三十三日目/キャラつぶし

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
ナビゲーションに移動 検索に移動
三十二日目/逆切れガール三十四日目/音姫かたり

三十三日目/ キャラつぶし(きゃらつぶし)[編集]

タイトルの元ネタは上方落語の『肝つぶし』より。

友達の吉松が寝込んでいると聞き、見舞がてら話を聞けば反物屋の娘に惚れた恋煩いだという。
晩になり、吉松の家に現れたのは反物屋の娘。聞けば店の番頭が強引に勧めてくる縁談が嫌で家出してきたという。
しかし娘は番頭と手下たちに無理矢理連れ戻され、助けられなかった己の不甲斐なさを嘆いたところで夢から醒めたという。
夢の中の恋ゆえに想いを遂げられずに悶々とする吉松をなんとか治してやろうと医者に相談してみたが・・・

作品情報[編集]

2012年4月9日発売、別冊少年マガジン5月号に掲載。

P532(雑誌掲載時のみ)[編集]

P533 楽屋雀の巣 じょしらく通信 ファンページ(雑誌掲載時のみ)[編集]

P4[編集]

扉絵[編集]

楽屋で各々くつろいでいる五人の前に何者かが現れた様子。

テレビの上にある人形[編集]

臼井儀人の漫画及びアニメに登場する『クレヨンしんちゃん』に登場するキャラの「ぶりぶりざえもん」。
CVは塩沢兼人だったが、塩沢氏の死去後は一切台詞を喋らなくなった。[1]

雑誌「CG MAGAZINE 4」[編集]

こたつで3人が遊んでいるゲーム[編集]

ボードゲーム(カードゲーム)『ドミニオン』

サタンの侵略者[編集]

ドイツのボードゲーム『カタンの開拓者』からか。
木胡桃の右にあるものがカタンの開拓者で使用するマップに似ている。

欄外(雑誌掲載時のみ)[編集]

どちら様でしょうか?

P5[編集]

欄外(雑誌掲載時のみ)[編集]

5人きりの楽屋に新たな出会いの予感…!![編集]

P6[編集]

コマ目[編集]

P7[編集]

コマ目[編集]

P8[編集]

6コマ目[編集]

ウザンヌ「名前あてクイーズ!!」[編集]

愛伝帝亭欠落[編集]

アイデンティティ欠落。

門喜亭犯千[編集]

漫画家のモンキー・パンチか、イギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」の捩り。

勝亭二階蔵[編集]

かってに改蔵』の捩り。

喜木亭小愛[編集]

「キモくてこわい」と読める。

***間素穴[2][編集]

名倶津亭星*[編集]

「殴って欲し*」と読める。

舞麗素亭通[編集]

「プレステ2」と読める。

祖家名[編集]

「そっけない」と読めるか。

P9[編集]

3-6コマ目[編集]

ウザンヌ「分かった人はパーで手を挙げて ちょっと自信がない人はチョキで手を挙げて 全然分からない人はグーで手を挙げる 分かる人?」
丸京「金八かよ!」
[編集]

この元ネタは『3年B組金八先生』ではなく、『熱中時代・先生編』である。
『熱中時代』は水谷豊主演の日本テレビ系列のドラマで「先生編」と「刑事編」がある[3][4]
グー・チョキ・パーの挙手は「先生編」で、水谷演じる北野広大が児童全員が手を挙げられるように考えたもので、当時の小学校でブームになった[5]

10コマ目[編集]

ポスター「other」[編集]

綾辻行人のホラーミステリー小説『Another』の単行本表紙[6]のパロディ。
水島努がアニメ版の監督を務めており、アニメ『じょしらく』のスタッフ発表に合わせたネタとなっている。
久米田作品声優からは野中藍(桜木ゆかり役)、明坂聡美(渡辺珊役)、平田真菜(綾野彩役)がアニメ版に出演している。

P10[編集]

1,3コマ目[編集]

クス玉の幕「宇座亭ウザンヌ CV新●●子
苦来「なんなのよ この●谷良●って」[#nbf148d9]
[編集]

さよなら絶望放送」を原因として『さよなら絶望先生』にて日塔奈美が作中でもウザキャラ化していき、そのキャラ付けに担当声優の新谷良子の持ち味が大きく貢献したことから。
追記:後にこの話のアニメ化の際に、ウザンヌの声は作中の通り新谷良子が担当している。

P11[編集]

8コマ目[編集]

丸京とメル友の待ち合わせ場所[編集]

渋谷のハチ公前。

P12[編集]

1コマ目[編集]

ウザンヌ「一回で十分です!」[編集]

シルクドソレイユ(雑誌掲載時)
シルク・ドゥ・ソレイユ(単行本掲載時)
[編集]

カナダのサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユ。
常設のレジデントショーと巡回のツアーショーを行っている。
日本でも「サルティンバンコ」「アレグリオ」「キダム」「コルテオ」「クーザ」などのツアーショーを定期的に1年から1年半に渡って公演している。また、レジデントショーも[[2012年秋に多目的ホールの舞浜に常設劇場のシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京<ref]]アンフィシアターとしてリニューアルオープン予定。</ref>を設けて「ゼッド」を2008年10月より公演していたが、2011年12月に終了した。

ロード[編集]

久米田作品頻出ネタのTHE 虎舞竜の楽曲『ロード』全13章のこと。
全部まとめて聞くと1時間を超えるため、1992年にシングルが発売されて以来、各章ごとの分割方式になった。初リリースから11年経って全章収録のアルバム『THE ROAD』が発売されたが、CDの他に曲を題材にした映画DVD付きだった。

被告のお色直し[編集]

首都圏で発生した結婚詐欺連続不審死事件で起訴されている木嶋佳苗被告のこと。
2012年1月より公判が行われており、公判日の午前と午後で衣装を替える「お色直し」を行った。
なお、連載号発売日の5日後となる4月13日に地裁判決が行われる予定となっている。
追記:地裁判決の日に、木嶋被告に対して死刑判決が下された。

WBCの日韓戦[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では第1回大会で3試合、第2回大会では5試合もの日韓戦が行われ、同一カードの多さというシステム上の不備(第1回大会でのクロスオーバーの不導入、第2回大会でのダブル・エリミネーションの導入)が指摘されている。

アジアカップのバーレーン戦[編集]

FIFAランキングでは日本よりも下位にあるバーレーンだが、何故かきわどい対戦が多い。
2004年アジアカップでは先制点を取られて終盤近くで追いつきPK戦で辛勝したり、2008年アジアカップでは1勝1敗。ほかアテネ五輪予選では1敗1引き分け、2011年ロンドン五輪予選では勝ったものの、バーレーン選手のラフプレーが妙に多かったりした。

映画はやぶさ[編集]

さよなら絶望先生294話巻末コメントの解説参照。

アメリカのお菓子[編集]

アメリカの既製品の菓子や飲料は甘い、大きい、カラフルの三点が主な特徴。
物珍しさから一度は口にしてしてみたいと思う場合もあるが、砂糖の塊のような甘さ、着色料等による薬品的な味、食欲が減退する色、食べ切るのに辟易する量などの要因で食べようとしたことを後悔するケースが少なくない。

ハリウッド版[[ハリウッド版ドラゴンボール・ゴジラ(雑誌掲載時)<br /]]、ゴジラ(単行本掲載時)[編集]

1998年に公開された『GODZILLA』と2009年に公開された『DRAGONBALL EVOLUTION』のこと。
原作との隔たりがあまりに大きいことへの不評が多く、興行収入はアメリカ、日本ともに振るわなかった。

中学の同窓会[編集]

小学生時代の無邪気さが抜け、多感な思春期ならではの「痛い」出来事の多い時代はおのずと黒歴史にまみれているもので・・・。
また、同窓会のもうひとつの目的である「現在の近況くらべ」の観点から考察しても黒歴史への回帰は新たな苦悩の種になるであろうことが推察されよう。

豆乳の炭酸飲料[編集]

大塚製薬の大豆炭酸飲料「&RUBY(ソイッシュ){SOYSH};」。
豆乳を苦手とする人にも口当たりと後味のキレを良くして飲みやすくするために開発された。

三谷作サ●エさんの脚本[編集]

三谷幸喜は1985年にアニメ『サザエさん』の脚本を4話分担当している。
しかし担当した内の一本である「タラちゃん成長期」で、タラちゃんがドーピングしてオリンピックに出る夢を見るというストーリーがプロデューサーの逆鱗に触れ、脚本から降板させられたことを三谷自ら語っている。
その後、2010年に放送された実写版の『サザエさん』に三谷が伊佐坂先生役で出演する縁に因んで、三谷脚本作のうちの一本「妹思い兄思い」が同時期に再放送されている。

オリーブオイル[編集]

日本テレビ系列の情報番組『ZIP!』のコーナー「MOCO'Sキッチン」より。
料理担当の速水もこみちがオリーブオイルを頻繁に用いることから。
下拵えや調理の過程でオリーブオイルを頻繁に使用し、盛り付けの際にもオリーブオイルをかけるため、「追いオリーブオイル」なる言葉も生まれた。特に「大豆のコロッケ」(2012年2月3日放送分)は鍋に満たしたオリーブオイルでコロッケを揚げ、油切りして盛りつけた後のコロッケにオリーブオイルを注いだため伝説扱いされている。(参考まとめ⇒★1>http★2>http

