さよなら絶望放送

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
ナビゲーションに移動 検索に移動


さよなら絶望先生ネットラジオ『さよなら絶望放送』[編集]

  1. ref(zetsubo_logo.jpg)

DJCDは27枚、DJDVDは1枚が発売中!
詳細はさよなら絶望放送CD情報へ。

基本情報[編集]

2007年8月28日から2011年8月31日まで、アニメイトTV WEB>httpにて配信されたwebラジオ。全203回[1]
第48回(2008年7月29日配信)までは毎週火曜日、第49回(2008年8月6日)以降は毎週水曜日に配信された。
バックナンバーは4回分まで。


携帯サイト『声優アニメイト>http』(2010年3月に『声優アニメイト+hm3』より改題)及び『ポケット★ドラマCD>http』(2010年2月に『アニメイト ON AIR!』より改題)でも携帯版が配信された。
(声優アニメイトは月額315円、ポケット★ドラマCDは月額315~1050円の有料放送)

主題歌:はっぴぃ☆なんちゃら(糸色望、ナーミン(日塔奈美))[編集]

  • ベストアルバム「絶望大殺界」の13曲目に収録。
  • 主題歌に曜日変更に伴う不具合が起きたりしている。
  • 放送では偽・最終回のために作った「はっぴぃ☆なんちゃら(絶望放送バージョン)」が第48回から使われている。

パーソナリティ(谷谷コンビ)[#dba53ec0][編集]

神谷浩史糸色望役)、新谷良子日塔奈美役)

  • みなみけを恨んでいる。(第11回ほか)
  • みなみさんち人気があっていいなー。(第30回ほか)
  • デチューンしたのでこのメンバーになりました。(第30回
  • ズルチョロコンビ(ズルい神谷さんとチョロい新谷さん)。(第165回

マスコットキャラクター[編集]

兄・さのすけ(CV神谷浩史[編集]

  • 第31回から登場。第35回からレギュラーとなる。(2.5人目のパーソナリティー)
  • マイ番組として「さらばさのすけ放送」(アシスタント新谷良子)を持っている。

妹・さのすこ(CV神谷浩史新谷良子[編集]

  • 第82回から登場。
  • 携帯版第85回で声変わりをし、絶望先生関連で初の声優が変わったキャラクターとなる。

ペット・「アレ」(CV神谷浩史[編集]

?・さのスライム(CV杉田智和[編集]

  • 第88回で初登場。
  • 粘液を吐く。
  • 長らく登場機会がなかったが、第112回の収録風景写真で久々に確認され、第113回にて本編にも再登場した。

魔除け・きばっち(CV:神谷浩史[編集]

  • 第141回で初登場。
  • 体調不良で収録を欠席していた新谷へのかいき祝いとして贈られた、ケニアの魔除けの人形。本物の豚の牙が装飾に使われている。
  • 毎回、スタジオのどこかに置かれている。
  • 寡黙。
  • DJCD 惨・さよなら絶望放送 番外地のジャケット写真に使用された。
  • 座・さよなら絶望放送さのすけを倒して絶望放送のマスコットの座につこうとした。
  • 第198回で「最近きばっちが収録画像から消えているのですがどうしたのですか?」と言うメールが読まれたが、それに対するパーソナリティやスタッフからの返答は無かった。
  • DJCD 第十巻の音ブログによると行方不明になっているとのこと。

放送内で登場したキャラクター[編集]

ナーミン(CV:新谷良子[編集]

DJ HiroC(CV:神谷浩史[編集]

ハンドルネーム「ぴろし17歳」(CV神谷浩史[編集]

ハンドルネーム「ちわちわ17歳」(CV:斎藤千和[編集]

浩史ジャクソン(CV:神谷浩史[編集]

良子ジャクソン(CV:新谷良子[編集]

非道奈美(CV:新谷不良子)[編集]

お代理様(CV:神谷浩史[編集]

マーガリン田原[編集]

マヨネーズ佐藤[編集]

クリーニング神谷[編集]

社会参加戦隊アンガージュマン(CV:上田燿司[編集]

裸の王様(CV:水島大宙[編集]

放送各回リスト[編集]

さよなら絶望放送各回リスト

番組一覧[編集]

さよなら絶望放送のミニ番組

ゲスト一覧[編集]

さよなら絶望放送に来たゲスト

DJCD売り上げ一覧[編集]

タイトル 初動順位 初動枚数 デイリー順位
初日 2日日 3日目
第一巻 62位 3,064枚 43 48
第二巻 58位 3,695枚 21
第三巻 49位 3,665枚 22 46
第四巻 31位 4,142枚 12 38 50
葬集編 40位 3,373枚 16
災放送 120位 3,444枚[2] 26 45
酷・宙[3] 77位 2,125枚 27
第五巻 54位 3,378枚 16
第六巻 40位 3,532枚 17 40
血裂撰[4] 32位 4,490枚 4 20 30
第七巻 45位 3,200枚 15 37
惨開 36位 3,114枚 14 37
SZ-01K 39位 3,205枚 13 28
第八巻 40位 3,707枚 14 34 47
SZ-02K[5] 59位 1,919枚 11 39
第九巻 49位 2,429枚 16
SZ-03K 42位 2,486枚 10 20 48
第十巻 44位 2,434枚 13 17 46
SZ-04K 92位 1,744枚 33 36
ANNR 60位 1,855枚 27

DJDVD売り上げ[編集]

タイトル 初動順位 初動枚数 デイリー順位
座・さよなら絶望放送 22位 4,242枚 3

ラジオイベント[編集]

メール総数[編集]

第21回まで・・・13,000通超
第40回まで・・・35,000通超
第61回まで・・・54,000通超
第81回まで・・・71,000通超
第101回まで・・・91,000通超
第120回まで・・・106,000通超
第141回まで・・・124,000通超
第160回まで・・・137,000通超
第180回まで・・・153,000通超
第200回まで・・・169,000通超
第203回まで・・・171,000通超
採用率は1/200(携帯版35回より)


の当選率は150/3500
谷怨の当選率は2664/4144(関係者席や機材を置いていた席もあったため、実際はもう少し少ないと思われる)
きよ彦ナイトの当選率は200/1350

かゆいところ[編集]

著名人のリスナー一覧[編集]

マンガ家[編集]

ゲーム関係[編集]

  • 樋上いたる(ゲーム会社key所属の原画家)
  • Na-Ga(ゲーム会社key所属の原画家)
    • 共に、Keyが放送しているインターネットラジオ番組「Keyらじ」第5回にて絶望放送を聴いていることが明かされた。第75回では樋上いたるからのメールが採用され、keyらじ第17回でその詳細が樋上の口から話された。また、同ラジオ第14回において「実現のできるできないはともかく、ラジオに呼んでみたい人は?」というメールに対し、樋上いたるは「神谷浩史さんです。今大好きな声優です」と即答している。ちなみに、雑誌「コンプティーク」2009年2月号掲載の「Keyスタッフメッセージ」にて、作業中手放せないものとして樋上いたるは「神谷浩史さんのラジオ」を挙げている。
  • ゲーム会社アリスソフト
    • 第二回レジー賞受賞者「息子と一緒に聴いています(56歳)」に関する話題が出て、ヤギ対ロシア女ネタのイラストが公式Webサイトに掲載されていた。

その内容からDJCD 第一巻も聞いている模様。

声優・タレント(絶望先生出演者を除く)[編集]

  • 置鮎龍太郎(SLAM DUNK 三井寿 役等)
    • おしゃべりやってまーす木曜日第193回にて、「あの番組、原作がらみのネタ多いよね」と発言。
    • 渚と早苗と秋生のおまえにハイパーレインボー第18回にて、井上喜久子さんから絶望放送に出演した話題が出た後、「後で聴かせていただきます」と発言。
    • 本人の公式サイト内、『しんかたさんの不定期日記』にて2009/02/26(木)「絶望先生には、無駄に出てみたい気もするな(笑)」との記述。
    • 糸色望のオールナイトニッポンR」も聴取し、Twitterにて番組名のハッシュタグを付けてつぶやいている。
  • atsuko(音楽バンドangela ボーカル)
  • KATSU(音楽バンドangela キーボード・ギター)
    • 新谷良子のブログによると、STARCHILD FESTIVAL 2009で会った新谷に、事務所全員が絶望放送を聴いていることを告げてきたとのこと。(⇒★>http
    • かなりのヘビーリスナーの模様。特にKATSUは、絶望放送とは関係ないが出演したいとのこと。(第85回
  • 三澤紗千香(「アイドル☆声優オーディション2008」グランプリ)
    • webザテレビジョンインタビューで、「勉強のためにネットラジオを聴いてはまった」とのこと。

アニメ関係者[編集]

作家[編集]

  • 山田真哉(「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」著者 絶望ネーム:アニメ会計士)
    • 第118回にて「さおだけ屋」の話題が出たことを人伝に聞き、本放送に投稿。
    • なお、絶望先生のアニメは視聴していたとのこと。

さのすけを探せ関連の人物[編集]

  • 鈴城芹(「家族ゲーム」作者)
  • 大孛輝*はな(「長谷川と谷口」作者)
  • ノシ(「マクロスF-しーくれっとびじょんず-」作者)
  • 忌野Lem(「インテ†スクリ」作者)
  • 兄崎ゆな(「性格ドS BUT 性的にドM Ver.2」作者)
    • さのすけの原型となったMOGUピープルを持っているほど。(ご本人のブログより)
  • ぢたま某(「kiss×sis」作者)
  • kodomo兎(「ねこにゆーり」作者)
  • 森小太郎(コミック版「天元突破グレンラガン」作者)
  • Dr.P(アマガミアンソロジー「ぽっちゃりとれーにんぐ」作者)
  • 蒼月しのぶ(「AKUMAで少女」作者)
  • 鶏子(「りんたま」作者)
  • SHIUN(「ぱぺっと部」作者)
  • 猪熊しのぶ(「ダクションマン」作者。久米田先生のサンデー時代の同僚)


  1. ただし、フロンティアワークスHPで配信された完全番外編を含むと204回になる。
  2. 年末年始のため2週計
  3. コミケ先行発売分があったり、一般販売もアニメイトなど一部店舗での数量限定発売だったため参考記録と考えるべき。
  4. 金曜発売のためデイリーチャートは普段より高めに出るが、集計日数が短い分初動順位、枚数は低めになる。
  5. 土曜発売のためデイリーチャートは普段より高め、初動順位・枚数は低めになる。