Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望放送 声優 糸色望 糸色命 神谷浩史 さのすけ

編集

VOCALOID

楽器メーカーのヤマハが開発した音声合成ソフトウェアの技術名。
初音ミク登場以降はVOCALOID技術を使用した応用商品および応用商品に起用されたキャラクターに対しても使用される。

編集

技術

VOCALOIDの技術は「周波数ドメイン歌唱アーティキュレーション接続法」。これは、実際に収録した人間の声のパターンを音声ライブラリ(歌声ライブラリ)として記録し、楽譜に応じて音階から音声を歌声として合成する。これにより、ビブラートやこぶしなど歌声に必要な音程変化や抑揚といったものを再現でき、機械的な「音」ではなく表情豊かな「楽曲」として自然な歌声を合成できる。

初音ミクなどに採用されたシステム「VOCALOID 2」は大きく分けてユーザーが歌詞やメロディなどを入力する「スコアエディタ」、音声素片を収録した「歌声ライブラリ」、音声素片を連結して歌声を合成する「合成エンジン」の三要素で構成される。

「VOCALOID 2」ではスコアエディタと歌声ライブラリが同梱した形で発売されていた。
「VOCALOID 3」ではスコアエディタ(VOCALOID 3 Editor)と歌声ライブラリは別売となり、サードパーティからは歌声ライブラリのみが発売される。

編集

ソフトバージョンと派生ソフト

  • VOCALOID(1)
    2003年に発表された初期バージョン。
  • VOCALOID 2
    初音ミクなどに採用されたバージョンで、2007年に発表。
  • NET VOCALOID
    インターネットを介して音声合成で作られた楽曲をダウンロードし、使用する企業向けのサービス。
    ゲーム機や携帯電話などのスペックの低い機器でも使用可能。
  • VOCALOID-Flex
    話し言葉にも対応した企業向けのバージョン。
    手動で抑揚やピッチなどを変更することができ、自然なしゃべり方を実現する。
  • iVOCALOID
    iPhoneやiPadなどのiOS対応機器に対応したバージョン。
  • VOCALOID 3
    2011年に発表された最新バージョン。
    VOCALOID 2の歌声ライブラリを使用することも可能。
編集

主なVOCALOIDのキャラクター

  • VOCALOID
    • MEIKO
    • KAITO
  • VOCALOID 2
    • 初音ミク(CV:藤田咲
    • 鏡音リン・レン(CV:下田麻美)
    • 巡音ツカ(CV:浅川悠)
    • がくっぽいど(CV:GACKT)
    • Megpoid(CV:中島愛)
    • ガチャッポイド(CV:ガチャピン)
  • NET VOCALOID/VOCALOID-Flex
    • メタルギアソリッドピースウォーカー:AI兵器(CV:菊池由美)*1
  • VOCALOID 3*2
    • CUL Ver 2.0(CV:喜多村英梨
    • Megpoid Extend(CV:中島愛)
    • リング・スズネ(CV:MiKA(Daisy×Daisy))
編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生 作品内にて

112話『大導寺信輔の音声』にて、初音ミク音無芽留の声担当オーディション参加という形で登場し、同話アニメ版の俗・第13話では藤田咲のサプライズ出演も実現させた。

編集

じょしらく 作品内にて

四日目/風邪娘にて、初音ミク、KAITO、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカの後姿が観客席に見られる。


*1 AI兵器の音声やBGMの歌詞をエディットし、インターネットを介してサーバにアップ、サーバ側で生成した音声データをダウンロードすることでゲーム内で使用することができる。
*2 2011年6月のプレスイベントで発表されたVOCALOID商品。10月以降順次発売予定。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2011-11-18 (金) 22:38:30 (2864d)