Tag: 人物 政治家 菅直人 さよなら絶望先生 かってに改蔵

編集

菅直人(かん なおと)


生年月日出身地職業
1946年10月10日山口県宇部市政治家


第94代首相、民主党所属の衆議院議員。東京工業大学理学部卒業。

編集

経歴

編集

政界入り

東京工業大学理学部卒。なお、在学中には学生運動に参加し、卒業研究のために一年留年している。
市川房枝の選挙スタッフを務めた後、1976年衆院選(無所属)、1977年参院選(社会市民連合所属)、1979年衆院選(社会民主連合所属)に立候補するものの落選。1980年衆院選で初当選する。

編集

政権運営に参加

所属する社会民主連合が1993年の細川連立政権に参加すると、衆議院外務委員長を務める。
1994年の社会民主連合解散に伴い、新党さきがけに入党。政調会長を務める。非自民連立が破綻し自社さ連立が成立すると、自民党政調会長の加藤紘一とあわせて「KKライン」と呼ばれた。
1996年1月、第1次橋本内閣に厚生大臣として入閣。薬害エイズ問題では行政責任を認めて土下座をして謝罪した。この件は、官僚の激しい抵抗に遭いながらも官僚側の過失を証明し、「説明責任」を日本の行政に持ち込んだという点で評価されている。また、O157食中毒事件では記者会見で風評被害にあったかいわれ大根を食べるパフォーマンスも行っている。

編集

民主党結党

1996年9月、鳩山由紀夫新党さきがけ代表幹事の新党構想に参加、鳩山・菅の共同代表体制として民主党(旧・民主党)を立ち上げる。1997年共同代表制の廃止に伴い党代表に就任する。1998年4月に他の野党勢力が合流し、現在の民主党となると初代代表となる。
1998年7月に参議院選挙で惨敗を喫した橋本第二次内閣が総辞職すると、菅は内閣総理大臣指名選挙で参議院から首相に指名されるも、衆議院で指名された小渕恵三が首相となる。
その後の国会(通称:金融国会)では、バブル崩壊後の金融危機にともなう金融再生法を民主党が主導となって策定し、政局としない代わりに自民党に法案を丸呑みさせた。しかし、この態度が民主党に協力的だった自由党党首・小沢一郎の逆鱗に触れ、小沢は自民党と接触し自自連立を成立させることとなった。
1999年9月の党代表選挙で鳩山由紀夫に敗れるも、政調会長や幹事長などの党の要職を歴任する。

編集

民自合併以降

2002年に党代表に就任。2003年に小沢一郎の自由党との合併を実現した。
2003年11月の衆議院選では同年に改正された公職選挙法をうけてマニフェストの作成・配布を行い、これを選挙戦に定着させる。内閣総理大臣指名選挙では参議院から指名を受けるも、再び衆議院の優位性に敗れた。
2004年に小泉内閣閣僚の年金未納問題が発覚すると「未納三兄弟」と揶揄し自民党に攻勢を仕掛けるも、自らの年金未払い記録が発覚*1し求心力を失い党代表を辞任した。この後、自分を見つめ直すとして四国遍路を行った。
2006年から2009年まで民主党代表代行を務め、国会論戦を担当。この間、麻生内閣の定額給付金を「毒まんじゅう」と評し話題となる。

編集

民主党政権

2009年9月に鳩山内閣が発足すると、内閣府特命担当大臣(経済財政政策、科学技術政策担当)・国務大臣(税制関連の国家戦略担当)に就任。内閣総理大臣臨時代理の指定順位が第1位とされ、副総理*2として入閣している。
2010年1月には藤井裕久の後任として財務大臣に就任する。以降は、内閣府特命担当大臣(経済財政担当)の職務のみ引き続き担当し、それ以外の職務は他の閣僚に割り振られた。

編集

内閣総理大臣就任

2010年6月2日に鳩山由紀夫が突然の辞意を表明、直後の4日に行われた党代表選挙に勝利し、同日に行われた内閣総理大臣指名選挙において第94代内閣総理大臣に指名される。今上天皇の静養日程に重なったため、静養開けの8日に就任式が執り行なわれ正式に就任した。

編集

東日本大震災と退陣示唆

2011年3月11日に発生した東日本大震災に際して陣頭指揮をとる。しかし、視察・対応のまずさなどもあり、4月の統一地方選挙で民主党は惨敗。民主党内からも菅首相への不満・反発が発生し、野党の内閣不信任案への同調の動きも生じた。これを受けて、6月2日の不信任案可決直前に、震災の対応に一定の目処がつき次第退陣することを表明した。
しかし、内閣不信任案が否決されると退陣の態度を一変し、第3次補正予算や「脱原発」を掲げた新エネルギー政策の主導に意欲を示し、続投に向けた動きを加速させている。

編集

退陣

2011年8月に退陣条件とされた3法案(第2次補正予算・特例公債法案・再生エネルギー特別措置法案)の可決が決定的となり、8月10日に退陣の意向を明言。8月26日に特例公債法案・再生エネルギー特別措置法案が参議院で可決されたことを受け退陣を正式表明、8月30日に内閣総辞職した。

編集

人物像

編集

ニックネーム

短気な性格から「イラ菅」、変わり身の早さから「バル菅」*3がある。

編集

思いつき

首相の記者会見などで政策を思いつきで発表することが多く、閣内はもとより社会や国民にまで混乱をもたらす傾向がある。

編集

久米田康治との関連

編集

さよなら絶望先生作中にて

157話にポスターとして登場している。
240話で厚生大臣時代のカイワレネタが登場。
265話267話では「思いつき」がネタにされており、265話では似顔絵も描かれている。
266話は退陣表明後も続投に固執していることが、短冊や千里の発言でネタにされている。

編集

WEBラジオ「さよなら絶望放送」にて

第172回のお別れの一言にて、仮免発言がネタにされた。

編集

かってに改蔵作中にて

第199話でかいわれ大根を食べるパフォーマンスがネタにされており、第283話第285話第287話では年金未納やそれによる辞職についてネタにしている。
特別番外編では、「思いつき」がネタにされている。


*1 厚生大臣就任に伴い、国民年金の資格が喪失したため。後に厚生労働省が行政上のミスであることを認め謝罪している。
*2 内閣法9条に基づく役職。現行法では内閣官房長官が臨時代理順位の第1位となるが、それ以外の大臣を指名して第1位とするときに「副総理」と呼ばれる。正式な官職名ではないが、肩書きの一つとして用いられる。
*3 「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれ、第一次世界大戦の原因となったバルカン半島が由来。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS