第97回

提供: 久米田康治ワールド Wikiサイト
ナビゲーションに移動 検索に移動
第96回『負け物語』 | 第98回『九時から誤字までの男』

第97回『ポストエロコジストは二度ベルを鳴らす』[編集]

2009年7月22日放送
タイトルはギルバート・アデアのエッセイ『ポストモダニストは二度ベルを鳴らす―90年代文化論』より。
携帯版101回でのご指摘どおり、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』のネタ被りではありませんでした。
構成T様、大変申し訳ありませんでした。

番組紹介欄[編集]

皆さんさようなら。梅雨も明けて、いよいよ猛烈に暑い夏がやってきます。なので今回は暑い日をどうポジティブに過ごせばいいかを考えるため、ポジティブな番組しかやりません。「さよなら絶望放送」なのにポジティブ中心なのは…おかしいですかね?


と言う事で、今回お送りする番組(コーナー)は「谷痛TV」「ポジティブですよね~!」「ポジティブですね~」「一矢、報いてやりましたよ!【特番】」の4番組です。
「谷痛TV」、ゲーム情報しかお届けしそうにない番組名ですがふつおたです。番組にゲストが来ないのは、ある意味打ち切りのフラグが立ったと解釈すればいいんですかねぇ。
「ポジティブですよね~!」、神谷さんはこの番組が苦手なようですが、ポジティブに解釈すれば苦手意識がなくなるかも?
「ポジティブですね~」、リアル童貞の皆さんも玄人になれば魔法が使えるようになるかも!?
「一矢、報いてやりましたよ!【特番】」、自己完結型ポジティブさんのさらに上を行く『一矢報いた』体験を紹介します。ポジティブになりたい皆さん、必聴ですよ。

収録風景写真[編集]

02044 090722(97).jpg

OPドラマ[編集]

00:12 奈美「わぁーっ!いーやー!!だーれーかぁー!!!」
00:17 望「ん?先週に引き続き、ただならぬ日塔さんの悲鳴!?どうしたんですかぁー日塔さーん!」
[編集]

前回の冒頭とセリフがほとんど同じである。
第80回の冒頭にも似ている。

00:55 望「私の作った言葉ですから」
00:56 奈美「勝手な言葉を作るな!」[#t995f2de]
[編集]

原作142話のセリフ。

01:02 電車の中でドキドキせずに魔女のおっぱいをタッチしたり[編集]

SNKプレイモアのニンテンドーDS用ソフト「どきどき魔女神判!」シリーズのこと。
魔女容疑者の体にある“魔女の印”を探して体をタッチするシーンがある。
現在シリーズ2作品が発売され、7月末には新作「どき魔女プラス」が発売される。
CEROによる対象年齢は1が15歳以上、2とプラスは17歳以上。

01:06 キャストオフできるフィギュアしか買わなくなったり[編集]

キャストオフとは、『仮面ライダーカブト』に登場する仮面ライダーたちが、装甲を弾き飛ばしてマスクドフォームからライダーフォームへ二段変身する過程のこと。
転じて、脱衣可能なフィギュアのことを指して「キャストオフ可能」という。

01:11 お風呂用ポスター[編集]

コスパで発売されているお風呂用ポスターのこと。(⇒★>http

01:19 奈美「また自分の作った言葉に絶望しましたね」[編集]

原作では望がゲッペルドンガーに絶望した際に小節あびるに自分の造語にまで絶望したことを呆れられていた。

01:26 おそらく臼井君でしょう、彼も「脚フェチ」と言うエロコジストですから[編集]

原作51話のエピソード。

OPトーク[編集]

02:32 Pick-up Voice vol.20[編集]

音楽専科社が発行している声優情報誌。(公式サイト→★>http
6月28日発売のVol.20では、表紙から始まる巻頭特集が堀江由衣、裏表紙から始まる巻末特集には「【懺・】さよなら絶望先生」特集として、神谷浩史上田燿司水島大宙3氏の対談が掲載されている。
さらに、グラビアポスターとポストカードも付録として同梱。
ちなみに『今回はPick-upVoice捨て身の大特集(笑)です。』とも書かれている。

小林ゆう新谷良子の記事も掲載されているが、放送ではスルー。
↑最後の告知のコーナーで平野綾の写真を見せる神谷に怒った際、自分のページを見せられたらしく、それは私と言っている。

02:36 ほっちゃん[編集]

堀江由衣のこと。
神谷浩史は、「化物語」に登場する羽川翼が完璧過ぎる理由の一つに、翼の声を演じているのが堀江由衣であることも「あとがたり」や「オフィシャルガイドブック」で語っている。

02:51 大臣と裸と先生ですね
02:55 誰がどれだ?
[編集]

言わずもがなであるが、それぞれ上田燿司水島大宙F神谷浩史を指す。

03:57 こんなになんか大胆に(笑)を使うのってあんまり見ない[編集]

コメント以外の見出しなどの部分だけで7回、コメントを含めると24回の(笑)が使われている。

05:04 そんなの裏表紙にしてね、売れなくてもしんないよ?[編集]

上述のように「捨て身」だそうなので、売れなくても覚悟の上なのであろう。

06:22 赤面するようなことしないでもらっていいですか[編集]

頬ずりでもしたのだろうか?

今週の標語[編集]

06:36 絶望することもあるけれど、私は普通です[編集]

監督・宮崎駿、製作スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」(1989年公開)のキャッチコピーより。

おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

絶望声優では井上喜久子がマキ(宅急便の最初の依頼者)役で出演している。

06:47 黒猫[編集]

魔女の宅急便に登場する黒猫の「ジジ」のこと。
ちなみに井上喜久子が演じた女性・マキの依頼は、甥っ子にジジそっくりの黒猫の人形を届けることだった。

谷痛TV[編集]

07:16 絶望ネーム「ガチっていいホモ!」[編集]

フジテレビ系昼のバラエティー番組「笑っていいとも!」より。

12:53 ぜひジェスチャーで教えてください[編集]

第92回であった「『林檎もぎれビーム!』を、ネタバレするとアレなのでジェスチャーで」と言うメールから。

13:08 暗闇心中あ…相思相愛
13:13 もう何回聞いてもね、正式タイトルが言えない
[編集]

二人とも「心中」を「しんじゅう」と言っているが「しんちゅう」が正しい。
このタイトルも「林檎もぎれビーム!」に続く難読曲名のようです。

13:29 糸色望の曲と、絶望少女達の曲があるってこと[編集]

正式には糸色望が歌う「暗闇心中相思相愛」と、c/wの木村カエレが歌う「プライベイトレッスン」のこと。

木村カエレの曲タイトルからは「いけない!カエレ先生」が連想される。
この話は第三期第04話にてアニメ化されているが、この「プライベイトレッスン」は使われていない。

15:25 オマモリ事件[編集]

俗・ED3の「オマモリ」が俗・第13話のみでしか使われなかったこと。
DVD版では第四集(第10~13話)のエンディングとして使用された。

神谷は7月発売の声優グランプリ08月号のインタビューでも同様の発言をしており、無事に流れるかどうか(ネタではあろうが)心配している。

追記:当初、「8話から」という神谷の発言だったが、懺・第08話のED曲に変更はなかった。
その後、懺・第10話から無事に?流れることとなった。

ポジティブですよね~![編集]

18:23 Not やらない[編集]

「やらない」の否定だから、「やらないことをやらない」となり「やる」という意味になる。

21:41 魔法が使えるって何?[編集]

30歳以上の童貞は魔法使いになるという2ちゃんねる発祥の都市伝説。
一説によると、近年は若年化してきており、25歳から使えると言われている。

23:25 うろペン助けて、ねぇねぇうろペン助けて[編集]

収録スタジオに置かれているうろペンぬいぐるみに話しかけていると思われる。

ポジティブですね~[編集]

25:08 なんたらデジタル[編集]

地上デジタル放送のこと。
2011年7月24日に地上アナログ放送は終了する予定。
関東では、8チャンネルはアナログでもデジタルでもフジテレビが映る。


25:24 新谷家は、8は教育テレビだった[編集]

石川県の地上アナログ放送はNHK総合が4チャンネル、NHK教育が8チャンネルとなっている。
なお、地上デジタル放送ではFNS系の石川テレビが8チャンネルになる(アナログは37チャンネル)。

28:43 ジャスミンティー[編集]

中国茶の一種で日本でも人気が高い。
なお、沖縄では「さんぴん茶」として売られているため、むしろモテそうにもない。

CM[編集]

29:54 失礼、噛みました。
30:02 失礼、噛みました。
[編集]

「[加藤英美里)が阿良々木暦(CV:神谷浩史 化物語」で八九寺真宵(CV])の名前をわざと噛んだ時の口癖。

一矢、報いてやりましたよ!【特番】[編集]

原作167話から。

30:58 絶望ネーム「僕・おぼえていますか」[編集]

アニメ映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」(1984年公開)より。
または、その主題歌「愛・おぼえていますか」(歌:飯島真理)より。

「愛・おぼえていますか」はマクロスシリーズの世界観を代表する曲であり、マクロス7ではミレーヌ・ジーナス(歌:桜井智)が、マクロスFではランカ・リー(歌:中島愛)がカヴァーしている。
また、そのほかにも様々なアーティストがこの曲をカヴァーしており、「アニソンの名曲」ともいえる存在である。

32:19 タイツとストッキングって違うの?[編集]

タイツは一般的に腰からつま先までを覆うフィット性のあるズボンのこと。
ストッキングは膝上までを覆う薄手の靴下のことなので、基本的にはまったく別の物。
ストッキングのうち、腰まであるものをパンティストッキングと呼ぶ。
網タイツは、模様が網状になっているものの呼称で、素材的にはストッキングに近い。


33:05 もう俺、パンストって言ったら頭に被るイメージしかない[編集]

銀行強盗で顔を隠すために被ったり、お笑い番組のコントやゲームで頭に被ることがある。

35:22 絶望ネーム「キング・オブ・チキンハート」[編集]

「機動武闘伝Gガンダム」におけるシャッフル同盟の紋章のひとつである「キング・オブ・ハート」より。

35:46 ハニートラップ[編集]

正体が娘々とでも疑ったのだろうか。

36:23 シブメイト?イケメイト?[編集]

アニメイト渋谷店と池袋店のこと。

では、そろそろ人生も放送もお終いです[編集]

38:47 なんで絶望放送が続いている間に、みなきけが二度も終わんだよ![編集]

アニメイトTVで配信中の「みなみけ」のWEBラジオ「みなきけ おかえり」が、2009年7月31日(金)配信分で最終回を迎えることから。
その前のWEBラジオ「みなみけのみなきけ」の配信期間は2007年9月28日~2008年5月30日。
つまり、どちらも「さよなら絶望放送」の配信開始(2007年8月28日~)より後に始まり、絶望放送より早く終わったことになる。

みなみけ」のオーディションに落ちた谷谷コンビにとっては、一矢報いた事になるのだろうか?

お別れの一言[編集]

41:10 我が夫となる者は、さらに恐ろしい枚数のネズミを見るであろう。
41:22 殿下
[編集]

宮崎駿監督作品「風の谷のナウシカ」(1984年公開)のクシャナ妃殿下のセリフ。

我が夫となる者はさらにおぞましきものを見るだろう

恐ろしい枚数のネズミは、新谷良子が舞浜のネズミの国に行った際に撮る膨大な量の写真のこと。
第82回での発言ブログの記述>httpによれば1日で550枚撮ったこともあるほどで、パレードを1回見ているだけで200~300枚は余裕で撮るらしい。

なお原作68話及び俗・第05話では、糸色望もこのセリフのパロディを言っている。

存在感が臼井君[編集]


第97回『ポストエロコジストは二度ベルを鳴らす』~
第96回『負け物語』 | 第98回『九時から誤字までの男』