5コマ目[編集]

ペットボトル「珍 COLA」[編集]

マイナー飲料水#ペプシコーラ季節限定版を参照。

P13[編集]

コマ目[編集]

P14[編集]

3コマ目[編集]

ウザンヌ「短期間でこれほど日本をズタズタにした 現政権のようにね!!」[編集]

民主党政権のこと。鳩山由紀夫菅直人の項目参照。

8コマ目[編集]

手寅「確かに一回の登場でバランスを壊してしまうキャラは存在する!」[編集]

中井さんをたぶらかしたアシ[編集]

原作・大場つぐみ、作画・小畑健の漫画およびアニメ『バクマン。』に登場する女性アシスタントの加藤奈津実のこと。
中井巧朗が高浜昇陽のアシスタントに入っていた際に意気投合するも、本人の男性のタイプは年下であり、中井のことをアシスタントとして尊敬していただけだったため中井に告白されると拒絶した。ただしたぶらかしていたわけではなく、女性と縁のなかった中井が単に惚れっぽく自分の良いように勘違いする性格だったためであり、中井はこの後もトラブルメーカーとして女性関係や仕事関係で様々な騒動に関わる。

「たぶらかした」という部分だけを抜き取れば、女性トラブルで田舎に里帰りした中井を巧言と特別待遇によってアシスタントして再び上京させた七峰透のことかもしれない。なお、中井はオファーの電話を受けた際にアシスタント陣に女性がいるかどうか尋ね、女性がいることがわかると快諾している。

コナンに出てきたTWO-MIX(本人役)[編集]

青山剛昌原作のアニメ『名探偵コナン』で江戸川コナンを演じている高山みなみのこと。
音楽ユニット「TWO-MIX」のボーカルを担当しており、原作でもTWO-MIX誘拐事件に登場する。コナンと高山の声が似ていると指摘されたり、コナンが高山の代わりにライブで歌うというメタ的な演出もされている。後日アニメ化された際には、高山(コナンとの二役)と永野椎菜が本人役で出演している。
追記:2012年5月1日付の永野椎菜のブログで「2012年11月にTWO-MIX復活決定」の記事を公開した。(⇒★>http

ドラえもんに出てきた福山[編集]

アニメ『ドラえもん』(2011年2月11日放送分)に福山雅秋役で出演した俳優・歌手の福山雅治のこと。作中ではしずかちゃんが大ファンの人気スターという設定で、ほぼ本人役だった。
きっかけはラジオ番組『福山雅治のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ』にて、福山が『ドラえもん』に登場した福山雅秋について反応を示したことから出演が実現した[7]
福山は2011年公開の映画『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ?はばたけ 天使たち?』にも同役で出演している。こうした縁もあって2012年公開の映画『ドラえもん のび太と奇跡の島 ?アニマルアドベンチャー?』では主題歌を担当している。

キャプテンサワダ(雑誌掲載時)
キャプテン・サワダ(単行本掲載時)
[編集]

ハリウッド映画『ストリートファイター』に登場するキャラクターのキャプテン・サワダ。
映画ではガイルの有能な部下として登場するが、映画版をゲーム化した『ストリートファイター リアルバトル・オン・フィルム』にて「獄殺自爆陣」(ハラキリ)や「カミカゼ・アタック」などの奇想天外な技を繰り出すイロモノキャラに変貌した。

元々は北米で絶大な人気を誇る対戦格闘ゲーム『モータルコンバット』の対抗作として製作された背景があり、実写取り込み映像やキャラクターの性能やゲーム性のアレンジも『モータルコンバット』のヴィジュアルを意識したためだったという。このためカプコン本社はカプコンUSAとインクレディブル・テクノロジー社との提携による共同製作体制をとるなど、従来にはなかった方針で臨んだが、過ぎた差別化が裏目に出る結果となり、販売は振るわなかった。
一方で同時期に発表され、従来のスタイルを継承した『ストリートファイターZERO』は順調に評価を伸ばしていた(こちらではサワダは登場せず)。

ユーロのギリシャ[編集]

2010年にギリシャで財政赤字を粉飾決算していたことが暴露され、債務負担が大きかったことからデフォルト危機に陥った。ギリシャのデフォルトは当面回避されたものの、欧州のソブリン債券(国債・政府機関債)のリスクが増大してユーロや株価が下落し、財政赤字を抱える他のユーロ圏諸国にも財政破綻の懸念が飛び火した。

ビッグ・ダディの新妻(雑誌掲載時)
ビッグダディの新妻(単行本掲載時)
[編集]

