Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ さんちょうめのゆうひ)

西岸良平の漫画『夕焼けの詩-三丁目の夕日』を原作とした日本映画である。
監督、脚本・山崎貴。主演・吉岡秀隆。2005年11月5日公開。

編集

作品概要

昭和33年(1958年)の東京の下町に暮らす人々の暖かな交流を描く感動ドラマ。反面、北野武(ビートたけし)監督などのように、実際にあの時代の下町で貧乏と犯罪の中で育った経験をした人からは、「余りにも美化しすぎ」という批判意見もある。
昭和33年当時は建設中だった東京タワーや、東京都電など当時の東京の街並みをミニチュアとCG(いわゆるVFX)で再現した技術面でも注目を受けた。

興行面でいうと、公開1週目と2週目は興行首位を記録し、興行収入30億を超えるヒットとなり、2005年の日本アカデミー賞において全部門(13部門)で受賞。2006年の日本アカデミー賞の最優秀賞発表では13部門中12部門で最優秀賞を獲得し、高い評価を得た。

これを受け、2007年11月には、続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が公開された。
2012年1月には3作目となる3D映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64』が公開(2Dも同時上映)された。

編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

作品中にノスタルジックな描画を多く取り入れる久米田康治の画風とも相通じるものがあるのか、しばしばネタになる。
自動車整備工場の「鈴木オート」が32話62話64話122話で、駄菓子店の「茶川商店」が35話41話233話に登場している。
茶川竜之介を演じた吉岡秀隆の離婚や35話、劇中のクライマックスにまつわるネタ124話も取り上げられている。

また、タイトルの「三丁目」を新宿二丁目ともじったネタもある。(39話第十一集の全巻までのあらすじ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2012-03-24 (土) 19:04:46 (2733d)