&tag(さよなら絶望先生,さよなら絶望先生アニメ,さよなら絶望先生アニメスタッフ,シャフト);~

*シャフト [#ta59b1f5]
~
|~商号|~本社所在地|~設立年月日|~事業内容|~代表者|~資本金|
|CENTER:有限会社[[シャフト]]&Br;(非上場)|東京都杉並区上井草1丁目29番地15号|1975年9月1日|アニメーション製作|代表取締役・[[久保田光俊]]|CENTER:3,000,000円&Br;(2004年3月1日現在)|
~
「[[さよなら絶望先生]]」アニメーション制作担当。商号は「有限会社[[シャフト]]」。~

**会社概要 [#f603e79f]
虫プロダクションの仕上げスタッフだった若尾博司、西牧たみ子らを中心に1975年に設立した制作会社。東京都杉並区にオフィスを構える。現社長は[[久保田光俊]]。

**沿革 [#j9ae8b1c]
元々は、サンライズやシンエイ動画など大手制作会社から仕上げ工程を引き受ける会社だったが、1990年代前半からテレビアニメの制作協力(いわゆるグロス請け)を開始し、『十二戦支爆烈エトレンジャー』で初めて元請け制作を行う。~
~
『[[新世紀エヴァンゲリオン]]』でおなじみのガイナックスや[[新房昭之]]監督と組んだ作品が有名。2004年に社長が交代した後は、仕上げ部門を縮小し、デジタル部門を強化して元請け制作を中心に行っている。~
~
前述のように2004年の『月詠 -MOON PHASE-』以降、[[新房昭之]]監督主導による制作体制に入り、独特の演出とそれを最大限に生かすデジタル技術を強みとし、近年注目を浴びている制作会社である。~
~
2008年夏に下井草駅前の二階建てテナントビルから井荻駅前の自社ビルに移転した。(参照:[[あにめチックターミナル:http://animechic.fc2web.com/studio0903a.html#shaft]])


***主なアニメーション制作作品 [#m9be7237]
- 十二戦支爆烈エトレンジャー(1995年)
- 桜通信 (1997年) 
- イニシャルD extra stageOVA(2000年)
- G-onらいだーす (2001年、ティー・エヌ・ケーとの共同制作) 
- アーケードゲーマーふぶき (2001年)
- まほろまてぃっく (2001年-2003年、ガイナックスとの共同制作) 
- ぽぽたん (2003年)  
- この醜くも美しい世界 (2004年、ガイナックスとの共同制作) 
- 月詠 -MOON PHASE- (2004年)  
- これが私の御主人様 (2005年、ガイナックスとの共同制作) 
- [[ぱにぽにだっしゅ!]] (2005年) 
- REC (2006年) 
- [[ネギま!?>魔法先生ネギま!]] (2006年) 
- [[ひだまりスケッチ]] (2007年冬期) 
-&size(25){''[[さよなら絶望先生]]''};(2007年夏期)
- [[ef - a tale of memories.>ef]](2007年秋期) 
- [[ひだまりスケッチ×365>ひだまりスケッチ]] (2008年夏期) 
-&size(25){''[[俗・さよなら絶望先生]]''};(2008年冬期)
- シャイナ・ダルク(2008年)
- [[ef - a tale of melodies.>ef]](2008年秋期)
-&size(25){''[[獄・さよなら絶望先生]]''};(2008年OAD作品)
- [[まりあ†ほりっく]](2009年冬期)
- [[夏のあらし!]](2009年春期)
- [[化物語]](2009年夏期)
-&size(25){''[[懺・さよなら絶望先生]]''};(2009年夏期)
-[[夏のあらし! 春夏冬中>夏のあらし!]](2009年秋期)
-&size(25){''懺・さよなら絶望先生 番外地''};(2009年OAD作品)
-ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(2010年冬期)
-[[ひだまりスケッチ×☆☆☆>ひだまりスケッチ]](2010年冬期)
-荒川アンダー ザ ブリッジ(未定)

***主なアニメーション仕上担当作品 [#ifbf863e]
-まんが日本昔ばなし(1976年-1994年)
-無敵超人ザンボット3(1977年-1978年)
-ルパン三世 カリオストロの城(1979年劇場公開)
-[[機動戦士ガンダム]](1979年-1980年)
--機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士篇(1981年劇場公開)
-[[ドラえもん]](1979年-2005年)
--ドラえもん のび太の恐竜(1980年劇場公開) 
--ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981年劇場公開) 
--ドラえもん のび太の大魔境(1982年劇場公開) 
--ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983年劇場公開) 
--ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年劇場公開) 
--ドラえもん のび太の宇宙小戦争(1985年劇場公開) 
--ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年劇場公開)
-シティーハンターシリーズ
--シティーハンター(1987年-1988年)
--シティーハンター2(1988年-1989年)
--シティーハンター3(1989年-1990年)
--シティーハンター'91(1991年)
-[[新世紀エヴァンゲリオン]](1995年-1996年)

***さよなら絶望先生との関連 [#e7f257f4]
アニメ版「[[さよなら絶望先生]]」の制作を担当する。~
なお、製作班は大きく分けて2系統あるとされており、「[[さよなら絶望先生]]」や「[[まりあ†ほりっく]]」などを製作する''絶望班''と「[[ひだまりスケッチ]]」や「[[化物語]]」などを作成する''ひだまり班''があるとのこと。

毎クール1~2本のテレビアニメの製作を抱える売れっ子製作会社ではあるが、その製作スケジュールは常にギリギリらしく、実際に「月詠 -MOON PHASE-」や「[[ひだまりスケッチ]]」、「[[化物語]]」などでは製作が追いつかずテレビ版を未完成状態で放送してしまったこともある。(ひだまりスケッチでの内容からシャフトのこうした事件は『''富士山''』と揶揄される)~
しかしながら、その後発売するDVDでの修正量は凄まじく、DVD版の内容はパーフェクトと言って良い出来に仕上げており、「''シャフトアニメの本番はDVDから''」としばしば言われる。~
これらのギリギリっぷりは、アニメ版絶望先生の背景で自虐ネタとして使われたり、[[さよなら絶望放送]]でシャフトが何かミスを指摘された場合も両パーソナリティーから「シャフトはしょうがない」とフォローされるなど、各所でしばしばネタにされている。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS