Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望先生アニメ さよなら絶望先生アニメスタッフ かってに改蔵 かってに改蔵アニメ かってに改蔵アニメスタッフ 企業 アニメ制作スタジオ シャフト

編集

シャフト


商号本社所在地設立年月日事業内容代表者資本金
有限会社シャフト
(非上場)
東京都杉並区上井草1丁目29番地15号1975年9月1日アニメーション制作代表取締役・久保田光俊3,000,000円
(2004年3月1日現在)


アニメーション制作会社。商号は「有限会社シャフト」。

編集

会社概要

虫プロダクションの仕上げスタッフだった若尾博司、西牧たみ子らを中心に1975年に設立した制作会社。東京都杉並区にオフィスを構える。現社長は久保田光俊

編集

沿革

元々は、サンライズやシンエイ動画など大手制作会社から仕上げ工程を引き受ける会社だったが、1990年代前半からテレビアニメの制作協力(いわゆるグロス請け)を開始し、『十二戦支爆烈エトレンジャー』で初めて元請け制作を行う。

新世紀エヴァンゲリオン』でおなじみのガイナックスや新房昭之監督と組んだ作品が有名。2004年に社長が交代した後は、仕上げ部門を縮小し、デジタル部門を強化して元請け制作を中心に行っている。

前述のように2004年の『月詠 -MOON PHASE-』以降、新房昭之監督主導による制作体制に入り、独特の演出とそれを最大限に生かすデジタル技術を強みとし、近年注目を浴びている制作会社である。

2008年夏に下井草駅前の二階建てテナントビルから井荻駅前の自社ビルに移転した。(参照:あにめチックターミナル

編集

主なアニメーション制作作品

編集

主なアニメーション仕上担当作品

編集

久米田康治との関連

アニメ版「さよなら絶望先生」シリーズ、OVA「かってに改蔵」の制作を担当する。
なお、制作班は大きく分けて2系統あるとされており、「さよなら絶望先生」や「まりあ†ほりっく」などを制作する絶望班と「ひだまりスケッチ」や「化物語」などを制作するひだまり班があるとのこと。

毎クール1~2本のテレビアニメとそれに並行して複数のOVA製作を抱える売れっ子制作会社ではあるが、その制作スケジュールは常にギリギリらしく、OPやEDが放送開始に間に合わず暫くの間は未完成の物が使われ、後から完成版に差し替えられたり、クールの途中で別の曲になる場合もその予定を延期したりするのは最早日常茶飯事である(と言うよりも最初からOP・ED両方ともきちんと完成している方が稀)。
特に、「月詠 -MOON PHASE-」や「ひだまりスケッチ」や「化物語」では本編の制作すら追いつかずテレビ版を未完成の紙芝居状態で放送してしまったこともある(「ひだまりスケッチ」での内容からシャフトのこうした事件は『富士山』と揶揄される)。
しかしながら、「修正しなくていいところまで修正している」と言われるほどにその後発売するDVDでの修正量は凄まじく、DVD版の内容はパーフェクトと言って良い出来に仕上げており、「シャフトアニメの本番はDVDから」としばしば言われる。
これらのギリギリっぷりは、アニメ版「さよなら絶望先生」の背景で自虐ネタとして使われたり、さよなら絶望放送でシャフトが何かミスを指摘された場合も両パーソナリティーから「シャフトはしょうがない」とフォローされるなど、各所でしばしばネタにされている。


*1 ニンテンドー3DS用ゲーム「新・光神話 パルテナの鏡」の発売に合わせ、ニンテンドー3DS用ダウンロードソフト「ニンテンドービデオ」で配信予定の全3作の短編3Dアニメ。3作のうち1作(全2話)をシャフトが担当し、他はProduction I.G(全3話)とSTUDIO 4℃(全1話)がそれぞれ担当。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS