Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生各話 さよなら絶望先生第二六集


編集

253話『『いきすぎ』の構造』(『いきすぎ』のこうぞう)

タイトルは九鬼周造の著書『「いき」の構造』より。

編集

作品情報

2011年2月16日発売、週刊少年マガジン12号に掲載。

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

久藤君の十八番、〝○○な王様シリーズ〟。

編集

P34(単行本追加ページ)

編集

扉絵

事件の概要を説明する久藤准

編集

P35

編集

1コマ目

編集

貼り紙「ンデー」

週刊少年サンデーのこと。
当話掲載号と同日発売の12号には、2011年2月18日発売予定の「かってに改蔵」ドラマCD情報が掲載されている。

編集

P36

編集

1コマ目

編集

貼り紙「フィンランドの林」

249話に登場したネタ。
元ネタは村上春樹の小説「ノルウェイの森」。

編集

貼り紙「改 CD 入荷」

P35の1コマ目参照。

編集

P37

編集

P38

編集

4コマ目

編集

木津千里「証言強要したり、証拠改竄したり、問題になってたわよね。」

大阪地方検察庁特別捜査部による2009年の障害者郵便制度悪用事件における対応、および2010年に発覚した主任検事による証拠改ざん事件のこと。

編集

P39

編集

P40

編集

1コマ目

編集

貼り紙「君こそ逆転検事」

カプコンのゲーム「逆転検事」シリーズから。
ゲーム「逆転裁判」シリーズのスピンオフ作品である。
約二週間前の2月3日に最新作「逆転検事2」が発売されたばかり。

編集

P41

編集

P42

編集

貼り紙「凶器 バールのようなもの」

バールはL字型の工具。てこの原理を利用するもので、和名は「かなてこ」。
「~のようなもの」はバール(もしくはバール状のもの)を使用した痕跡はあるものの、状況証拠しかないためにバールと断定できない時に使われる表現。

編集

P43

編集

1コマ目

編集

小節あびる奈美ちゃんてテレビドラマの映画版『○○THEムービー』とかフツーに観に行くタイプでしょ 無理に設定とか壮大にしたやつ」

近年のTV局主導の映画製作においてよく企画される。
『踊る大捜査線』シリーズ、『アンフェア』シリーズ、『相棒』シリーズなどの刑事ドラマが該当する。

編集

2コマ目

編集

小節あびる「現場が足立区っていうのが 画的に ぱっとしないなあ」

区のほぼ全域が住宅地のため、大規模なストーリーを作りやすい場所の設定が難しいです。

編集

3コマ目

編集

ポスター「鬼怒川温泉」

栃木県日光市にある温泉。関東圏の中では有名な温泉である。
温泉の近くにある日光江戸村では時代劇ロケ*1も行っているほか、栃木県内では岩舟山採石場跡や大谷石地下採掘場跡は特撮ものではよくロケ現場になっている。

編集

8コマ目

編集

木津千里「なんか どこぞの編集会議みたくなってきたぞ」

編集

10コマ目

編集

本「ミケッ カタ」

コミケットカタログ。

編集

P44

編集

P45

編集

1,3コマ目

編集

風浦可符香「そもそもCはAを殺したと思っていません 〝ホッチャニア〟に旅立たせてあげたのです」
検察「ほ・・ホッチャニアとは?」
風浦可符香「俗世界終了後に行ける性別を超えて愛し合えるみかんと鰻のおいしい理想郷です」

編集

4コマ目

編集

検察「なるほどね そーゆう教義のカルト教団あるものね」

オウム真理教の「ポア」のこと。
「ポア」は魂を高次元の世界に転生させるというオウム真理教の教義だが、オウム真理教は自ら起こした犯罪(殺人)行為をこの理論で正当化しようとした。

編集

マジック「マッキィ」

文房具メーカーZEBRAのフェルトペンの商標「マッキー」。
槇原敬之の項目も参照。

編集

8コマ目

編集

木津千里「精神的に追い詰めて。」

編集

一分ごとに頭に垂らす

睡眠妨害の一種の水滴拷問が元ネタ。
水滴拷問は古代中国から行われており、四肢を拘束した被拷問者の頭(額)に一定間隔で水滴を長時間落し続けると発狂してしまうというもの。
この拷問の最大の売りは証拠が残りにくい(残らない場合が多い)事であるため、国際的に拷問が許されない現代でも行われている。
また『北斗の拳』でもハーン兄弟が水滴責めをされている。

編集

スピーカーから流れる
5.1ch

編集

たわしバーグ

2002年にフジテレビ系列局で放映されたドラマ「真珠夫人」で登場した料理(?)で、正確にいえば「たわしコロッケ」。
杉野登美子が夫の直也に夕食として出したこの「たわしコロッケ」が当時話題となり、流行語となった。

編集

P46

編集

欄外(雑誌掲載時のみ)

編集

自分の三文小説で泣けるほど感受性が強いってことで。

編集

P47(単行本追加ページ)

糸色望が書いたシナリオが、一昔前のケータイ小説で、かつ、手垢だらけな内容だったことが伺える。

編集

義務キャラクター

編集

今話の常月まとい

編集

P39の8コマ目

編集

P41の9コマ目

編集

P32の1,2,8コマ目と全身絵

編集

P33の3,8,9コマ目

編集

P44の7コマ目

編集

P45の2,5コマ目

編集

P46の4コマ目

編集

今話のパンチラ

編集

今話の皇帝ペンギン

編集

P36の5コマ目

編集

今話のさのすけさのすこ

編集

P45の2コマ目

編集

今話の櫻井よしこ女史

編集

今話の天下り様

編集

今話のコウノトリと赤ちゃん

編集

P46の2コマ目

編集

今話の棒犬

編集

P38の小節あびるの全身絵横

編集

今話の黒い涙

編集

P45の10コマ目

編集

今話の麻生太郎氏

編集

今話の安倍晋三氏

編集

今話の石破茂氏

編集

今話のAAA

編集

P36の風浦可符香の全身絵横

編集

今話のきよ彦

編集

P46の1コマ目

編集

今話の神シール

編集

今話の闇の目   

編集

今話の娘々

編集

今話の面白シール

編集

P46の5コマ目

編集

今話の漫画界が平和でありますように

編集

今話のせんとくん

編集

今話のイロイロ削られたナニか(・3・)

編集

P46の3コマ目

編集

今話の文化庁

編集

P40の2コマ目

編集

今話の草彅剛

編集

今話の酒井法子

編集

p41の8コマ目

編集

今話の友愛

編集

今話のスキ魔

編集

今話のハト

編集

P46の1コマ目

編集

かゆいところ


Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生各話 さよなら絶望先生第二六集


編集

コメント欄

こちらへどうぞ。 http://kumetan.net/test/read.cgi/wikibbs/1297782319/l50


*1 2009年~2011年にTBS系で放映されたドラマ『JIN -仁-』では定番の京都ロケを減らし、日光江戸村でのロケが多かった。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2011-12-02 (金) 15:26:32 (2541d)