Tag: じょしらく じょしらくアニメ じょしらくアニメ各話リスト

第八席『こがね袋/よろよろ/もうやんだか』|第十席『唐茄子屋楽団/新宿荒事/虫歯浜』→
編集

第九席『しりとてちん/上野のクマ/ねごと』

『しりとてちん』
『ちりとてちん』より。
『上野のクマ』
『』より。
『ねごと』
『』より。
編集

作品情報

Aパートは原作『十三日目/しりとてちん』をアニメ化
Cパートは原作『九日目/ねごと』をアニメ化

編集

OP

じょしらくOPを参照。

編集

Aパート

原作通りのネタは、このページには記載していない場合があります。
特に羅列ネタや当時の時事ネタは、原作の方のページに詳しく記載されている場合があります。
下記リンクより併せてご参照ください。

原作『十三日目/しりとてちん』をアニメ化

編集

木胡桃の背景の娯楽施設

パンダやキリンが猛獣化した上野動物園
ミッキーとかが西洋ホラーになった東京ディズニーランド。ただ看板は○○ミーランドになってる
ブリーフ1枚の男をよってたかって子供がムチで痛めつけてるキッザニア

編集

丸京手寅の背景にある入場券

新宿末広亭の入場券

編集

手寅「カードとか」
丸京「いいねぇ。何種類かあって集める楽しさもある。さらにそのカードを一定の組み合わせで集めると特別の限定カードがもらえる」
苦来「それコンプガチャ」

背景のカードは表面はマジック・ザ・ギャザリング。文字はつぶれているが綴りが日本語ではない

編集

丸京「握手券!」
苦来「大人買いする客がでるといいわね」

AKB48などCDを買うとついてくるアイドルと握手できる券。

編集

手寅「子供は丸っこいキャラクターが好きよね」

背景の右上がキテレツ大百科のコロスケに変更されている。
背景の切り替わりにアンパンマンが追加されてる。

編集

魔梨威「なんかそんなキャラいっぱいいたな」

木胡桃髪型および後のシルエットは「Yes!プリキュア5」の『キュアドリーム』

編集

手寅「私は体格的に丸くなる」

原作だと「私は本格的に丸くなる」といっている

編集

魔梨威が外人に連れて行かれたときの船

原作だとフェリーだがアニメだとシーシェパードの三胴船型の高速船アディ・ギル号に変更されている
なおアディ・ギル号は2010年に日本の調査捕鯨船と衝突して撃沈している。

編集

Bパート

アニメオリジナルパート。

編集

丸京「でも、丸くて青いのに猫だって言い張るやつもいるよ」
魔梨威「あいつは猫型ロボットだ!」

背景はドラえもんの絵をドットを荒くして少し崩した感じになっていてBGMもずれている

編集

苦来「怖いって話なら、ゴリラも、人に向かってう●こ投げるって」

ゴリラは興奮すると人に向かって本当にウ●コを投げてくるといわれているが詳しい原因は不明。
ゴリラのう●こが人に当たったらその人は「運がつく」ということで縁起が良いとされているが、
実際当たったらにおいが取れないで一日ブルーにはなる。

編集

木胡桃「カバだよ。カバはう●こ撒き散らすって言うから」

カバは尻尾をワイパーのように振ってう●こをするのは縄張りを主張するためと、
水の中に潜むワニから身を守るために水の中で撒き散らし撃退するための習性であるといわれている

編集

苦来「ラクダは唾を吐くらしいよ」
魔梨威「どんな特殊プレイだよ!」

ラクダは威嚇の為や怒った時に、対象にツバや反すう物を吐きつける。その唾はかなり臭いので注意

編集

手寅「私はシロクマかな」
苦来「ちょっと前、カフェでもりあがってたよね」

編集

手寅「シロクマの地肌は黒いとか」
魔梨威「それシロクマじゃねーじゃねぇか」」
[手寅「体の毛も実は白じゃなくて透明なんだって」
魔梨威「透明グマかよ。可愛くねぇな」

シロクマの体毛は光を透過するため光によって白く輝いて見える。
体毛内に空洞があるため保温機構を成立させている。
動物園などに飼育されている場合、黄色っぽく変色してるのは空洞の汚れが原因。
ときには空洞内に藻が発生し緑みがかかった色になってしまうことがある。

編集

苦来「かわいそうなぞう・・・」

『かわいそうなぞう』は、児童文学作家、土家由岐雄によるノンフィクション童話。
大東亜戦争(太平洋戦争)中の東京・上野動物園で、ゾウが戦時猛獣処分を受けたという実話を元にしている。
『かわいそうなぞう』の詳しい内容はwikiにて

編集

手寅「ごんぎつね・・・」

『ごん狐』(ごんぎつね)は、新美南吉作の児童文学。
『ごん狐』の詳しい内容はwikiにて

編集

木胡桃「幸福な王子・・・」

『幸福な王子』は、オスカー・ワイルドの子供向けの短編小説。
『幸福な王子』の詳しい詳細はwikiにて

編集

丸京「タロジロ・・・」

タロとジロは日本による初期の南極地域観測隊に同行した樺太犬の兄弟。

南極に取り残されながら共に生存し、1年後に救出されたことで有名になる。~

後に『南極物語』という映画が製作され感動を与えた作品になった。
ただし映画で使用された犬だがその時に樺太犬が用意できなかったためエスキモー犬で代用した

編集

苦来「チャトラン・・・」

『子猫物語』の主人公の猫の名前
畑正憲が監督・脚本を手掛けた子猫の冒険映画。
ただし日本版とは異なる再編集されたものが外国でも放映され、国内外で動物虐待ではないか?と物議をかもした。

編集

丸京「ハチ公・・・」

ハチ公は死去した飼い主の帰りを東京・渋谷駅の前で待ち続けたという美談で知られる忠犬である。
渋谷駅前には銅像が設置されており、ハチ公は渋谷のシンボルともなっている。

編集

苦来「ピモ・・・」

編集

Cパート

原作通りのネタは、このページには記載していない場合があります。
特に羅列ネタや当時の時事ネタは、原作の方のページに詳しく記載されている場合があります。
下記リンクより併せてご参照ください。

Cパートは原作『九日目/ねごと』をアニメ化

編集

ED

じょしらくEDを参照。

編集

予告

編集

かゆいところ


第九席『しりとてちん/上野のクマ/ねごと』
第八席『こがね袋/よろよろ/もうやんだか』|第十席『唐茄子屋楽団/新宿荒事/虫歯浜』→


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS