Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

00’06”/伯爵と賢者の贈りもの(はくしゃくとけんじゃのおくりもの)

タイトルは、オー・ヘンリーの短編小説『賢者の贈り物*1』より。

編集

作品情報

2013年12月11日発売、週刊少年マガジン2014年2・3合併号に掲載。

編集

P121

編集

あおり(雑誌掲載時のみ)

編集

きょうはたのしいクリスマス。でも伯爵のようすがおかしいぞ?

編集

背景のクリスマスツリー

所々、不自然な飾り付けが存在する。

編集

真心の頭部付近にある装置

欧州の斬首刑執行装置である「ギロチン」。
2本の柱の間に吊るした刃を落とし、柱の間に寝かせた人の首を切断する仕組み。

編集

真心の左大腿部にある木馬

拷問具である「三角木馬」。
偶然にも洋の東西を問わず使用されていた形跡があり、主に日本では室町時代・戦国時代から江戸時代にかけて、欧州では古代ローマ時代から近世にかけて使われていたほか、アメリカでは南北戦争の際に拷問に使用された記録がある。
三角木馬の名前のとおり(英語ではWooden horseという)、頂上部分がとがった形をしていて、被害者をその頂上部に跨らせ、被害者の自重もしくはおもりを使い荷重をかけて股間に苦痛を与えることで拷問となる仕掛けである。激しい苦痛と恥辱を与え、かつ最終的には股を裂くことになるため、他に類を見ない苛烈な拷問法ともいえる。

過去作では『さよなら絶望先生88話、『じょしらく二十一日目にも登場していた。

いわゆるBDSM目的の使用法については、当wikiの方針に鑑みこちらでは記述しにくいので、詳しくはWikipediaの当該項目(⇒)を参照されたい。

編集

真心の右大腿部にある飾り

中世ヨーロッパで使用されたとされる拷問具『鉄の処女』。
前面の扉が開くようになっており、内部に人を閉じ込めて串刺しにする仕組み(⇒)。

編集

4コマ目

編集

はくしゃくはわんわん なきました。 のちにわたしたちははくしゃくのなみだのわけを しるのでした。

「~なきました。」までのくだりは浜田廣介の童話『泣いた赤鬼』からと思われる。

編集

P122

編集

P123

編集

1コマ目

編集

サンタさんは前のゴミ捨て場を出ました

鉄道駅やバス停留所などでみられる「行灯式列車接近表示灯」を模したものである。
但し、清掃工場内に存在するかは定かではない。

編集

もえる もえない もえそう ムリ どこまで もえる?

流石にこの様な表示は見られないと思われる。

編集

4コマ目

編集

子供「サンタさん早く来ないかな 来やすいようにパパが煙突掃除してくれたし」

4世紀頃東ローマ帝国で活躍した聖(セント)ニコラウスの逸話*2によって、今日の「夜中に煙突から家に入って、靴下の中にプレゼントを入れる」というサンタクロース伝説は誕生した。
ちなみにサンタクロースの呼称は、彼の名前をオランダ語にした際の呼称である「シンタクラース」を17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝えた事が語源とされている。

編集

5コマ目

編集

子供の母親と思しき女性「いい子にして早く寝ないとサンタさん来ないわよ」
子供「は―い」

上記の逸話から、一般にサンタクロースは「良い子の元へプレゼントを持って訪れる」とされている。

編集

絵本「賢者のおくりもの」

今話のタイトルの元ネタともなっている、オー・ヘンリーの短編小説『賢者の贈り物』。

編集

P124

編集

P125

編集

P126

編集

6コマ目

編集

箱「M'S CHANNEL」

プログラム&エンジニアMakotsuと、ディレクション&ギターリスト堂前達也による制作チーム「M's Channel」*3

編集

P7

編集

時只ミチルの全身絵

編集

②のぬいぐるみ

熊本県PRマスコットキャラクターの「くまモン」。

編集

5コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「① 香水は 上人類界の排水だし」

「配管No.5」は、香水「シャネルNo.5」にかけている。

編集

6コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「② ぬいぐるみは タイムリープの時できる毛玉だし」

「タイムリープ」とは時空移動のことを表す。
タイムトラベルとの違いは時間の異なる自分が二人存在しない点にあるが、これはタイムトラベルが過去の世界に自分が向かうのに対して、タイムリープの場合過去の自分自身に戻るからである*4

編集

8コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「全部ゴミ」

編集

④ハイヒールはプラモのバリ

「バリ」とは、型枠を用いて材料を加工する際、型枠の接合部分に余剰成型で発生する突起部分のこと。
とりわけプラモデル製作に於いてはこれを残したままにしておくと出来栄えに劣り、怪我や事故にもつながる事から、ヤスリがけなどを行ってこれを取り除く必要がある*5

編集

⑤ドレスはパンタロンの裾を切った布

「パンタロン」とは、脚の筒の形が膝から裾に向かって広がっているズボン。
「ラッパズボン」「ブーツカット」とも。

編集

⑥リボンは雑誌の付録の靴ひも

編集

⑦イヤリングは取れた銀歯

編集

⑧口紅は座薬

編集

P128

編集

4コマ目

編集

時只卓「穿き古したパンツやストッキングが その人にはお宝だったり 」

前々作『かってに改蔵144話の言葉を拝借すると、「おさがりLOVE」といった所か。
但し当wikiの方針により、これ以上についての言及は避ける。

編集

5コマ目

編集

時只卓「アイドルの口づけた吸い殻や空き缶が その人にはお宝だったり」

4コマ目に同じ。

編集

6コマ目

編集

時只卓「ネルフの総司令官の壊れた眼鏡が その人にはお宝だったり」

「ネルフの総司令官」とは、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するキャラクターの碇ゲンドウ。
ヒロインである綾波レイが作品初期に唯一心を開き信頼していた存在で、彼の壊れた眼鏡を彼女が大切に保管しているシーンが作中に登場する。

編集

7コマ目

編集

時只卓「つまりマゴもそうってことだろ」
夕仏真心「たとえが悪い それじゃ私がどこぞのやくみつるみたいでしょ」

漫画家でタレントの「やくみつる*6」。
5コマ目で扱われている「有名人使用品」のコレクターとしての一面も持つが、メディア等に於ける発言が物議を醸す事も多く、前作『さよなら絶望先生』23話では「文化人気取り」の代表格として取り上げられている。

編集

9コマ目

編集

世異送局

主に自治体で清掃を担当する部署を指す「清掃局」の捩り。

編集

P129

編集

2コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「当時の世異送局員の職員の制服だ オマエらの言うサンタクロースってこんなんか?」

ホームレスでもここまでみすぼらしい恰好の人はなかなか存在しないと思われる。

編集

P130

編集

3-4コマ目

編集

ラジオから流れる曲

児童向けのクリスマスソング『あわてんぼうのサンタクロース』。
吉岡治作詞・小林亜星作曲、1971年に発表された。なお作詞を担当した吉岡氏は2010年に亡くなっているが、作曲を担当した小林氏と吉岡氏の遺族に著作権が引き継がれているため*7、今回のように商業誌で掲載する作品へ歌詞を載せる場合は、欄外に記載されている通り、JASRACへの申請が必要となる*8

ちなみにラジオの周波数調節範囲が53から160となっていることから、このラジオは530kHzから1620kHzのAM電波を受信するAMラジオであることが推測される。

編集

P131

このページでは、本作におけるパンチラの必然性について解説が為されている。

編集

1コマ目

編集

真心の下着の柄

ボルトやナットなどを回す際に必要な工具である「レンチ」がプリントされている。

編集

3コマ目

編集

夕仏真心 「また4次元種が出現したんでしょ」

3話で伯爵の前に他の4次元種が現れた際、真心がパンチラしていた事から。

編集

1コマ目

編集

夕仏真心「また このハイスピードカメラが捉えているはず」
時只卓「え‥?常設なの」

上記の事があった為、常設した模様。

編集

P132

編集

7コマ目

編集

サンタローザ

「白木屋」「魚民」「笑笑」などの居酒屋を展開している「モンテローザ」の捩り。

編集

P133

編集

1コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「上人類界のブラック企業 上民が経営しているのだ!」

居酒屋チェーン「和民」の捩り。
ちなみに本家も2年連続「ブラック企業大賞」にノミネートされる程のブラック企業である*9

編集

4コマ目

編集

伯爵の目線の先に写る人物

ワタミグループ創始者であり、2014年現在は自民党所属の参議院議員である渡邊美樹(わたなべ・みき)。
「ワタミ」の名も彼の氏名に由来している。

編集

サンジェルマン伯爵「ちなみに賛美歌って上民の社歌で 社長を讃える歌なんだ」

賛美歌とは主にキリスト教に於いて神を讃える歌の事であるが、久米田先生が原作を手掛けた『じょしらく』の5話では気分の落ち込んだ登場人物を励ます為の手段として独自の賛美歌が歌われた。

なおワタミの社歌は定かではないが、過去には和民のブラック企業ぶりを揶揄して、『和民、社歌を「月月火水木金金*10」に決定』といった皮肉ネタがネット上を飛び交った事がある(⇒)。

編集

P134

編集

4コマ目

編集

サンジェルマン伯爵「本来は就労ビザなしは違法なんだけど なんせブラックだからな」

「就労ビザ」とは、技術および人文知識・国際業務の在留資格の総称である。
これらの資格に該当する内容は「出入国管理及び難民認定法(通称:入管法)」で別途細かく定められており、違反すると懲役3年以下または30万円以下の罰金が処されると共に強制退去となる。
またこれを助長した側についても3年以下の懲役・300万円以下の罰金が処され、企業の場合は摘発の対象となる。
ブラック企業も例外ではないが、実態は不明である。

この場面に於いては、3次元種が上人類界で修飾するのに必要なビザを指していると思われる。

編集

5コマ目

編集

神隠し

神の域とされる山や森で人が何の前触れも無く失踪する事を、神の仕業としてとらえた概念。転じて唐突な失踪を指す。
ちなみにコミックマーケットにおける神隠しの事を「コミ隠し」と呼ぶ事がある。

編集

新聞記事「女子嶋(33) フィナンシェ」

雑誌掲載時本作担当編集者を務めていたジョシジマ君こと編集者の鈴木綾一氏。
前作の担当編集者に就任して以来離婚→女子化と話題に事欠かず、とりわけ洋菓子に対するこだわりは自身もスイーツ男子を自称するほどの洋菓子好きである久米田先生をあっと言わせるほど。
フランスの焼き菓子であるフィナンシェもそんな鈴木氏の好物である洋菓子の一つで、前作第29巻の紙ブログでは評判店の味を食べ比べて満悦していることが明かされている。

編集

6コマ目

編集

夕仏真心「確かに千と千尋の職場も たいがいブラックよね」

「千と千尋」とは、スタジオジブリの長編アニメーション映画『千と千尋の神隠し』のこと。
「職場」とは、当該作品中に登場する銭湯「油屋」(あぶらや)を指す。
作中、油屋では経営者の湯婆婆(ゆばーば)が部下に対して脅かしたり怒鳴り散らしたりしながらアゴでこき使うシーンが登場し、その労働実態はさながらブラック企業の様なものとなっている。

編集

P135

編集

2コマ目

編集

表札「汁九度ソレイユ」

「シルクドソレイユ」のもじり。
当wikiの方針により「汁」「九度」についての言及は避ける*11

・シルクドソレイユ
カナダ・ケベックを本拠地とするエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」。いわゆるサーカスである。
1992年からは、フジテレビが誘致するかたちで、日本国内においてもたびたび公演が行われている。
2008年から2011年までは舞浜に常設劇場を置いて公演していた。
編集

3コマ目

編集

賢者

一般的には賢い人の事を指す。

2ちゃんねるなどのネットスラングでは、男性が「特定の行為」をいたしてしまうと直ぐに興奮が収まってしまう状態のことを、賢者の如く悟りを開いたようになる時間になぞらえて「賢者タイム」「賢者モード」(⇒)と呼んでいる。
「特定の行為」についての言及は当wikiの方針により避ける*12

編集

9コマ目

編集

従者「ホワイトコスリマスです また新たな賢者が誕生したようです」

クリスマスイブまたはクリスマスに積雪がある状態を意味する英語である「ホワイトクリスマス」の捩り。
行け!!南国アイスホッケー部』作中でも月斗が「クリスマスイブをコスリマスインブに変えてやる!」と奮起しているシーンがあった。
但し当wikiの方針につき、「コスリ」「マス」についての詳細は割愛*13

「新たな賢者が誕生した」というのは、先述した特定の行為により前述の賢者タイム(賢者モード)に至った男性が登場した事を指している。

編集

10コマ目

編集

時只ミチル「そして彼らは現実世界に絶望し いつか異世界に招かれ活躍する事を夢見てるのです」

ここでいう「異世界」とは、言うまでもなく作中の様な二次元世界のこと。
台詞中で指摘されている人達に限らず、誰しもが一度は抱いたことのある感情ではなかろうか。

編集

P136

編集

1コマ目

編集

スーツ姿にマントを纏った男性「こっちの世界に 来いよ」

P133 4コマ目同様、ワタミグループ創始者で現在は自民党所属の参議院議員である渡邊美樹(わたなべ みき)。

編集

2コマ目

編集

賢者「オーラロードが開かれた」

「オーラロード」とはアニメ『聖戦士ダンバイン』で妖精エ・フェラリオの力や偶発的な事故などによって開かれる、異世界バイストン・ウェル*14と地上界を往来する道路のこと。
この台詞は同アニメのオープニングテーマ「ダンバインとぶ」の出だしのフレーズそのままである。

編集

右上の妖精

上記アニメ『聖戦士ダンバイン』に登場する妖精ミ・フェラリオの「チャム・ファウ」。

編集

3コマ目

編集

賢者「ついに本気出す時が来たのだ」

ニートの代名詞ともいえる「明日から本気出す」より。
但し「明日から」とある通りその日の内に本気を出す訳ではなく、更に翌日になると再び「明日から(以下略)」という無限ループとなることから、結局の所いつまでも本気を出さないことを意味する実に皮肉的な言い回しとなっている。

前作『さよなら絶望先生』の238話にも同様のネタが存在するが、該当回では「ニートが本気を出す日 すなわちそれは地球の危機!!」と述べられており、寧ろ本気を出さない方が幸せな状態ともいえる。

編集

左下のロボット

アニメ『聖戦士ダンバイン』で、主人公ショウ・ザマら「聖戦士」と呼ばれるパイロットが搭乗する昆虫をモチーフにした異形のロボット「オーラバトラー*15」。

編集

4コマ目

編集

聖夜(クリスマス)の奇跡

ディケンズの小説『クリスマス・キャロル』に端を発する、クリスマス・イヴに起こるとされる奇跡的な出来事の通称。
作品の大まかな流れは、守銭奴の商人スクルージがクリスマス・イヴに3人の精霊*16との出会いによって自分の生き方を見直すというもの。
結果的に彼はこの事がきっかけで、「ロンドンで一番クリスマスの楽しみ方を知っている人」と言われる様になったのであった。

編集

5コマ目

編集

ハナセレブ

王子ネピアより販売している高級ティシュペーパー「鼻セレブ」。
『さよなら絶望先生』に登場した皇帝ペンギン(の雛)もパッケージにあることから、ファンの間ではちょっと知られた一品。

編集

7コマ目

編集

絵本のタワー

編集

賢者のおくりもの

P133 5コマ目参照。
前のコマから、この話においては「ハナセレブ」であった。

編集

てんぼうの サンタクロース

P130 3-4コマ目参照。

編集

クリスマスキャロルの ながれる頃に

稲垣潤一の楽曲『クリスマスキャロルの頃には』の歌詞の一部分を『ひぐらしのなく頃に』風に表記したもの。

編集

モミモミの木

斎藤隆介作・滝平二郎絵の絵本『モチモチの木』にクリスマスツリーに使われる常緑針葉樹「モミの木」を掛けたもの*17

編集

売りの少女

デンマークの作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ『マッチ売りの少女』。

編集

P138(単行本追加ページ)

編集

1コマ目

編集

「I WANT YOU FOR U.W.ATAMI」のポスター

第一次世界大戦時のアメリカ陸軍の募兵ポスターがモデル。アンクル・サムというアメリカ合衆国を擬人化した男性と「I WANT YOU FOR U.S.ARMY」と記されている。アンクル・サム(Uncle Sam)の名前はアメリカ合衆国(United States)と同じイニシャルのU.Sから名づけられたとされ、白人の老人が星条旗柄のシルクハットと、星条旗をイメージさせた紺のジャケットに赤い蝶ネクタイを締めたワイシャツを着用している姿が特徴的。南北戦争の頃から正式にイメージキャラとして定着した*18
映画「ロッキー」でもチャンピオンのアポロ・クリードが試合前にこのコスプレをするほどアメリカでは馴染み深い広告図案である。

軍隊もかつては3K(きつい、汚い、危険)やパワハラ、セクハラ(同性同士でも)などが横行するブラック企業に並ぶ劣悪な職場だった。しかし、近年ではハイテク化や人権意識の向上、徴兵制の廃止に伴い民間企業との人員獲得競争などで、技能習得や福利厚生が充実し、世界的不況もあって先進国でも人気就職先になっている。(日本の自衛隊も例外ではない)
しかし、戦争など有事ではやはり3Kや倫理感欠如が日常化し、最悪の場合は死亡や精神崩壊など有りうるため、決して良い職業と言い切れない。東日本大震災でも自衛隊は、想定外の原発事故の対応、広範囲に及ぶ救助や遺体の収容、膨大な瓦礫の撤去、被災者支援など仕事は膨大且つ多岐にわたり、中には過労死したり、PTSD症状が出た自衛官もいた。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

保護者の皆様へ この物語のポイントは、子供は誰もが花開く前の種だということです。少しばかりうまくいかなくても 、長い目で見守ってあげましょう。

子育てにおいて大切な事とされるものの一つである。
但し、本話タイトルの元ネタである「賢者の贈り物」とはポイントが異なっている*19

編集

かゆいところ

前回の予告通り、本作品としては初のクリスマス回となった。


Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

コメント欄

こちらへどうぞ。
http://kumetan.net/test/read.cgi/wikibbs/1386691893/


*1 原題は‘‘The Gift of the Magi’’。
*2 「貧しさのあまり三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知ったニコラウスが真夜中にその家を訪れ屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れた際、暖炉に靴下が下げられていた事から金貨が靴下の中に入った為に娘の身売りを避けられた」というもの。
*3 作編曲は両者とも行っている。
*4 余談だが、時をかける少女に於ける時間移動はタイムリープにあたる。
*5 この作業は俗に「バリ取り」と呼ばれる。
*6 麻雀の「役満」を捩ったものに由来するペンネーム。本名は畠山秀樹(はたけやま・ひでき)
*7 文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約(通称:ベルヌ条約)により、著作権は著作者の死後50年ないしはそれ以上保護されることが定められている。
*8 但し許可を得るのは掲載が決まってからで、その手続きは編集部が行うのが一般的である。
*9 2年連続でのノミネートは和民を運営する「ワタミグループ」が唯一である。なお2012年には総投票数の49.8%を獲得し市民賞、更に2013年にはウェブ投票の72%の票を集め大賞と一般投票賞をダブル受賞している。
*10 休日返上で働くことを歌った第二次大戦中の軍歌。日露戦争勝利後も休日返上で猛訓練を行っていた海軍について、明治41年(1908年)に当時の海軍大尉だった津留雄三が「これでは、まるで月月火水木金金じゃないか」と同僚に漏らしたことがきっかけ。
*11 但し、敢えて久米田先生のデビュー作である『行け!!南国アイスホッケー部』風に説明すると、「汁」は体のある部分を「こすこす」すると飛び出る液体、「九度」はその「こすこす」の回数を指す言葉である。
*12 敢えて『南国』風に説明すると、先述した「こすこす」によってある液体を放出する行為である。
*13 敢えて『南国』風に説明すると、「コスリ」も「マス」も体のある部分を「こすこす」する行為である。
*14 「海と陸の間にあり、輪廻する魂の休息と修練の地」とされ、オーラ力という生体エネルギーによって支えられている。
*15 「ダンバイン」はこのオーラバトラーの名称である。
*16 「過去のクリスマスの霊」「現在のクリスマスの霊」そして「未来のクリスマスの霊」である。
*17 但し、『ONE PIECE』の主人公モンキー・D・ルフィが持つ全身を自在に伸縮させられる能力である「ゴムゴムの実」と「モミの木」を掛けたものと考える事も出来る。
*18 南北戦争では連邦から脱退した南部連合州がC.S.A:Confederate States of America=アメリカ連合国を形成したため、南軍側ではアンクルサムは用いられなかった。
*19 当該作品では、究極の機会損失の大切さを示唆している。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2014-09-05 (金) 23:40:29 (1561d)