2006年から放送されているテレビ朝日系列の大家族を題材にした期首特番『痛快!ビッグダディ』シリーズのこと。
岩手県在住のH氏ことビッグダディ(番組内での通称)と彼の8人の子供たちの生活を取材したドキュメンタリー。ビッグダディは番組を知って身を寄せてきた元妻Yさんと復縁したが、また離婚する。その後ビッグダディは18歳年下の女性Mさんと再婚するも、Mさんにも5人の連れ子がいた。

ヒカルの碁の韓国人[編集]

原作・ほったゆみ、作画・小畑健の漫画およびアニメ『ヒカルの碁』に登場する韓国人棋士の&ruby(コ){高};&ruby(ヨンハ){永夏};のこと。
最終話で主人公の進藤ヒカルが敗れたことから、インターネット上でストーリー展開に韓国からの圧力がかかったという風説が流れた。

『ヒカルの碁』には韓国・中国が囲碁の強豪国である関係から高永夏以外にも、進藤ヒカルの院生時代から因縁のある&ruby(ホン){洪};&ruby(スヨン){秀英};、倉田厚がライバル視している&ruby(アン){安};&ruby(テソン){太善};など韓国人の登場人物は少なくない。しかし、囲碁の強さ・美形キャラクター・進藤ヒカルの最大の敵という要素から、高永夏のことを指していると思われる。

P15[編集]

2コマ目[編集]

ウザンヌ「来月から「ウザンヌちゃん」(吹き出し係・瀬尾公治)を始めるためよ!!」[編集]

週刊少年マガジンでは『涼風』『君のいる町』、別冊少年マガジンでは『ラブプラス Rinko days』で知られる漫画家の瀬尾公治。もし実現したなら、瀬尾先生初のギャグ漫画になりそうな…
北崎拓先生や猪熊しのぶ先生の頃から恋愛漫画を多く描く作家をいじりたがる久米田先生の傾向は相変わらず健在。キャラクター毎のアピールやインサイドワークの具現化が多くなる恋愛漫画独特の応酬様式やケレン味から生じる温度差がウザさと解せるということでしょうか。

4~5コマ目[編集]

手寅「エグザイル方式よ!! 新メンバー大量投入で バランスとかよくわからなくする!!」[編集]

ボーカル&ダンスユニットの「EXILE」。
メンバーの脱退・加入で人数の増減はあったものの、2009年にメンバーの人数を倍となる14人に拡大して活動している。

P16[編集]

コマ目[編集]

欄外(雑誌掲載時のみ)[編集]

楽屋でゴチャゴチャするこの漫画に敵キャラが誕生しました。[編集]

義務?[編集]

今話の覆面落語家[編集]

P9の10コマ目[編集]

P15の5、6、9コマ目[編集]

かゆいところ[編集]

前田くん[編集]

随所に登場している。

P11の8コマ目[編集]

P12の7コマ目[編集]

P13の1~3コマ目[編集]


三十三日目/キャラつぶし~
三十二日目/逆切れガール三十四日目/音姫かたり
  1. 二代目ぶりぶりざえもん役として山崎たくみを配役する案が考えられたが、「ぶりぶりざえもんのCVは塩沢氏以外考えられない。代役を立てたり声をサンプリングしたりするのは長年演じてくれた塩沢氏に失礼だ」という原恵一、ムトウユージ両監督の意見と、ファンや塩沢氏の遺族の申し出のため、以降の話でぶりぶりざえもんがアニメ・劇場版いずれにも台詞付きで登場することがなくなった。ただし、『クレヨンしんちゃん』の番外編的作品である『SHIN‐MEN』に登場する敵勢力『TON‐MEN』のメンバーは「ぶりぶりざえもんとは似て非なるキャラ」という設定のため、中田譲治、小杉十郎太、辻親八、拡森信吾、楠見尚己がそれぞれCVを担当している。
  2. 「穴」は穴冠の部分だけが書かれており、字の下の部分はコマ枠で見切れている。
  3. 便宜上ここでは「先生編」と付けているが、「○○編」とタイトルに付くのは「刑事編」のみ。
  4. メインタイトルこそどちらも『熱中時代』と冠されるが、「先生編」と「刑事編」につながりはなく、水谷の演じるキャラクターも異なる役名である。
  5. 「先生編」には第1シリーズと第2シリーズがあるが、「グー・チョキ・パーの挙手」は第1シリーズのもの。
  6. 単行本では顔の左側も少し含まれている。角川文庫版も同じ絵を用いているが、文庫版は上下巻の2冊となっており表紙絵は顔の半分で対称に分かれている。
  7. この時の福山雅秋役は梁田清之が演じていた。