Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

DJCD さよなら絶望放送 特別版~血裂撰~

第49回から第74回までの放送から、リスナーが衰撰したパートを再収録。
SZBH-SP1SP2と違い、番組別のリクエスト順位ではなく放送回別に分類されている。
その為、これまでの総集編になかったOPドラマやOPトーク、今週の標語、ふつおたも収録されている。

ゲスト:水島大宙久藤准役)、真田アサミ常月まとい役)、後藤沙緒里加賀愛役)、野中藍風浦可符香(PN)役)、松来未祐藤吉晴美役)、MAEDAX G(前田君役)

編集

ジャケット

http://ec3.images-amazon.com/images/I/51N92VWm2-L._AA240_.jpg
さのすこに円形のシールが貼られて隠されている。(初回版のみ→

編集

登場キャラクター

釘バットを持った日塔奈美、身長伸ばし中の糸色望さのすけさのすこ
さのすけの体の文字が漢字(「左之」まで見えている)となっている。

編集

背景

ジェレミーとドラコンの卵(原作169話、アニメでは懺・第10話Cパート)の糸色望の潜在意識より。
原作で大量の千里の顔があった所は大量のさのすけの顔になっている。

右側には、第100回にて小林ゆう画伯が披露した「さのすけ絵描き歌」の一部が使用されている。

左側には、SP1の絶望ステッカーに描かれたナーミン直筆の某ネズミのキャラクターらしき物が(目線付きで)使用されているが、梱包パッケージではちょうど帯によって隠されている。

編集

CD情報

リリース2009/11/6
定価¥3990(税込)
発売元キングレコード
品番KICA-90996/7
初回特典絶望ステッカー、さよなら絶望映像DVD
編集

ディスク構成

  • DISC1
  1. オープニング(2分26秒)
  2. 「タケよ、タケよ、タケよ!」(15分55秒)
  3. 絶望CM(26秒)
  4. 「ケーキと愛が…重い!」(17分37秒)
  5. 絶望CM(35秒)
  6. 「時をかけるラジオ」(24分30秒)
  7. 絶望CM(26秒)
  8. 「すいません、アッキーナ事件を起こして、すいません!」(11分48秒)
  • DISC2
  1. 「絶望こしあんルーレット」(12分34秒)
  2. 「リングにかけるな!」(7分46秒)
  3. 「藍ぽんはポジティブですね~!」(20分56秒)
  4. 「久米田先生の…全部が好き!」(9分24秒)
  5. 「股間にハートマーク」(13分27秒)
    ≪ボーナストラック≫
  6. 音ブログ・絶望反省会 (10分24秒)
  • DISC3(DVD) ※初回限定版のみ
    「さよなら絶望映像」と題しパーソナリティーとスタッフが「過多書きトランプ」に挑戦!
    お遊び無しの真剣勝負!果たして勝負の行く末は・・・!?
    ≪隠しチャプター≫
    存在感が臼井君
編集

CD制作スタッフ

ディレクター:佐藤太(FiT-SOUND)
構成:田原弘毅(南口企画)
制作進行:小川雅弘(オフィスとんが)
原作:久米田康治週刊少年マガジン連載・講談社刊)
音楽制作:スターチャイルド
スタジオ:TAC
マスタリング:東京録音
スペシャルサンクス:山田裕一(講談社)/森山敦キングレコード)/宮本純乃介キングレコード)/橋本淳子キングレコード)/青二プロダクション/Vi-Vo/ぷろだくしょんバオバブ/TAB/81プロデュース/久米田プロシャフト
エグゼクティブプロデューサー:及川武(フロンティアワークス
プロデューサー:高橋和也フロンティアワークス
ジャケットイラスト:山村洋貴

編集

DVD制作スタッフ

原作:久米田康治さよなら絶望先生」(週刊少年マガジン連載)
ディレクター:佐藤太(FiT-SOUND)
構成:KKKKTこと田原弘毅(南口企画)
制作進行:小川雅弘(オフィスとんが)
プロデューサー:高橋和也フロンティアワークス)/武晋矢フロンティアワークス
アシスタントプロデューサー:中川裕樹(フロンティアワークス
撮影:シグマコミュニケーションズ/奥村寿代(フロンティアワークス
録音スタジオ:TAC
Special Thanks:講談社キングレコード懺・さよなら絶望先生製作委員会/青二プロダクション/Vi-Vo/シャフト
制作:アニメイトTV/さよなら絶望放送フロンティアワークス次期フロンティアワークス代表取締役 武晋矢

編集

DISC1

編集

1.オープニング

編集

1:00 頭のところのさぁ、挨拶のところの「皆さんさようなら、2のへ組担任」、2年へ組からなんで2のへに変えたんだろうね

第100回からこのスタイルになっている。
原作単行本の登場人物紹介の出席簿に、2のへ組と記載されているためと思われる。

編集

2.「タケよ、タケよ、タケよ!」

第49回のふつおた、第50回のOPドラマ、だいちゅうレポートを収録。
(収録順は第50回OPドラマ、第49回ふつおた、第50回だいちゅうレポートの順。)

第49回より、絶望ネーム「ふわぴよ」(名前のみ)「不注意優先」「となりのトロロ」「高橋P
第50回よりだいちゅうネーム「明日はきっと雨」「ネオジオランド」「カナギ」が採用されている。

編集

3.絶望CM

第51回の「崖の上のポニョ」の替え歌。
絶望ネーム「葉月燿」が採用されている。

編集

4.「ケーキと愛が…重い!」

第53回のOPドラマ、OPトーク、今週の標語、普通って言うなぁ!、第54回のジングル、愛が…重い!を収録。

第53回より、絶望ネーム「ミドリビ」(サブタイトル)、「カエル魔神」(今週の標語)、「幸せと絶望の間」「今日も今日とて百年。河清を俟つ如し」「パンモロのルルーシュ」「中三になって中二病」(普通って言うなぁ!)
第54回より、絶望ネーム「あんこ入りパスタライス」「大いなるチョコ山」「河童仙人」が採用されている。

編集

5.絶望CM

第52回の「電話案内」。
絶望ネーム「まゆ」が採用されている。

編集

6.「時をかけるラジオ」

番外編4を完全収録。
ただし、さのすけのマラソン中継画像は入っていない。

編集

7.絶望CM

第62回の「カップスターCMソング」の替え歌。
絶望ネーム「葉月燿」が採用されている。

編集

8.「すいません、アッキーナ事件を起こして、すいません!」

第59回のOPドラマ、OPトーク、今週の標語、ふつおたを収録。
絶望ネーム「外道戦士」(今週の標語)、「クロニクル」「ネモ」「鎖骨イエー」(ふつおた)が採用されている。

編集

DISC2

編集

9.「絶望こしあんルーレット」

衰撰数第2位。
第60回のOPトーク、今週の標語、ふつおたを収録。
絶望ネーム「糸色叫」(今週の標語)、絶望ネーム「CMの後は出来るだけ絶望」(ふつおた)が採用されている。

編集

絶望CM(トラック9の最後に収録)

第74回の「明治製菓チェルシー」のCMパロディ。
絶望ネーム「えりかわ」が採用されている。

編集

10.「リングにかけるな!」

第64回の訴えるよ!、藤吉ハルミの憂鬱を収録。
絶望ネーム「ジークちおん(33歳)」(訴えるよ!)、「オタボクサー」(藤吉ハルミの憂鬱)が採用されている。

編集

11.「藍ぽんはポジティブですね~!」

第65回のきつちりしなさい!、第66回よりOPドラマ、OPトーク、今週の標語、ポジティブですよね~!を収録。
(収録順は第66回OPドラマ、OPトーク、今週の標語、第65回きつちりしなさい!、第66回ポジティブですよね~!の順。)
なお、第65回での「かくれんぼか 鬼ごっこよ」の裏話が無編集で収録されている。

第65回より、絶望ネーム「東海ラジオが1時をお知らせします」(きつちりしなさい!)
第66回より、絶望ネーム「プチプーチン」(OPドラマ)、「寝起きの顔が大乱闘」(今週の標語)、「学生ニート」「シュレーディンガーの猫の生きてない方」「自分の名前を略すとワサビ」「へこうき」「いいがかり姉さん」(ポジティブですよね~!)が採用されている。

