Tag: さよなら絶望先生 義務 黒い涙

編集

黒い涙(くろいなみだ)

映画館で上映前に流れる海賊品DVD撲滅を呼びかけるCMから。少女(演:谷村美月)が流す黒い涙が黒い水溜りに落ち、水溜りからドクロのマークとフィルムの画が現れ、「映画が盗まれている 感動が盗まれている 大切なものが汚されていく」とキャッチコピーが出る描写で不気味かつ陰鬱としたインパクトを発している。

2003年に設置された内閣官房知的財産戦略本部の策定する「知的財産推進計画」の啓発活動の一環として上映されている。演出者は不明だが、映画業界からの本部員として角川書店グループのトップである角川歴彦氏が参加しており、この活動にも積極的に取り組んでいる点から角川系による制作と推測される(角川制作の映画では『戦国自衛隊1549』で海賊版被害があったと報告されている)。

劇場内での盗撮防止を主な目的としているが、「普通にお金を払って映画を鑑賞しに来たのに、こんなCMを見せられて犯罪者扱いとは!」という理由で一般の観客からは概ね不評のようであり、先述の「知的財産推進計画」に対する意見書でも批判的意見が述べられている。

kuroinamida.jpg

本作では「感動が盗まれている」のコピーと涙のマークに省略した形で第53話から登場。

日本国際映画著作権協会(JIMCA)


添付ファイル: filekuroinamida.jpg 2740件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2009-07-23 (木) 02:12:06 (3771d)