Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

NARUTO -ナルト-

岸本斉史の漫画。
週刊少年ジャンプにて1999年43号から2014年49号まで連載された。単行本は2015年2月時点で全72巻が発刊中。

編集

概要

体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍である火影を目指し、数々の試練を乗り越え成長していく物語。仲間との友情、裏切りと復讐、師弟の絆が中心として描かれ、諸国の忍とド派手な戦いを繰り広げていくバトルアクション漫画で、人気は連載当初から順調に伸び、『ONE PIECE』と並ぶ『週刊少年ジャンプ』の看板作品となっており、海外でも極めて人気が高く、2000年代を代表する『ドラゴンボール』の後継作品として認知されている。
単行本の国内累計発行部数は1億冊を超え、さらに単行本は30ヵ国以上で翻訳出版され、2009年には累計3,000万部を記録した。
アニメ放映は80ヵ国以上、ライセンス商品は90ヵ国以上で販売されている。

編集

あらすじ

忍者を目指し、アカデミーに通ううずまきナルトは超問題児の落ちこぼれで、毎日イタズラ三昧の日々を送っていた。
ナルトは卒業試験に3回も落第していたが、敵忍者から身を挺して守ってくれた教師のイルカの行動をきっかけとして目覚め、何とか卒業して下忍になる。
下忍になったナルトは、うちはサスケ、春野サクラと共に、上忍のはたけカカシの第七班に配属され、実戦を通じて忍者として大きな成長を遂げていく…。

編集

アニメ版

テレビ東京系列で2002年10月から放送され、2007年2月から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』とタイトルを一新して放送され、2017年3月までの14年半、計720話にも渡る放送を持って終了した。
なお、そのシリーズの後継作品である「BORUTO -NARUTO NEXt GENERATIONS-」が翌月から放送されている。
劇場版も8作品製作され、2012年4月からはスピンアウト作品の『NARUTO -ナルト- SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝』が放送されていて、こちらはシリアスな展開が続いている本編とは違い、ギャグテイスト寄りの内容となっている。

編集

メインキャスト

編集

久米田康治との関連

編集

かってに改蔵 作品内にて

作中で度々ネタにしており、後期頃には登場人物の一人であるはたけカカシをモチーフにしたキャラが登場した話があった。

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

藤吉晴美の同人誌ネタで度々登場している。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2017-06-12 (月) 21:19:14 (345d)