編集

12.「久米田先生の…全部が好き!」

衰撰数第3位。
第67回のOPドラマ、OPトーク、今週の標語、ふつおたを収録。
絶望ネーム「行きたい名所は東尋坊」(今週の標語)、「ネモ」「外伝の主役に見捨てられたマイスター」「クメプロ・エリクサー」(ふつおた)が採用されている。

編集

13.「股間にハートマーク」

衰撰数第1位。
第69回のふつおた、第70回のOPドラマ、ふつおたを収録。
(収録順は第70回OPドラマ、第69回ふつおた、第70回ふつおたの順。)
上記の収録内容からもわかるとおり、第70回のEDトークで行われたまつらいさんの弁明は収録されていない。

第69回より、絶望ネーム「黒ダルマ」「ニーゼル」
第70回より、絶望ネーム「ななは」(OPドラマ)、「外道戦士」「はやくおむかえこないかな☆」「ようやく訪れた春」(ふつおた)が採用されている。

編集

14.音ブログ・絶望反省会

第81回第90回分の反省会を収録。
第87回のみ1本録りで以後ズレが生じているため、同一日収録の第90回第91回が別々の巻に収録されることになった。

編集

02:33 魔術師手術中さん、他のラジオでは皆さんちゃんと読めていますよ

絶望ネーム「魔術師手術中」は、『水島大宙・木村まどかの「まどちゅう!」』(水島大宙、木村まどか)、『マクロスF○※△』シリーズ(中村悠一、中島愛)、『マクロスF~ウラ・URAデカルチャー~』(小西克幸)などでの武力介入が確認されている。
(括弧内は「魔術師手術中」を読んだパーソナリティー)

なお、ちゃんと読めているのは水島大宙と木村まどかくらいのもので、他のラジオのパーソナリティーもしどろもどろになる場合が多い。
ただし、まどちゅう!の二人は頻繁に武力介入されたせいで読み慣れてきたという側面があり、その水島大宙も最初に採用した時は早口言葉風に読んで噛んでいた。

ちなみに「マクロスF○※△」シリーズで最初に採用された時に名前を読んだのは神谷浩史で、名前を読んだ後に中村悠一と中島愛に対して「後でこの名前読めよ」と発言し、以後の「魔術師手術中」のメールは二人のパーソナリティーに読ませて神谷自身は読むことを回避している。
マクロスF関係のラジオでは、中村悠一が何とか読めているほうではある。

編集

04:16 原作をされてるあっちの方も大変

久米田先生が原作を担当している「じょしらく」のこと。

編集

05:26 万が一、放送が延々と続いたとして原作にラジオの回数が追い付く破目になったら

さよなら絶望先生」は週刊連載ではあるが、単行本作業や休暇のため、たびたび休載がある。
また週刊少年マガジン本誌も、合併号のため年に4回は刊行されない。
その為、滅多に休まないこの放送の回数は徐々にだが原作に近づいている。
とは言っても、第01回放送時点(2007年8月28日)で原作は107話なので差は106、最新の第112回(2009年11月4日)時点で原作は201話なので差は89となり、縮んだのは2年2ヶ月で17回になる。
このため、原作・ラジオ双方が11年以上続くか、原作が長期休載しない限り追いつくことがない計算となる。

編集

DISC3

初回限定盤のみに封入されているDVD『さよなら絶望映像』。
神谷浩史新谷良子構成Tディレクター佐藤の四名による「過多書きトランプ」のジジ抜き勝負が収録されている。
また隠しチャプターとして、「存在感が臼井君」の総集編も収録されている。(視聴方法は後述。)

編集

過多書きトランプ

「過多書きトランプ」は普通のトランプと同じく52枚(それに加えてジョーカー1枚)。
しかし、ペアになるカードが2枚だけなので普通のトランプよりもペアが揃い辛く、長期戦(1ゲームにも関わらず収録時間は約30分)の展開となった。

以下、過多書きはEDテロップ順に記載。

編集

声優アワード殿堂入り予定

神谷浩史声優アワード創設3年目にして、初の主要三冠を達成していることから。
第二回サブキャラクター男優賞(現・助演男優賞)、第三回主演男優賞、第三回ベストパーソナリティー賞を受賞。

編集

「俺が、アニメだ!」

機動戦士ガンダム00より、刹那・F・セイエイのセリフから。

俺がガンダムだ!

機動戦士ガンダム00には、神谷がティエリア・アーデ役で出演している。

編集

あなたのお耳の恋人

神谷の声で耳が妊娠するというネタ(番外編6など)と、ロッテグループのキャッチフレーズ「お口の恋人」(⇒)から。
なお、「あなたのお耳の恋人」はタレント・ナレーターとして活躍している三村ロンドのキャッチフレーズであり、アカペラグループRAG FAIRの土屋礼央もオールナイトニッポンのパーソナリティを担当していた時にオープニングで使っていた。

編集

セクシーキラーボイス

腐女子を虜にする神谷のボイスは第70回のOPドラマでも遺憾なく発揮されており、第70回は今回の特別編にて見事衰撰数第1位となっている。

編集

ハレノヒ王子

神谷浩史のミニアルバム「ハレノヒ」から。

「王子」は、マスコミが有名人(特にスポーツ選手)などにつけるニックネームとして定番化しており、「ハンカチ王子」(斎藤佑樹)や「ハニカミ王子」(石川遼)などがある。

編集

そのすがすがしさ、まるでエーゲ海。

エーゲ海はギリシャとトルコに囲まれた多島海で、沿岸にはリアス式海岸が広がる。
地中海の温暖な気候と鉱物資源に恵まれ、通商上、戦略上の要衝として数々の文明や帝国が栄えた地でもある。
現在、エーゲ海の島々は有数の観光地として人気が高い。
エーゲ海の風景に見られる海の青と空の青、家の白壁のコントラストは「すがすがしい」といえる。

4人の内のどれにでもつけられる過多書きということで、さのすけにつけられた。

編集

超時空アイドル声優

マクロスFのランカ・リーの称号「超時空シンデレラ」と、新谷良子の職業「アイドル声優」から。

なお、新谷のライブDVD「はっぴぃ・はっぴぃ・すまいる'09 chu→lip☆Toy Parade」のディスク印刷面の不備により、落ち込んだ新谷が意味深なブログを書いたことから、10月20日に「アイドル声優新谷良子の告白」というインターネットニュースが世界中に配信されたことは、タイムリーかもしれない。

編集

あなたの青春の1ページ

「青春の1ページ」は、学生時代など若い時期の思い出を振り返る際に用いられる表現。

ちなみに、アニメイト金沢店が主催した新谷良子のイベントにて、新谷はアニメイトのことについて「青春」と語っている。
さらに絶望放送内でも、同イベントについてのメールが採用された第24回で、「アニメイトは私の青春なんで。」と発言している。

編集

お嫁さんにしたい声優No.1

「お嫁さんにしたい声優」のアンケートが大規模に行われたことはまだ無いが、かつて野中藍が「ラジオどっとあい」(文化放送)の企画で「お嫁さんにしたい声優No.1」を目指して花嫁修業を行う企画を行った事がある。
同様に「お嫁さんにしたい声優No.1」を目指して何かの企画を行った番組は他にも存在する。

編集

スーパーファンシーガール

ファンシー(Fancy)は、空想的、幻想的、装飾的、風変わりという意味。
日本では外来語として「少女趣味」という意味で用いられる。

絶望放送ではアポロチョコと揶揄された、新谷のピンクと黒を基調とした風変わりな独特のロリータファッションに当てはまる。

編集

金沢のボイスプリンセス

新谷良子の故郷である石川県金沢市のこと。
なお、金沢市出身の女性声優は他に能登麻美子がいる。

編集

アクアマリンの輝き

アクアマリン(藍玉)は緑柱石の一種で、緑柱石のうち青色のものを言う。
産地によって青の発色は違うが、基本的に淡青である。
アクアマリンは3月の誕生石であるため、新谷良子(3月31日生まれ)に合わせた過多書きと思われる。

編集

アイドル声優界のディーヴァ

diva(ディーヴァ)は元々ラテン語で「神々しい、神的な」という意味の"divus"の女性形。
それが転じイタリア語では、神々しい女性、女神のごときカリスマ性を備えたプリマドンナを意味する。
オペラ界ではイタリア語が主要語なので、英語圏で「歌姫」の意味になったと思われる。

編集

ラジオ界のハイドン

オーストリアの作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドンから。
交響曲の父、弦楽四重奏曲の父などの2つ名がある。
代表作に、交響曲第94番「驚愕」、交響曲第103番「太鼓連打」、オラトリオ「天地創造」、オラトリオ「四季」など。
また、皇帝フランツ2世に献呈された「神よ、皇帝フランツを守り給え」は、現在のドイツ国歌の旋律としても知られる。

作曲家ディレクター佐藤の過多書き。

編集

戦慄の殺戮マシン

覆面レスラー「ストロング・マシン」に実際につけられたキャッチコピー。
該当する人がいなかったため、さのすけの過多書きとなった。

編集

アニラジ界のマエストロ

maestroはイタリア語およびスペイン語で「先生」の意味。
英語のmaster(マスター)や独語のmeister(マイスター)に相当する語である。
なお、女性の場合は、女性形のmaestra(マエストラ)になる。

芸術家に対する敬称であり、特にクラシック音楽にて、指揮者、音楽監督、作曲家、名手、師匠に対して用いられ、日本語では「巨匠」という表現が当てはまる。

映像中で新谷が迷わずに構成Tの過多書きとしたが、マエストロには音楽監督および作曲家という意味が含まれているため、絶望放送の音響・編集を担当しているディレクター佐藤(実際に作曲家の肩書きを持つ)の過多書きといえる。

編集

音の魔術師

「魔術師」は魔術を行う者という意味から転じ、常人ではなしえない技巧を持った人物につけられる異名として用いられる。
例を挙げるならば、「色彩の魔術師」(アンリ・マティスなど)、「ピアノの魔術師」(フランツ・リスト)、「管弦楽の魔術師」(モーリス・ラヴェル)などがある。
「音の魔術師」は、クラシック音楽にてオーケストラの指揮者に付けられる異名であり、エルネスト・アンセルメ、レオポルド・ストコフスキー、シャルル・デュトワなどに対して用いられている。

「音」が頭に付くため、絶望放送にてBGMやサウンドエフェクト(SE)を一手に担うディレクター佐藤を指している。

編集

大ヒットラジオ請負人

「請負人」は「注文主と請負契約を結び、仕事を完成させる義務を負う人」の意味を持つ。(広辞苑より引用)
従ってこの過多書きは担当したラジオ番組を大ヒットさせなくてはいけないという意味を持つため、非常に重圧が掛かる過多書きになる。

絶望放送の他にも「神谷浩史小野大輔DearGirl?〜Stories〜」、「マクロスF○※△」シリーズ、「おしゃべりやってまーす」木曜日および第5放送など、パーソナリティーを長期間務める番組を持っている神谷の過多書きとされた。

編集

ミスター土下座

谷怨にて、「存在感が臼井君」終了後にディレクター佐藤が土下座したことから。
DJCD 第六巻のジャケットにも描かれており、DJCD 第六巻の「絶望の日比谷・後」でも詳細が語られている。

さらにこの過多書きは、神谷にも当てはまる。
2007年9月16日に行われた集英社ドラマCD祭りにて、水樹奈々に対して「最低限文化的な告白」を行い、第05回にてネタにされている。

編集

トルストイの再来

ロシアの作家レフ・トルストイから。
代表作に「戦争と平和」「イワンのばか」など。
ロシアには「トルストイ」姓の作家が多いため、刊行されている邦訳全集では「大トルストイ」とも呼ばれている。

編集

笑いの錬金術師

鋼の錬金術師」から?
Webラジオ「鋼の錬金術師・ラジオFA宣言」では、「二つ名選定委員会」というコーナーがあり「○○の錬金術師」と名づけるコーナーがある。

編集

三谷幸喜の再来

映像中でも言われているが、脚本家・三谷幸喜は存命中である。
人物に対して「再来」という言葉を使うと、死んだ人の生まれ変わり的存在を指すため、三谷氏に対して失礼に当たってしまう。

編集

無頼派構成作家

「無頼派」は、明治期からの近代文学全般を批判する作風の作家のことで、「新戯作派」とも呼ばれる。
主な代表作家に太宰治、坂口安吾、織田作之助がいる。

編集

未来の直木賞作家

小説家・田原弘毅は、当然まだ直木賞は受賞したことは無いが、「洗うひと」で第67回小説現代新人賞を受賞している。

編集

WEBラジオ界のクドカン

クドカンとは宮藤官九郎の愛称。
俳優、演出家、作詞家、放送作家、映画監督、音楽活動もこなすが、此処での意味は脚本家。
話題性に関しては北川悦吏子や三谷幸喜等のビッグネームを上回るとの噂もある。

編集

次期フロンティアワークス代表取締役

JOKER(ババ)扱いの過多書き。
当初はタケさんの名がDJCDのブックレットに記載されていなかったため、同様に「タケさん」と呼称可能なエグゼクティブプロデューサーの及川武(フロンティアワークス代表取締役)と混同されていたことによる。
詳細は今回収録された番外編4で語られた。
タケさんの過多書きとして、エンドロールでも使われている。

編集

危険な恋のカリスマ

この放送の勝負でのJOKER(ジジ)。
勝負に負けた構成Tの過多書きとなり、「危険な恋のカリスマ構成T」略して「KKKKT」がエンドロールに使用されている。
ただし、カリスマのスペルは「Charisma」であり、正しく略すと「KKCKT」となる。
エンドロールの製作中には気づかなかったためか、初回封入特典の絶望ステッカーにて訂正されている。

編集

存在感が臼井君

視聴方法
  1. メニュー画面を表示させたまま30秒経過させる。
    30秒経過後、「過多書き」の文字下に白いさのすけの顔が表示される。
  2. 白いさのすけにカーソルを合わせる。
    さのすけの顔が薄黄色になることを確認。
  3. さのすけにカーソルを合わせたまま、カーソルボタン(PCで視聴の場合はカーソルキー)を←↓→↑の順に押していく。
    ボタンを押すたびに画面上にさのすけの顔が一つずつ増えていき、計5個表示されると最初に表示されたさのすけの顔が黄色くなる。
    なお、カーソルボタンの順番を間違えたり、さのすけの顔が追加表示される前に次のカーソルボタンを押すとリセットされてしまう。
  4. 黄色くなったさのすけの顔にカーソルを合わせて決定すると、「存在感が臼井君」が開始される。

第50回より、絶望ネーム「赤と青」「ドアが開かね」「髪の毛が割引」「息子と一緒に聴いています(56歳)」「金曜チャンク」「奈村来夏」「もやしもんもん」「リモーネ先公」「牛ご飯」
第54回より、絶望ネーム「社員食堂」「席は窓際の一番隅」「ヘビーおんにゃー」「初日」「自称一般人」「夏の太陽でもうすい影」「壁打ち」「はぐれメタル」「はぐれメタル」
第60回より、絶望ネーム「おろしたて?」「マスター黒沢」「常に受け身」「ばね布団」「軍手のイボ」「ムカデ競争」
第70回より、絶望ネーム「イギリス」「マグカップ」「遠投」「野球の相手はいつも壁」「プレゼント交換」「田中」
以上が収録された。

編集

かゆいところ

編集

発売日

当初の予定は2009/10/21発売だったが、延期され2009/11/06に発売された。
絶望放送関連のCDが発売延期されるのは今回が初。

編集

収録率

第49回・22通中4通
第50回・24通中12通+OPドラマ
第51回・20通中1通
第52回・15通中1通
第53回・23通中6通+OPドラマ、OPトーク
第54回・20通中12通
第55回・20通中0通
第56回・22通中22通(完全収録)
第57回・30通中0通
第58回・20通中0通
第59回・16通中4通+OPドラマ、OPトーク
第60回・13通中8通+OPトーク
第61回・21通中0通
第62回・16通中1通
第63回・23通中0通
第64回・18通中2通
第65回・16通中1通
第66回・21通中7通+OPトーク
第67回・21通中4通+OPドラマ、OPトーク
第68回・20通中0通
第69回・21通中2通
第70回・24通中10通
第71回・25通中0通
第72回・29通中0通
第73回・16通中0通
第74回・16通中1通
+第102回より1通


第49回~第74回合計・532通中98通収録(18.4%)。
第74回までの累計採用メール数は1564通。


添付ファイル: file99059356.jpg 1971件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2013-07-09 (火) 16:38:33 (1899d)