久米田ワールド -> {{category 音楽}} -> YMCA

編集

YMCA(ワイ・エム・シー・エー)

元はアメリカの音楽グループであるヴィレッジ・ピープルが歌った曲『Y.M.C.A』から。
「YMCA」とは、「キリスト教青年会(Young Men's Christian Association)」を意味しており、若者が宿舎で共同生活をすることから転じて男子の同性愛を表わす隠語としての意味もあり、ゲイ(男性の同性愛者)方面からの人気が高いヴィレッジ・ピープルが歌うことにもそうしたイメージが反映されている。
日本版ではそうしたゲイ的要素はすべて除き、西城秀樹が1979年に『YOUNG MAN(Y.M.C.A)』としてカバーし、こちらも日本で大ヒット曲となる。
西城版では歌詞の『♪Y〜M〜C〜A〜』の部分で両手で大きく各アルファベットを形作る振りが有名である。ちなみにこのポーズは西城秀樹がこの楽曲をカバーする際、原曲のゲイ・イメージを払拭し、スポーティで健康的な印象を強調するために、一の宮はじめと西城が考案したもの。

編集

久米田康治との関係

編集

さよなら絶望先生作品内にて

作中に群衆が登場するコマをよく見ると、「YMCA」の振り付けをやっている人がいる。
よく使われるネタで義務に準ずる扱いを受けている。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
最終更新時間: 2018-08-05 (日) 15:22:24 (16d)