Tag: アニメ・マンガ ゲーム AIR

編集

AIR(エアー)

泣きゲーを確固たる分野として確立させた、ゲームブランド「Key」のサウンドノベル第2弾。

編集

作品概要

『MOON.』、『ONE 〜輝く季節へ〜』を手掛けた主力スタッフによって設立されたゲームブランドKeyの、『Kanon』に続く第2作。
2000年にPC版が発売され、『Kanon』以上の大ヒットを記録。その後、全年齢版、プレイステーション2(PS2)、ドリームキャスト(DC)、プレイステーション・ポータブル(PSP)版などが発売されている。
2005年に東映アニメーションによって劇場映画化され、京都アニメーションによってTVアニメ化(BS-i・現在のBS-TBSで放映)された。
TVアニメは全12話+総集編、さらにTVアニメ放映終了後に特別編2話が作られた。内容は原作に忠実に作られ、感動的なストーリー、超高クオリティの映像からDVDは大ヒットを記録。「泣きゲー」だけではなく、「泣けるアニメ」の代名詞にもなり、翌2006年末には日本のアニメでは初めてブルーレイソフトとしてDVDBOXが発売された。
ストーリーだけではなく、BGMのクオリティも非常に高く、サントラが現在も売れ続けている他、動画共有サイトや個人サイトなどで使用曲が多数UPされている。

編集

メインキャスト

キャラクターキャスト
国崎往人緑川光*1
小野大輔*2
神尾観鈴川上とも子
霧島佳乃岡本麻見
遠野美凪柚木涼香
神尾晴子久川綾
霧島聖冬馬由美
みちる田村ゆかり
ポテト今野宏美
神奈備命西村ちなみ
柳也神奈延年
斎藤千和(少年時代)
裏葉井上喜久子

絶望声優からは次のキャスティングで出演している。

編集

久米田康治との関係

編集

久米田康治本人との関連

久米田先生は発売直後に初回版と通常版を両方購入したらしく、かってに改蔵第9巻の編集後記で

「限定版の時計と通販特典のテレカ。両方欲しくて「空気(和訳)」を2本買ったりしてませんよ~」

とコメントしている。(さらにこの編集後記の最後には「The 1000th summer」とも書いている)
実際、発売直後の「かってに改蔵」でキャラが登場したり、作品をやっていないと分からないネタが書かれたりしていた。

編集

さよなら絶望先生との関連

同じKey作品の『Kanon』や『CLANNAD』と並んでネタにされる。

編集

その他関連

久米田先生はコンプティーク2000年12月号増刊「かのうぉ」に、ヒロインの一人、霧島佳乃のイラストを描き下ろしている。


*1 ゲーム、劇場版に出演
*2 TVアニメ版に出演

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-09-26 (水) 23:47:56 (2154d)