Tag: さよなら絶望先生 さよなら絶望放送 ラジオリスト イベント

賊・さよなら絶望放送~SZBH海賊盤 |
編集

日比谷公園大音楽堂~谷怨~

2009年3月24日公演。
タイトル「谷怨」はイベントが行われた会場「日比谷公園野外大音楽堂」の通称「野音」から。

さよなら絶望放送DJCD 第六巻~谷怨~に収録。

新谷良子のブログに、開演前と終演後の写真付きレポートが掲載されている。(→
CD発売目前の6月3日、アニメイトTVのWebページにもレポートが掲載された。(→

編集

物販

イベント開演前の15時~19時までの予定だったが、盛況のため、イベント終演後~21時に追加販売された。

編集

イベント限定販売

編集

パンフレット(特典付き):1500円

価格:1500円
特典:<<SZBH特製>>さのすけトイレットペーパー
収録内容:

編集

マイクロファイバータオル

価格:2500円
サイズ:60cm×25cm

DJCD 第二巻ジャケットの望と奈美

編集

マフラータオル

価格:2500円
サイズ:

編集

Tシャツ(二種)

価格:3000円
サイズ:フリー

さのすけ/ヤギ対ロシア女の2種

編集

タンブラー

価格:1500円

DJCD 第一巻ジャケット&皇帝ペンギン

編集

テレカセット

価格:3000円

DJCD 第三巻 特別版の絶望ステッカーと「SZBH」のロゴの2枚

編集

ストラップ

価格:1000円

編集

クッション

価格:3000円

編集

先行販売商品*イベント特別価格*

アニメイトより、2009年4月に発売予定のグッズ類

編集

その他

アニメイトより、2008年までに発売されたグッズ類

編集

来場していた著名人

編集

DISC1

編集

2.オープニング

編集

00:00 おう!俺だ!さのすけだ!

開演10分前、突如としてステージ上のスクリーンに神谷浩史の操るさのすけが大写しになり、前説を行った。

編集

05:41 今のが残るCDだったら伝説に残ると思います。

思いっきり残ってます。

編集

07:11 ときめきナーミンナイトショーを一時間半た~っぷりお届けしちゃいま~っす♪

第17回で『構成Tが「後悔録音でときめきナーミンナイトをやろう」と言っていました』と語られていたので、そこから持ってきたネタと思われる。

編集

7:22 がっくりしていってね!!! キラッ☆

東方Projectの博麗霊夢をモチーフにしたAA「ゆっくりしていってね!!!」と、マクロスFのランカ・リーの「キラッ☆」からか。

編集

12:53 真ん中の彼はまったくイジりません!

ステージ前の席に、新谷が夢の国のキャラクターの中でも特に好きなスティッチのコスプレをした観客がいた。

編集

13:30 私、普通の女の子に戻ります!
13:49 伝説の解散ライブ

1977年7月17日、当時人気絶頂だったアイドルグループ『キャンディーズ』が日比谷公園大音楽堂で行ったコンサートのラストで、突如解散宣言を行った。
その際にメンバーの一人・ランが言った言葉から。

私たち、普通の女の子に戻りたい!

ちなみに、ライブの時点では事務所の了承を得ていなかったため、実際に解散したのは1978年4月4日である。
一度は全員引退したものの後にそれぞれが芸能界に復帰、藤村美樹(ミキ)は結婚を機に再び活動を休止したが、伊藤蘭(ラン)と田中好子(スー)は現在も女優として活動している。

編集

3.絶望の日比谷(ひびたに)

編集

00:47 白石涼子さんのライブ

2009年2月に大阪と東京で行われたライブイベント『白石涼子 チョコッと!"R"ive 3rd.』のことだろうか。

編集

01:01 超ひだまつりZ

2009年4月5日に、東京厚生年金会館大ホールで行われた、『ひだまりスケッチx365』のイベント。
新谷良子・松来未祐・後藤邑子も出演した。

編集

03:57 絶望ネーム「○○省職員」
04:09 この会場が、私の職場の窓から丸見えと言うことくらいです

野音の道路を挟んだ反対側には、霞ヶ関の中央合同庁舎5号館があり、その中には内閣府・厚生労働省・環境省が入っている。
絶望ネーム「○○省職員」は環境省か厚労省のいずれかということに…。

編集

05:58 まどちゅうのチケット

水島大宙と木村まどかの携帯ラジオコンテンツ「まどちゅう!」の公開録音イベント『まどちゅう!~公開ちゅう~』が、2009年3月15日にパセラリゾーツグランデ渋谷店で行われた。

編集

06:18 タケシさんありがとう…?

ご存じタケさんのこと。
おそらく漢字で「武さん」と書かれていたためこう読んだのだと思われる。

編集

07:38 さらばスバルよ、我は行く

谷村新司の名曲「昴」より。

我は行く さらば昴よ
我は行く さらば昴よ

自動車メーカー・富士重工業の「スバル」ブランドとかけている。

編集

4.絶望した!○○に絶望した!

編集

07:59 パンフのね、亀さんのコメント見た?

谷怨で販売されたパンフレットに、亀山音響監督のコメントが載っており、

あだ名で呼ばれるなんて中学校以来だったので、実は喜んでいました

と書かれていた。

編集

5.ポジティブですよね~!

編集

09:37 地球がアチチだから

編集

6.ぐわんばっ!

編集

02:58 マウスを動かす単位って「ミッキー」て言うんだって

1ミッキー=0.01インチ(≒0.254ミリメートル)。
カーソルが画面上を動いたドット数とあわせて、マウスの感度を表す。
もともとはマイクロソフトの社員がジョークでつけた名前だが、本当にマウスの移動量と感度の対応を示す単位となってしまった。

編集

04:22 ネズミ君、実はチーズ嫌いなんです

ネズミは雑食なのでチーズを食べることもあるが、好んで食べることはない。
昔から欧米では、エメンタールチーズに出来る大きな気泡をネズミが食べた跡と勘違いしていたため、「ネズミの好物はチーズ」という誤解が生まれてしまった。
それを更に印象付けてしまったのがアメリカの子供向けカートゥーン(「トムとジェリー」「ルーニー・テューンズ」等)である。

編集

05:36 ひじを抓ってみても、痛くありませーん

痛点の分布が他の部位と比べて少ないこと、皮膚の厚さ、つねる際の力のかかり方が痛点に反応しない(肘を突いた場合、痛点はきちんと反応する)などの要因がある。

編集

06:14 ファニーボーン

直訳で「おかしい骨」の意味。
肘の一部分は神経が浅いために、ぶつけると強い刺激が伝わり痺れる。
TV番組で何度も扱われており、ある意味定番化した雑学といえるかもしれない。

編集

07:33 プリンに醤油をかけて食べると、プリンと醤油の味がします
08:49 水島「俺は…」
09:08 神谷「まどちゅうで感想言ってください」

これを受け、「まどちゅう」58回において「プリン×醤油=○×△?!」という味覚の錯覚を試すコーナーが行われた。
水島大宙は「まずくはない」「醤油プリンプリンウニプリン」と感想を述べている。
ちなみに、木村まどかの感想は「一瞬ウニ」「ちょっとだけ生臭い」、ゲストの寺島拓篤はウニを食べたことがなく、「(ウニは)こういう味がするの?」であった。
「まどちゅう」ではこの他に、カルピス×梅干=チーズケーキ、砂糖×トマト=苺、フライドポテト×ガムシロップ=大学いも、梅干×マヨネーズ=ホットドッグ、プリン×カレー=カステラの組み合わせを試している。

なお、「まどちゅう」宛に谷怨の公約(?)としてプリン×醤油の感想を言うように要求したのは絶望ネーム「魔術師手術中」であった。

編集

DISC2

編集

1.SZBH紅白対抗・絶望ネーム合戦

編集

2.アリですかねぇ…?

編集

3.エンディング

編集

4.存在感が臼井君

照明が完全に落とされて、パーソナリティーの方々は懐中電灯で台本を確認している。

編集

かゆいところ

編集

日程


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS