望先生』の
2作が最終的に受賞。

「少女部門」『IS』に決定。2000人に1人、男と女の間の性。
そういう特別な話…のはずが、いつのまにか、全ての人間が、
じつはそれぞれ個別だと、気づかせてくれる傑作。

「一般部門」『おおきく振りかぶって』に、決定。でも、『新宿スワン』も、
素晴らしい。ヤクザの怖さの描き方、秀逸。面白かった。

編集

藤本由香里

一般部門はほぼ満場一致で『おお振り』に決まった。大好きな作品で、
文句なし、順当な受賞だと思う。児童部門は『デルトラクエスト』を
推す声もあったが、「画面の安定感が抜群」と評価する声が高く
『天使のフライパン』に。『地獄少女』は決めゼリフや画面の鮮やかさは
魅力的だが、「地獄に落ちても相手を殺す」というのが道徳的にどうか……
との疑問が多かった。

昨年に引き続き激戦だったのは少年部門と少女部門。

少年部門では前作から引き続いての『DEAR BOYS ACTⅡ』の人気と実績に
応えたいとする声が強い一方、『さよなら絶望先生』のセンスと勢いへの評価も高く、
作風が全く違うことからダブルの受賞となった。

難しい題材を丁寧に描いた『IS』と、少女マンガの楽しさにあふれる
『君に届け』の評価は拮抗したが、『君に届け』はまだ3巻、
ということで最終的に『IS』の受賞が決まった。『君に届け』は、
来年以降に期待したい。

編集

森川ジョージ

今年も疲れました

レベルの高い作品が出揃い、今年も審査員一同、頭を抱える場面の多い選考会と
なりました。一般部門はほぼ満場一致で、児童部門は丁寧で読み易いという理由で
受賞作が決まりましたが、少年・少女部門はもう大変でした。

審査員は奇数なのに何度多数決をとっても決まらず、
順位をつけなければならない作業の難しさを痛感しました。
審査員の顔ぶれが違えば、別の作品が受賞していたかもしれません。
それほど拮抗した微妙な判定でした。KOに至らなくても名勝負はあるという典型です。

近年は画力・構成力の質が高い巧者が目立つ傾向にありますが。
難航の原因はそこにあるとも思われ、なるべく人の意見に身をまかせようと
思っている自分としては困っています。下手でも勢いでKOしてくれる作品の
登場を望みます。

受賞作には心からおめでとうと。そして、候補作全てが楽しく読めました。
今後も雑誌と業界の牽引をよろしくお願いします。

編集

久米田先生へのお祝いの声

授賞式とその二次会は2007年6月21日に行われました。

編集

畑健二郎

(サンデーまんが家BACK STAGE Vol.135/2007年6月13日分より抜粋)
久米田康治師匠。講談社漫画賞受賞、おめでとうございます。
受賞コメントが爆笑でした。
今後の活躍も期待しています。
きっと声優にもチャレンジしてくれると信じています。
改蔵がノミネートされた時の事を思い出すと色々感慨深いです。
あの頃はバリバリアシスタントをしていて横で見てたので
なんとも懐かしいです。

編集

椎名高志

(公式HP「完成原稿速報・ブログ版」2007年6月22分より)

(また、受賞決定直後の2007年5月10日分でも「久米田先生おめでとう」と述べられています)
講談社漫画賞授賞式に顔を出してきました。はにかむ久米田先生はステキでしたよ。
久米田先生のお祝いには他にも藤田和日郎・村枝賢一・河合克敏・皆川亮二・
たかしげ宙・七月鏡一などなどが駆けつけて・・・って、ほとんど同窓会。
あと先生の観劇仲間の高橋留美子先生や目白花子先生なんかも。

んで、久米田先生お祝いの二次会は・・・・・生前葬でした(笑)。
都内某所に祭壇が設けられ、『千の風になって』をBGMに、
しめやかな大爆笑のうちに執り行われました。本当におめでとうございます。
アニメも楽しみにしてますので安らかに眠 ってください。
それにしても久米田先生はたくさんの人に愛されてますね。
ワタシの葬式にはきっとあんなに人が集まりません。
誰かお願いですからワタシのお墓の前で泣いてください。
ワタシは風になんかなれずにそこにいます。

ちなみにワタシは昔、久米田先生にサインをねだったら亀頭先生を描かれて、
かなりガッカリしたことが(笑)。昨日女性ファンに糸色先生
描いてあげているところを目撃して抗議したところ、
「亀頭先生の方が価値がありますよ。もう二度と描かないですからね」
・・・絶望した。

編集

瀬尾公治

(公式HP「瀬尾ダンディ事務所」のブログ2007年6月22日分より)
講談社漫画賞の受賞式に行ってきました。
少年部門では「さよなら絶望先生」の久米田先生が受賞されたんですが
すごかったのは久米田先生の2次会で行われた生前葬
本当に棺で入棺、喪主の挨拶、ご焼香、最後は出棺までありました。
先生とは少しだけ話せる時間があったんですが、緊張してしまって何を話したか
よく覚えていません(^^;
ちなみにこの写メはその時頂いた葬式饅頭です。

生前葬もほぼ滞りなく進行し、そろそろ終わりという頃になって
「はじめの一歩」の森川先生に挨拶していないことを思い出しました。
幸いすぐ近くにいらしたので「選考委員お疲れ様でした」とだけ言って帰ろうとしたら
「このあと麻雀やるんだけど来ないか?」と予想外の言葉が返ってきました。
「もう、しませんから。」の西本先生には
「行ける訳ねぇだろ!」って言ってやれと言われましたが、
昨年の麻雀大会でボロ負けしたままだったし、
「今回こそは!」という気持ちで参加することにしました。
メンバーは森川先生と「ゴットハンド輝」の山本先生、そして編集のS原サン。
休む事なく朝の5時半までぶっ続けで勝負!!
そして・・・・まぁ大方の予想通り今回も僕はボロクソに負けましたが
しかし何よりすごいのは森川先生が50時間近く寝ていないということです。
何から何まで真似できません(−−;
麻雀は僕が帰ったあとも10時半まで続いたそうです。

週刊少年マガジン2007年第31号巻末コメントより) 講談社漫画賞授賞式に行ってきました。
久米田先生は、いい人でした。

編集

山本航暉

オフィシャルサイト「ヴァルハラ」での日記2007年6月22日分より)
昨日は講談社漫画賞のパーティーでした。
私もアシさんと天碕先生と出席。
いやあ…楽しかった〜。

青年部門で受賞した「おおきく振りかぶって」と
少年部門で受賞した「絶望先生」「Dear Boys」は
ともに大好きな作品です。
ひぐちアサ先生、久米田康治先生、八神ひろき先生、
本当におめでとうございます。

そして特筆すべきは2次会。
これは受賞された先生ごとにお店が違うのですが…
なんと久米田先生の2次会は…

生前葬!!

す、すごすぎる…。
しかも本格的。
バックミュージックは「千の風になって」。
もうこれだけでも笑えるのに
現少年マガジン編集長と現少年サンデー編集長の
「別れの辞」はホント、爆笑ものでした。

詳しくは西本先生が「もう、しませんから」に
描かれると思いますので語りませんが
とにかく楽しかったです。
私は生前葬にでるのはこれが初めてなのですが
こういうのもいいなあと思いました。
久米田先生、漫画賞受賞おめでとうございます。
また面白いマンガを読ませてくださいね。

編集

井上麻里奈

(ブログ「マリナビ!」2007年6月22日分より)
そして夜は「さよなら絶望先生」の原作者さんでらっしゃる久米田康治先生が
講談社漫画賞を受賞されたという事で記念パーティーが行われました。
なのでキャスト一同でお邪魔して参った次第です。
もうね…
すんごかった。
その名も
生前葬
内容についてはあまり語れないのですが…(もったいない〜)
とにかく思考が凝らしてあって凄く楽しい会でした。
役者一同、圧倒されっぱなし(笑)
先生含めこんな面白い会をやろうと考えだした皆さんに
絶望した!!

編集

森川ジョージ

週刊少年マガジン2007年第31号巻末コメントより)
初めて生前葬なるものに出席させていただきました。

編集

西本英雄

『もう、しませんから』で生前葬レポートを執筆。
詳しくは同作単行本第6巻を参照。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2019-06-22 (土) 19:51:07 (150d)